1. TOP
  2. ハワイ
  3. ワイキキビーチマリオットのオーシャンビューの部屋、プールは口コミ通り?<SPG宿泊記>

ワイキキビーチマリオットのオーシャンビューの部屋、プールは口コミ通り?<SPG宿泊記>

ハワイのワイキキビーチマリオットのオーシャンビューの部屋に宿泊してきたのでレビューしていきます。

今回のハワイ旅行は、SPGアメックスのポイント宿泊と無料アップグレードの破壊力を検証してみることを目的のひとつにしているので、毎日違うホテルを予約しています。

SPGアメックスの超強烈すぎる特典をご存知でない場合は、こちらの記事もご確認ください。

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(3月最新)特典とメリットは?

1日目:シェラトン ワイキキに宿泊

2日目:モアナサーフライダー ウェスティンに宿泊

3日目:ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションに宿泊

4日目:コートヤード オアフ ノースショア マリオットに宿泊

5日目:ワイキキビーチ マリオットに宿泊 ←この記事はココ

 

前日のノースショアからオアフ島内をレンタカーで移動してワイキキまで戻ってきました。

レンタカー返却後、ワイキキビーチマリオットにチェックインです。

ハワイ5日目はワイキキ ビーチ マリオット リゾート&スパに宿泊をブログにまとめてみる

ハワイ滞在5日目(最終日)はワイキキ ビーチ マリオット リゾート&スパに宿泊しました。

ワイキキ ビーチ マリオットは、ワイキキのメインストリートカラカウア通りに面しており、目の前にはクヒオビーチがあります。

ビーチが目の前のケアロヒラニタワーと、クヒオ通り側のパオアカラニタワーの2つのタワーを持っているのがこのホテルの特徴です。

これだけの規模のホテルですが、クラブラウンジの設定はありません。

私はホテルのクラブラウンジをひとつの楽しみにしているので、そこだけはちょっぴり残念です。

 

SPGポイントを使って無料宿泊予約

ワイキキ ビーチ マリオットホテルはカテゴリー6に属していて、ポイント宿泊に必要なポイントは50,000ポイントです。

ポイントを使って無料宿泊の予約をしています。(リゾートチャージが別途38USドル必要)

ポイントで予約できるお部屋は標準のゲストルームで、1泊あたり284USドル+諸税とリゾートフィーがかかりますので、計369.03USドルとなります。

ということで、ポイント宿泊をしているだけで約330USドルも得していることになります。

また、チェックインの際にSPGアメックスを利用すると、マリオット系列のホテルのゴールドエリート会員が自動で付帯されていますので、無料の部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトが自動的に利用することができます。(マリオット、リッツカールトン、SPG系の世界6,700のホテルで利用可能)

 

今回のハワイ旅行で、5日間SPG/マリオット系のホテルに宿泊しましたが、お部屋のアップグレードが毎回しょぼいと後味が悪くなるかと思い、最終日のワイキキビーチ マリオットだけは事前に料金を割り増しで払って、オーシャンフロントのお部屋にあらかじめアップグレードしておきました。

120USドル払うのと、74,000ポイントで無料宿泊するのを若干迷いましたが、ポイントを少し残しておきたかったので今回は120USドルを追加で支払うことにしました。

なので、総支払額は50,000ポイント+180.49USドルとなりました。

 

予約したオーシャンフロントルームのお値段は?

180USドルを追加で払ったオーシャンフロントルームですが、正規の値段で宿泊した時の値段は、総額で500.09USドルでした。

結局のところいくら得したのかというと、500.09USドルー180.49USドル=319.60USドルでした。

1USドル約112円として、35,795円が割り引かれたということになります。

果たして、180USドルを追加で払った価値があったのかを引き続き検証していきます。

 

チェックインは日本語デスクで

チェックインはマリオットのエリート会員のデスクでチャックインしようと思っていたら、隣に日本人のスタッフがいる日本語専用デスクがあったのでこっちに突撃してみました。

スタッフの言動から、どうやらJTBを利用した宿泊者向けみたいでしたが、こちらでもチェックインを受け付けてもらうことができました。

 

アーリーチェックインは利用せず

ちなみに、朝からレンタカーでオアフ島をドライブしていましたので、この日の到着は16時頃でしたので、アーリーチェックインは利用できませんでした。

 

リゾートフィー38USドルで利用できるサービス一覧

リドートフィーに含まれているサービスの内容をご紹介しておきます。

我が家は3人のチェックインでしたが、マカダミアナッツチョコレートに息子が過剰に喜んでいたら、+2個もらえて合計5個いただけました。(ありがとうございます)

下記が、サービス内容一覧です。

・ウェルカムマカダミアナッツチョコレート / チェックイン時

・フィトネスクラスのデイリー参加権

・カルチャークラスのデイリー参加権

・高速インターネット

・60分の長距離 / 国際電話(毎日)

・DVD / ブルーレイレンタル

・デジタル新聞ダウンロード / 無制限

・「Aqua Zone」でのスキューバダイビングかスノーケルのイントロダクションレッスン / 1滞在に1人分

・宝石店「Jade Tree Jewelry」での25ドルオフ or 20%オフ

・「Pro Surf Scool Hawaii」でのサーフィンレッスンの時のサーフボードレンタル2時間無料(25ドル相当)。

・宝石店「Jade Tree Jewelry」での25ドルオフ or 20%オフ

・「Chase Hawaii Rentals」でのバイクと自転車レンタル15%オフ

・「Eri Moni Store」でのショッピングで20%オフ

・「Aqua Zone」でのシュノーケルツアー10%オフ

 

特に利用したのは、部屋にいるときのWi-Fiと、息子が部屋でアニメを見るためのDVDレンタルくらいでした。

自動レンタル機(キヨスク)が3階のプールサイド横に設置されています。

 

ホテル内の雰囲気

ホテル内は、リゾートホテルらしい南国感が出ており、団体客等がごちゃごちゃいる感じもなくとても落ち着いた雰囲気となっていました。

 

デラックスオーシャンビューの部屋の様子(ケアロヒラニタワー側)

お部屋の広さは余裕があり、38㎡なので十分です。

最終日ということもあり、スーツケースを広げて荷物整理とかもしたかったので嬉しい広さでした。

 

このホテルで嬉しかったサービスは、5日間ハワイに宿泊していて唯一ウエルカムコールのお電話をもらったことでした。

部屋に入ってすぐに日本人(日系?)スタッフから宿泊のお礼とご挨拶をいただきました。

些細なことですが、こういうことをしてくれるかどうかは宿泊後の思い出の印象が大きく変わります。

 

お部屋からのオーシャンフロントビューの景色

さて、ついにお部屋からの景色を公開です!

デラックス オーシャンビュールームからの景色は圧巻でした。

一瞬にして追加料金を払った後悔はなしです。

部屋のベランダには、チェアが3つ用意されていました。

ここでゴロゴロしたらホントに最高です。

真下を見下ろすと、ホテルのプールが見ることができます。

この絶景を前にして、息子もリュックも置かずに大興奮です!!

部屋に入って間もないのに、「またここに泊ろうね!」とか言ってます(笑)

 

サンセットは更に圧巻!

息子のリクエストに応えてプールで遊んでいたらあっという間に夕暮れです。(プールについては後述します)

プールで汗もかいたのでさっそくビールを買ってきて、夕日を見ながら余韻に浸りました。

なんか、圧倒的な景色にウルウルしてしまいました…

ビールをすすりながら、この景色を見るためにこれまでがんばってきたんだーって勝手に思ってました(笑)

何本でもグビグビ飲んでしまえる空間に、一人でちょっと飲みすぎて酔っ払ってしまいました。

すでに、酔っ払ってます…

 

バスタブ(バスルーム)

浴室の広さも不満のない大きさです。

22階でしたが、シャワーの水圧も問題なしです。

 

アメニティ

石鹸やシャンプーはマリオットホテルでおなじみのTHANNです。

安定した柑橘系の香りでさっぱりした使い心地です。

コーヒーメーカー、グラス、コナコーヒー、紅茶などが置いてありました。

ビールを飲むことに夢中で忘れましたが、おそらくボトルウォーターはなかった気がします。

 

プールを利用してみた

ワイキキビーチ マリオットの3階に宿泊者が利用できるプールがあります。

ビーチ側は深さが90cmと浅めになっていますが、クヒオ通り側は最大2m以上の水深がありますので、子連れの場合は注意が必要です。

私も入ってみましたが、足がつかないので子供は間違いなく溺れます。(私も泳げないので溺れそうでした…)

どちらかというと、隣にあるモアナテラスでお酒を買ってきて、飲みながらプールに入るというのがスタイルの様です。

外国人の方はみんなお酒片手にプールでの会話を楽しんでいました。

うちは、子連れなので水浴び程度です。

日本人でプールを利用しているのは我々だけでした。

子連れも数組いましたが、いずれも外国人のお客さんでした。

↓こんな重装備をしている子供もこいつだけです。

 

バスタオル

バスタオルはプールサイドで無料で貸し出しています。

スタッフのチェックがあるかと思いましたが、周りを見渡しても誰もいなかったので勝手に持って行って使わせてもらいました。

(これだったら宿泊してなくても使えちゃいそうです。)

 

ホテル内のレストラン、バー

ホテル内には5つのレストランがあります。

ホテルのレストランはまったく利用していないし、見に行かなかったレストランもありますが、それはご愛嬌で勘弁ください。

 

モアナテラス

プールの隣にあるアメリカンレストランです。

ビーチ側にあり、テラス席からの眺めは最高です。

大人だけだったら、ここで昼間からお酒を飲んで幸せな気持ちになれそうな雰囲気がプンプンします。

軽く一杯やりたかったんですが、写真だけ撮って我慢して撤収しました。

 

d.kステーキハウス

ワイキキでも有名なステーキレストランです。

ステーキレストランもちょっと迷いましたが、前々日にウルフギャングでがっつりコースを食べてしまったので、ここも今回はパスしました。

 

イタリアンレストラン(アランチーノ)

このイタリアンレストランは、朝食会場にもなっているようです。

ディナーをイタリアン的な気分になれなかったのと、翌日は7:30にチェックアウトだったので朝食利用もできず、ここもパスです。

まったくレストランのレポートになってなくて恐縮です(笑)

 

スタバも入ってます

アランチーノの隣にはスタバもありました。

 

ディナーは「ルルズ ワイキキ」へ

ホテル前のクヒオビーチの夕日も、通りから見てもとても美しいものがありました。

せっかくの最終日ってことで、夕食はハワイっぽいものを食べて帰ろうと思ったので、マリオットから徒歩3分くらいのところにある「ルルズ ワイキキ」に伺いました。

ルルズ ワイキキの目印は、「ワイキキで1番うまーい 極上ロコモコの店」という図々しい看板です。

テラス側のロケーションは大変素晴らしいものがありました。

夕日を見ながらのハワイアンディナーなんて、ロマンがあります。

もうだいぶホテルのテラスでビールを飲んで酔っ払ってましたが、ここでもビールを注文します。

妻はTHE “BB” BEACH BABEというウォッカベースのカクテルを頼んでました。

ワイキキで一番うまいらしいロコモコ、クラシックチーズバーガー、ニューヨーク ストリップステーキを注文。

めっちゃガッツリ系です。

自称No.1のロコモコは、白米の上にはハンバーグ・目玉焼き・グレイビーソースがかかり、見た目は普通のシンプルなロコモコです。

シンプルだからこその自信なのか、味も間違いない美味しさです。(No.1かどうかは知りません)

ステーキも20USドルと安価なものだったので硬いかなぁって思っていたら、そんなことはなく、程よい焼き加減にお肉も柔らかく美味しくいただけました。

ハンバーガーは言うまでもなく、完璧です!

ホテル周辺で食事をするなら、ホテル内で食べるよりも安く済みオススメです。

 

ワイキキの夜景も素晴らしい

ホテルに帰って、さすがにビールを飲みすぎて酔いもいい感じでしたが、部屋のテラスからの夜景を見て、テラスのチェアに座ってしばらく涼しんでました。

夜になると、プールやモアナテラスもライトアップが美しいです。

 

ヒルトンの花火も見ることができる

ボーッと夜景を眺めていると、ヒルトンで毎週金曜日に打ち上げられている花火が始まりました。

これは、運良く花火が見られた訳ではなく、金曜日に花火があることを知っていたので、ヒルトン側が見えるオーシャンルームを狙って予約していました。

なので、ワイキキビーチ マリオットのデラックスオーシャンルームの宿泊は、金曜日がオススメです。

 

ホテル内、周辺のコンビニ(ABCストア)は?

ホテルにはケアロヒラニタワーとパオアカラニタワーの2つの棟がありますが、いずれも1階にABC STORESが入っています。

ちょっとしたスーパーレベルなので、飲み物やお菓子以外にも、お土産や水着、洋服なんかも調達することができます。

ホテル内で過ごすもののほとんどがここで揃えられるので、とても便利です。

 

タクシーで空港までの移動は?

翌朝チェックアウト後の空港までの移動は荷物も多かったのでタクシーをフロントで呼んでもらいました。

フロントでタクシーをお願いしたところ、提携のタクシー会社なのか知りませんが、29USドル固定+チップで空港までいくことができます。

通常40〜50USドル+チップなので、15USドル以上節約ができました。

2人以上の移動であれば、フロントでタクシーを呼んでもらうのが一番コスパが良いと思います。

 

朝食は空港のラウンジで食べることに

ホテルの朝食をレポートできなかったことが心残りだったので、また訪問をしたいと思います。

今回は時間の都合上、ダニエル K イノウエ国際空港のユナイテッドラウンジで朝食をいただくことにしました。

 

ワイキキビーチマリオットの口コミ的まとめ

朝焼けも素晴らしい景色

お部屋からの景色は朝焼けも素晴らしい景色でした。

デラックス オーシャンビュールームは、朝、昼、夕、夜と4色ともに違う景色を見せてくれる贅沢な部屋でした。

1泊だけでもすごく癒される空間でした。

私がシャワーを浴びてベランダに行ったら、息子は一人でチェアに座って、景色を眺めながらチェックイン時にもらったチョコレートを食べてました。

早朝のクヒオビーチに散歩に行ってみました。

朝はハワイも涼しくて気持ちいいです。

 

ハワイ5日目(最終日)はワイキキ ビーチ マリオットポイント宿泊をしました。

デラックス オーシャンビュールームを確約したかったので、120USドルを追加で払って予約をしています。

 

正規の宿泊料金は500.09USドルでしたが、アップグレード分とリゾートフィー等の諸税を180.49USドル支払っています。

なので、319.60USドルをポイントで浮かせている計算になります。

部屋のアップグレードを欲張らなければ、ほぼ無料で宿泊できたのですが、デラックス オーシャンビュールームにアップグレードしたのは大正解でした。

この景色を見るために、またハワイに戻ってきても良いと思えるものに出会えることができました。

ポイント宿泊やマリオット系列のホテル宿泊で大きなメリットを出すにはSPGアメックスは必須のカードとなります。

毎年更新時に、無料の宿泊券をもらえるなど、持っているだけで年会費以上の価値を生み出せるカードですので、詳細をご存知なかったら下記の記事もご参照くださいましたら幸いです。

更新時にもらえる無料の宿泊券では、ワイキキ ビーチ マリオットにも無料で1泊宿泊することが可能です。

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(3月最新)特典とメリットは?

5泊7日のハワイ旅行はここから帰国の途について終了となります。(成田に前泊1日、台風の為に東京で足止めされて、都内で後泊1泊したので、実際は7泊9日の旅)

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

追伸

今回のハワイ旅行のまとめ記事です。

航空券、ホテルを無料で利用させていただくことができました。

ANAマイルとSPGアメックスの使い道!80万円以上のハワイ家族旅行が無料! ビジネスクラスもホテルも全部タダ!!

 

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

2,500名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • モアナサーフライダーのラウンジ、お部屋、プール、朝食、気になるお値段は?<SPG宿泊記>

  • インターコンチネンタル万座 子連れ宿泊記ブログ!朝食、夕食、プール、ビーチ、部屋をレポート

  • 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都【宿泊記ブログ】朝食&八翠でアフターヌーンティーを楽しんできた

  • フォーポイントバイシェラトン名古屋の宿泊記!中部国際空港へのアクセス抜群

  • リッツカールトン京都の『ラ ロカンダ』(イタリアンレストラン)で割引でランチ、ディナーをする方法

  • マリオットボンヴォイ(アメックス)のメリットは?ポイントの貯め方と使い方【Marriott Bonvoy】