1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ポイントサイトおすすめ比較!お得にマイルを稼ぐ5つの攻略ノウハウも暴露

ポイントサイトおすすめ比較!お得にマイルを稼ぐ5つの攻略ノウハウも暴露

ポイントサイトでマイルを貯めようとした場合に、どのサイトを選べば良いのか?

マイルの錬金術師の運用を元にご説明していきたいと思いますので、ご参考になれば幸いです。

ポイントサイトがたくさんあってわかりにくい

マイルをこれから貯めようとしていても、現在マイルを貯めていても、ポイントサイトの種類は100サイト以上存在している為、どれを選んだらいいのかわからないし、選んでも本当にそれが良いのか迷うものです。

私がマイルの錬金術師のブログを運営して活用しているポイントサイトは5つです。

なぜその5つなのか?

その理由も含めて解説していきたいと思います。

理由をお伝えするということは、マイルの錬金術師の核心に迫っているも同然ですし、私のノウハウを晒すことにもなります。

ただ、私が5つのポイントサイトを使っているからといって、すべて使う必要はありません。

(登録は無料なので、すべて登録してみて中を覗いてみる事は大切だと思います)

 

マイルの錬金術師で紹介しているポイントサイトは5つ

上述の通り、マイルの錬金術師で活用しているポイントサイトは5つです。

その5つとはなにか?

・ハピタス

・ちょびリッチ

・ポイントタウン

・Gポイント

・モッピー

になります。

ANAマイラーさんであれば「ハピタス」が主流ですし、JALマイラーさんであれば「モッピー」が主流です。

5つのサイトを使い分けている最大の理由は、リスク対策です。

順を追って解説していきたいと思います。

 

あなたの貯めたいマイル、貯め方によって選択が変わる

マイルを貯めて、たくさん旅行をしたいと思っている方は、ブログを運営して貯められている方よりも、日常の生活の中で貯めている方のほうが圧倒的に人数が多いです。

相当の人数の方がマイルを使って、家族旅行や親孝行の旅行、ファーストクラスやビジネスクラスに乗ることに憧れているのです。

マイルを貯める為にスタートでやるべきことは、たったの4つです。

 

まずは、マイルを貯める航空会社を決める

あなたが貯めたいマイルは、ANAですか?それともJALですか?

まずは、ここを決めることが大切です。

最初から両方というのは、ポイントが分散してしまうので、オススメできません。

あなたが乗りたい飛行機、あなたが行きたい、やってみたい旅行に合わせて決めれば良いのです。

 

マイルを貯めるポイント移行ルートを決める

マイルを貯める航空会社が決まったなら、次は貯めたポイントの移行ルートを決めることです。

ANAの場合

ANAマイルは貯め方、交換の方法は様々ですが、押さえておくべき交換方法は1つです。

・TOKYUルート:還元率75%

※必要なもの:ANA TOKYUカード

TOKYUルートについては、下記の記事をご参照ください。

TOKYUルートが今後の主役!ソラチカルート12/27終了で代替えの高還元ANAマイルを得られるおすすめルート

また、ほかにもnimocaを使った交換方法や、セゾンカードとみずほカードを使った方法で70%還元なんてものや、楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイントなど一般的に利用頻度の多いポイントから50%の還元率でANAマイル交換できるのが特徴です。

様々な角度からマイルを貯められるので、複雑化している点もありますが、貯めやすいのが特徴です。

 

↓各ポイントサイトからのANAマイル移行ルートはこちらをご参照ください。

2019年最新の使えるソラチカルートを徹底解説!ポイントサイトからANAマイルへの交換スケジュールは?

※ソラチカカードを使ったポイント交換方法は、2019年12月27日で終了となります。

 

JALの場合

こちらの主なルートは1つです。

JALマイルの特徴はモッピーの定期的なマイル交換キャンペーンがあり、タイミングが良ければ80〜90.9%でマイル交換が可能になります。

また、Pontaポイントから50%、dポイントから50%でJALマイルに交換することができます。

ANAに比べ、貯められる条件に限りがあるのですが、非常にシンプルなのが特徴です。

 

↓各ポイントサイトからのJALマイル移行ルートはこちらを参照ください。

オススメなJALマイルの貯め方!初心者でもわかるポイント交換ルート一覧(2019年まとめ)

 

ポイントサイト経由では、ANA、JALはこのようなポイント移行ルートで交換していくことになりますので、貯めたいマイルに応じてメインの移行ルートを決めていく必要があります。

 

利用するポイントサイトを決める。

「この航空会社のマイルを貯める」

「メインのポイント交換はこのルートを使う」

が決まったら、利用するポイントサイトを決めていきます。

各ポイントサイト、私が思っている特徴をお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

 

リスクも考える

利用するポイントサイトは、できれば3つ程度にしてください。

メインは1つで良いですが、サブ的なポイントサイトを持っておくことが大切です。

その理由は、冒頭でも述べていますがリスク対策です。

 

リスクとはなにか?

一番の理由は、ポイント移行ルートの変更に対応する為です。

例えば、ANAマイルは、従来ソラチカカードを使って90%の還元率でマイルを貯めるというのが主流でした。

ただ、この方法はルール変更によって使えなくなってしまったのです。

↓この方法は2018年3月末で終了となりました。

そのあと主流になった方法は下図の交換方法ですが、この方法も2019年12月27日で終了となります。

こういう変動を予測して、事前に対策を打っておかないと、大打撃を受けることになるかもしれません。

そして、今後ANA TOKYUカードを使ったTOKYUルートが当面の主流になるでしょうが、この方法もなくなるかもしれません。

ずっと続くかもしれませんし、いきなりなくなるかもしれません。

そういったリスクにさらされるのです。

【年30万マイル以上可能】ANAマイルのポイントサイトでの貯め方!おすすめはハピタス?モッピー?それとも…

 

JALだって同じです。

現在モッピーに頼りきって、キャンペーンでJALマイルを貯めまくっているかもしれませんが、いきなりキャンペーンの実施が打ち切られるかもしれません。

JALマイルをポイントサイトで貯める最強の使い方!最大79万マイル貯まるキャンペーンも解説

こういったリスクを事前に考え、先回りをした準備をしておいた方が賢いマイルの貯め方になると私は思っています。

 

各ポイントサイトの特徴と使い方

ほかにも様々なリスクが考えられますが、それを全部書いたところで恐怖でしかなくなってしまいますので、これまでの内容を踏まえて各ポイントサイトの特徴をお伝えします。

 

ハピタスを選ぶ

ハピタスはサイトが見やすく、初心者向けではないでしょうか。

また、クレジットカード作成で高還元案件が多いので、必要なカードを揃えるのに使いやすいです。

メインのポイント交換ルートは、ANAマイルの場合TOKYUルートになります。

TOKYUルートは、ポイント交換のルートも整備されてきて使いやすくなっていますので、メインポイントサイトとして利用することが可能です。

JALの場合はサブ的な扱いになります。

 

↓ハピタスの登録はこちらからできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ちょびリッチを選ぶ

基本的な内容はハピタスとまったく同じですが、ちょびリッチは楽天やヤフーショッピングで利用する場合に価値があります。

交換ルートは下記の通りです。

ショッピング利用でのポイント還元率も良いので、ハピタスと併用するのにオススメです。

ハピタスとちょびリッチを分けている理由は、ハピタスの月間ポイント移行上限が30,000ポイントまでという上限縛りがあるからです。

ハピタスポイントとちょびリッチポイントを分けておくことで、ポイントの移行を多くすることができます。

ハピタスと違う特徴は、楽天で対象店舗でお買い物をした場合、ちょびリッチは大量ポイント獲得ができるという利用方法がある点です。

>>ちょびリッチに登録してマイルを貯める<<

 

↓ちょびリッチ×楽天で50%還元を受ける方法はこちらの記事を参照ください。

楽天をポイントサイトから50%の高還元で稼ぐ!得するおすすめの使い方!

※この方法は、現状使えなくなってますが、似たような内容でヤフーショッピングで35%還元という提携ショップがあります。

 

ポイントタウンを選ぶ

クレジットカード作成等の還元率は、ハピタスやちょびリッチに若干劣る傾向があります。

ネットショッピングでのポイント還元は、他サイトと同等の還元率なので使えます。

また独自なサービスは、ぐるポタという外食でのポイント還元サービスにあります。

曜日、時間帯によりますが、10〜50%程度、お食事の利用金額がポイントとして還元されます。

飲食店、エステ等のモニターサービスもあり、所定の条件をクリアすると利用金額の30〜50%のポイント還元を受けることができます。

外食サービスやモニター案件については、こちらをご参照ください。

外食におすすめのポイントサイトはここ!お得にうまい、安い、割引で家族も満足

 

現在、ANAマイルに交換のTOKYUルートには対応していないので、JALマイラー向けのポイントサイトになります。

 

>>ポイントタウンに登録してマイルを貯める<<

 

Gポイントを選ぶ

Gポイントは、クレジットカード作成、ネットショッピングいずれもポイント還元率はイマイチです。正直、使えません。

なぜこのポイントサイトが必要になるかというと、各ポイントサイトで貯めたポイントの中継基地になるからです。

Gポイントは、TOKYUルートになって出番が減っていますが、汎用性を考えると便利なので登録しておきたいポイントサイトの一つです。

 

>>Gポイントに登録してマイルを貯める<<

 

モッピーを選ぶ

モッピーは、TOKYUルートになってANAマイルが断然貯めやすくなりました。

メインのポイントサイトとして利用する価値ありです。

モッピーはJALマイラー御用達のポイントサイトでもあります。

なんといっても独自のJALマイル交換キャンペーンが強烈です。

現状では、モッピーを使わなかったらJALマイルを貯めることに対して相当のハンデになります。

また、楽天の対象店舗利用で、利用金額の最大45%のモッピーポイント還元というサービスもJALマイラーを後押ししています。

(楽天ポイントはJALマイルに交換できないので、裏技に近い方法です)

JALマイルを貯める為にあるようなポイントサイトです。

>>モッピーに登録してマイルを貯める<<

 

ポイント移行に必要なクレジットカードをお得に作る

ポイント移行ルートの説明で、必要なクレジットカードをお伝えしました。

 

ANAマイルを貯める場合

・TOKYUルート:還元率75%

※必要なもの:ANA TOKYUカード

 

↓ANA TOKYUカードの作成はこちらを参照ください。

【11月】ANA TOKYUカードがお得なポイントサイトとキャンペーンは?マイル交換ルート、還元率も解説

 

JALマイルを貯める場合

JALマイルを貯める場合、ポイント移行をする為に持つカードはありません。

モッピーポイントを爆貯めするだけなので、非常にシンプルです。

 

日常決済用のクレジットカードはメリットのあるものを別に申し込む

上記のカードは、ポイント移行をする為に必要なだけですので、クレジットカードを所有することが目的になります。

決済用として使わない理由は、ポイント還元率が悪かったり、旅行利用時の特典がまったくなかったり(保険など)といった点が挙げられます。

カードとしては決済しないのに、持ってないとマイルに換えられないという、なんとももどかしいカードなのです。

決済用のクレジットカードとして、私はアメックスをオススメしたいです。

カードの特性を理解して使いこなせば、年会費以上のメリットは確実に得ることができます。

本記事は、ポイントサイトの解説が主なので、各カードの詳細は記事をご参照ください。

 

ANAマイルなら、「ANAアメックスゴールド」

ANAの飛行機搭乗、外食利用でのマイル還元率が非常に高いのが特徴です。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【11月:最大7万マイル】特典とメリットは?

 

JALマイルなら、「SPGアメックス」

旅行好きなら、持っているだけで年会費以上のメリットがあります。(ANAマイルを貯める場合でも、こちらを選択するのも有り)

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイント獲得(11月最新)入会特典とメリットは?

 

神案件だけでない最強の使い方まとめ

ANA、JALのマイルを貯める為の準備編として、ポイントサイトの選び方という視点でお伝えしてきました。

やることは4つです。

・マイルを貯める航空会社を選ぶ

・メインのポイント移行ルートを決める

・利用するポイントサイトを決める

・必要なクレジットカードを作成する

 

登録すべきポイントサイトは5つです。

・ハピタス

↓ハピタスの登録はこちらからできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

・ちょびリッチ

楽天やヤフーショッピングの利用で大量ポイント獲得ならちょびリッチ!

↓ちょびリッチの登録はこちらから

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

・ポイントタウン

外食やモニターを応募して大量ポイント獲得するならポイントタウン!

↓ポイントタウンの登録はこちらから

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

・Gポイント

ポイント中継地として、とりあえず登録しておくべきポイントサイト!

↓Gポイントの登録はこちらから

Gポイント

 

・モッピー

ANAマイル、JALマイルどちらにも高還元対応で貯めたいならモッピー!

↓モッピーの登録はこちらから

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

ANAマイルだったら、ハピタスモッピーちょびリッチ(またはGポイント

JALマイルだったら、モッピーポイントタウンGポイントハピタス(またはちょびリッチ

になります。

どちらの航空会社のマイル貯める場合であっても、一通り登録しておくことをオススメします。

そして登録後、ポイントサイトの中身をよく眺めてみてください。

私の視点を知った上で各ポイントサイトを見れば、何か気づきがあるかもしれません。

 

それでは、最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

追伸:マイルの錬金術師からの限定オファー

当サイトは、ポイントサイト「ECナビ」と特別な提携を行なっております。

新規登録時のキャンペーンポイントが多くもらえるキャンペーンを開催しておりますので、ご興味がございましたらこちらの記事もご参照ください。

ECナビは陸マイラー御用達のソラチカカード作成でのポイント還元が多いのが特徴です。

ECナビでポイ活!安全なポイントの貯め方とメリット、デメリット、使い方を徹底解説

 

追伸2:Gポイントの使い方

メトロポイント交換は終了ではない。必須のポイントと登録キャンペーンとおすすめな使い方

 

追伸3:各ポイントサイトの特徴をまとめておきました

ポイントタウンでマイルを貯める!おすすめ使い方と登録のやり方

ハピタスのマイル貯め方!陸マイラーにおすすめ使い方と稼ぐやり方

モッピーのマイル貯め方と交換ルート【11月】おすすめ使い方と稼ぐやり方

ちょびリッチのマイル貯め方!陸マイラーにおすすめ使い方と稼ぐやり方

ポイントインカムでマイルの貯め方!キャンペーンと陸マイラーにおすすめの使い方は?

ゲットマネーでマイルの貯め方!陸マイラーにおすすめ使い方と稼ぐやり方

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

JALマイレージバンクとは?JALマイルのメリット、デメリットをゼロから解説!まずは入会・登録をしてみよう

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • ポイントタウンのポイント交換先でオススメはどれ?現金交換のやり方は??

  • 何回でも申込OK!ネスレ「年末大感謝!コーヒー祭り」がお得なポイントサイトは?【12月】

  • ポイ活とは?初心者のおすすめサイトとやり方4ステップ!ブログの始め方【保存版まとめ】

  • PEX,LINEでソラチカルートのマイル交換は代替可!ポイントサイト経由で必要なもの

  • バニラエア特典航空券の利用範囲

  • TOKYUルートが今後の主役!ソラチカルート12/27終了で代替えの高還元ANAマイルを得られるおすすめルート、交換方法まで解説