1. TOP
  2. ファースト、ビジネスクラス、空港ラウンジ
  3. 成田空港国際線のJALサクララウンジ(本館&サテライト)をレビュー!場所、食事、シャワー、混雑はどんな感じ?

成田空港国際線のJALサクララウンジ(本館&サテライト)をレビュー!場所、食事、シャワー、混雑はどんな感じ?

成田空港からJALのビジネスクラスに乗る機会があったので、サクララウンジを利用してみました。

成田空港の国際線では、「サクララウンジ本館」と「サクララウンジ サテライト」の2つがあり、どちらも利用可能なので、両方見に行ってみたのでレビューしてみたいと思います。

成田空港の国際線サクララウンジを利用してみた

サクララウンジは、JALが上級会員ステータス保持者やビジネスクラス以上の座席に搭乗する人向けに提供しているラウンジサービスになります。

ファーストクラス利用者向けと、ビジネスクラス利用者でもラウンジは分けられています。

国際線のサクララウンジは下記の空港にあります。

・成田国際空港

・東京国際空港(羽田空港)

・関西国際空港

・中部国際空港

 

海外では、

・ダニエル.K.イノウエ国際空港(ホノルル)

・サンフランシスコ国際空港(アメリカ)

・フランクフルト国際空港(ドイツ)

・スワンナプーム国際空港(タイ)

・ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン)

 

利用条件

国際線のサクララウンジの利用条件は下記の通りです。

・JALビジネスクラス以上に搭乗

・ワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス搭乗

・JMBサファイア以上またはJGC会員

・ワンワールド サファイア以上

など

 

ラウンジクーポンやプレミアムエコノミー搭乗、エコノミーFlex料金なんかでも入れる方法がありますが、空港によって利用条件が異なるので細かな説明は割愛させていただきます。

 

成田空港の国際線サクララウンジの場所

サクララウンジの場所は、成田空港第2ターミナルの南側の出発口から出国手続き後のエリアのほぼ正面にあります。

下記赤枠は第2ターミナルのJALのチェックインカウンターの場所になります。

Kはビジネスクラス、Lの左はファーストクラス、Lの右はJGCカウンター、Mはプレミアムエコノミー、O〜Qはエコノミークラスになるので、JAL利用の場合は必然的に南側の出発口を利用することになります。

国際線出発ロビーの南側の出発口から手続きをすると、エリアに出てほぼ正面にサクララウンジ本館があります。

サテライトのサクララウンジは、サテライトに入って、すぐ右側にあります。

 

営業時間

サクララウンジの営業時間は下記の通りです。

本館:7:30〜22:00

サテライト:7:30〜11:00、15:00〜19:30

 

サクララウンジ本館

南側の出発口より出国手続きを終えると、ほぼ正面にサクララウンジのエントランスが見えます。

ぱっと見で豪華な佇まいです。

エントランス前には、SKY TRAXの5つ星エアラインの表示と、利用条件の表示があります。

エントランスを入ると受付になりますが、広くて豪華さがあります。

受付を済ませると、サクララウンジは2階とのことで、エスカレーターで下に行くように言われます。

 

ラウンジ内の雰囲気

サクララウンジ本館の簡単な見取り図になりますが、2階が休憩スペースとなっており、3階が食事のできるダイニングになっています。

さすが本拠地空港の本館ラウンジだけあって広いです。

エスカレーターで2階に降りると、まっすぐ進むか、左に曲がるか分かれ道になります。

右手には、キッズルームと電話をする部屋があります。

反対側にはクロークがあり、貴重品を保管しておくことができます。

まっすぐ進むと、カウンター席、テーブル付きのソファー席、ソファーだけの席などがあります。

新聞、雑誌も置いてあります。

奥まで行くと、ビジネスエリアがあります。

ビジネスエリアは、一席ずつ個室っぽい作りにはなっていませんが、利用者も少なく外からの音もほとんど入ってこないので仕事に集中したい時には良さそうです。

携帯の充電器は各椅子ごとに設置されていました。

コピー機もあります。

ビジネスエリアの隣には喫煙室もあります。

ほかには、ドリンクコーナーがあり、ソフトドリンクだけでなく各種アルコールも置いてありました。

ドリンク類については、別途解説します。

 

続いて、反対側のラウンジの様子です。

手前側はソファー席中心ですが、奥側に行くとテーブルとソファーがセットになった席があります。

奥の方には、バーカウンターもありました。

特になにかが提供されている訳ではありませんでした。(昼間だから?)

 

ビュッフェエリア

食事は3階のダイニングエリアでのみいただくことができます。

3階に上がると、カレーの匂いしかしません(笑)

ダイニングエリアは特に混み合っていて、モザイクだらけになってしまいました。

下記は、この日のメニューになります。

ビュッフェは、左側が海老のトマトクリームパスタ、右が油淋鶏です。

焼売です。

焼売の横には、JAL特製オリジナルビーフカレーとご飯です。

サラダバーはかなり食い散らかされていたので品切れ(補充待ち)もありましたが、4種類のサラダがあります。

野菜の品種が多いのは嬉しいです。

サラダの隣には、サラダラップとフォカッチャです。

これは、温うどんです。

汁物はほかに豚汁がありました。

うどんの隣には、パン(クロワッサン、バケット、デニッシュ、マフィン)とたい焼きがありました。

サクララウンジといえばカレーなので、カレーを中心にいただきました。

サクララウンジのカレーは空港によって5種類あるらしいですが、私は前に関空のサクララウンジに入ったことがあるんですが、違いはよくわかりませんでした。

ダイニングの窓からは、駐機中のJALの期待がズラリと見ることができます。

 

ドリンク

ドリンクコーナーはラウンジ内に2箇所あります。

パッと見、これビュッフェじゃないって感じですが、すべてドリンクです。

(つまめる程度にクッキーとかはありました。)

お酒の種類は豊富です。

焼酎、梅酒、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、その他カクテルの原種など様々です。

日本酒、シャンパン、ワインはクーラーに入って冷やされています。

ビールは、自動のビールサーバーがあります。

自動のビールサーバーって海外で見たことがない気がします。

(海外だと、セルフでサーバーで注ぐか、バーテンが注いでくれる。サーバーがないラウンジは缶ビールのみ)

隣はソフトドリンクのドリンクバーです。

隣にはコーヒーメーカーがあります。

紅茶はジョージスチュアートのティーパックがありました。

冷蔵庫にはフレッシュジュースやグラスが冷やされていました。

冷蔵庫でグラスを冷やしてくれているのも、私の経験の範囲では日本の航空会社だけの様な気がします。

 

仮眠室、マッサージエリア

ラウンジ内には、仮眠室とマッサージエリアがあります。

仮眠室では休憩されている方がいたのと、マッサージエリアも広い方には人がたくさんいたので写真は撮ってきませんでした。

 

シャワー

サクララウンジ本館には、シャワールームもあります。

ただし、激混みです。

私がシャワールームの受付に行ったのは、16時半頃ですが、前に18組いて2時間以上の待ちと言われて断念しました。

受付のお姉さん曰く、21時のハワイ便の方とかもいらっしゃるということで、皆さん何時間前からラウンジにいるんでしょう…

どうしてもシャワーを浴びたい場合は、他の航空会社のラウンジに行った方が良さそうです。

 

サクララウンジ サテライト

サクララウンジのサテライトもご紹介させていただきます。

基本的には本館と置いてあるものは同じです。

広さは狭くはありませんが、本館の1/3くらいでしょうか?(正確な面積はわかりません)

簡単なサテライトの見取り図になります。

サテライトも、エントランスは豪華な作りになっています。

受付も本館同様、高級感があります。

思ったより人がいました。

混雑具合的には本館とほぼ変わらずです。

食事も本館に置いてあったものと同じものがあります。

本館のサラダバーがなくなっていてキレイな写真が撮れなかったので、サテライトのサラダバーの写真を掲載しておきます。

サテライトはラウンジとダイニングが同じエリアになっています。

作り的にこっちの方が他のラウンジと似ていてしっくりくる部分もあります。

サテライトを利用する際の注意点は、シャワーがありません。

なので、シャワーに入りたい場合は、本館に行くか(激混みだけど)、ワンワールド系の他のラウンジを利用する必要があります。

 

評価、感想、まとめ

成田空港国際線のJALサクララウンジ本館とサテライトに行って来ました。

作り的にとても豪華な感じになっていて、食事も回転が速いので作りたてに近いものが提供されていたのでとてもよかったです。

ドリンクの種類も多いので、お酒を飲む人には、楽しめる空間ではないかと思います。

とても良いラウンジです。

 

欠点を言えば、とにかく人が多くて混んでいます。

ANAラウンジもそうですが、日系の航空会社の空港ラウンジは、羽田も成田も関空もどこも人気で混んでいて正直落ち着く様な空間ではありません。

恐らく、SFCやJGCと言った日系の航空会社特有の上級会員サービスの影響だと思いますが、私もその恩恵を受け取りたいと思っているので致し方ない部分はあります。

軽く食事をして、お酒を飲んで飛行機の時間を待つ程度ならちょうどいい時間潰しになりますが、長時間いるようなところではないと個人的には思います。

空港ラウンジは、空港の楽しみなので、長時間いたくなる気持ちも分かりますので、ワンワールド系の成田のラウンジなら、アメリカン航空のラウンジが個人的には空いてて食事もしっかりできるので好きです。

サクララウンジをぷらっとしたら、あとは時間までアメリカン航空のラウンジにいるのがベターかなぁと思います。

 

以上、成田空港のサクララウンジのレビューでした。

最後まで閲覧いただきありがとうございます。

 

合わせて読みたい記事

JALビジネスクラスにマイルの特典航空券で搭乗【成田→香港】機内食、アメニティ、座席は?(シェルフラットネオ B787-8 JL735便)

JALマイルをポイントサイトで貯める最強の使い方!最大79万マイル貯まるキャンペーンも解説

FLY ON プログラムとは?JALの上級会員ステイタスサービスのメリットや特典、JGC取得方法は?

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

 

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 成田空港 カンタスビジネスラウンジへ1日に2回入ってみた!食事、シャワー、混雑はどう?

  • キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・ブリッジ」に行ってみた

  • 成田空港 キャセイパシフィック航空 ビジネスクラスラウンジに訪問!営業時間や食事、評価はどう?実際に行ってみた感想

  • 香港国際空港のカンタスラウンジに訪問してみた(JALビジネスクラス指定ラウンジ)

  • B747 タイ国際航空ファーストクラスのマイル搭乗記【羽田→バンコク】機内食、機内サービスは?

  • 【クアラルンプール→羽田】ANAビジネスクラスでマイル旅行記!座席、食事などどうだった?