1. TOP
  2. クレジットカード
  3. <10月:最大15,000円>三井住友VISAデビュープラスカードがお得なポイントサイトは?メリット(還元率、海外保険)を解説

<10月:最大15,000円>三井住友VISAデビュープラスカードがお得なポイントサイトは?メリット(還元率、海外保険)を解説

三井住友VISAデビュープラスカードにお得に申し込みができる最新の方法、新規入会キャンペーン、カードの特徴についてこの記事では解説していきたいと思います。

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生以外の18歳〜25歳までが申し込めるカードになります。

26歳以上の方はデビュープラスカードには申し込みができませんので、同格のカードですと「三井住友VISAクラシックカード」がオススメです。

三井住友VISAデビュープラスカードが最もお得な申込み方法

主要4ポイントサイトを比較してみました。(2019年10月6日現在)

ポイントサイト名 ポイント数 円換算
ハピタス 2,250pt 2,250円
モッピー 3,000pt 3,000円
げん玉 30,000pt 3,000円
ECナビ 30,000pt 3,000円

ということで、モッピー、げん玉、ECナビあたりが最良になっています。

 

現在、ポイントサイトからの広告案件が出てますので、更にお得に申し込みをすることができます。

どこから申し込んでも同じになります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

げん玉

 

ECナビ

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 

↓公式サイトはこちら

 

新規入会キャンペーン(12月27日まで)

三井住友カードでは、現在新規入会キャンペーンで20%キャッシュバックの大型キャンペーンが開催されています。(最大12,000円まで還元)

また、新規&既存の両会員向けに、お買い物無料キャンペーン(抽選)も同時に開催されており、お得度が非常に高いです。

三井住友カードのキャンペーンについては下記の記事をご参照ください。

三井住友VISAカード新規入会で20%キャッシュバック&お買い物がタダになるキャンペーン開催中!

 

三井住友VISAデビュープラスカードの特典とメリット

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴について解説していきます。

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生以外の18歳〜25歳までが申し込めるカードになります。

若年層限定に設定されたポイント還元などお得に設定されたカードになっています。

 

年会費

初年度は、本会員・家族会員(1人)いずれも無料になります。

2年目以降は、本会員1,250円+税、家族会員400円+税となります。

 

ただ、年に1回以上の利用があれば翌年の年会費を無料にすることができます。

なので、実質の年会費は無料と言って良いかと思います。

 

ポイント還元率はいつでも2倍

基本的なポイント還元は、1,000円につき2ポイント(ワールドプレゼントポイント)が貯まります。

ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5円相当の価値になりますので、1,000円で10円分の還元、つまり1%のポイント還元率ということになります。

 

また、入会3カ月間は1,000円の利用で5ポイント付与となっており、ポイント還元率は2.5%となっています。

通常の三井住友系のカードの5倍のポイント還元は大変メリットがあります。

 

ポイントの有効期限

ポイントの有効期限は2年です。

クレジットカードのポイントは1年というのが一般的ですが、ワールドプレゼントポイントは長めの設定となっています。

 

ワールドプレゼントポイントの交換先

ワールドプレゼントの主要なポイント交換先は以下の様になります。

ポイント交換先 最小単位 移行先の金額 還元率
楽天スーパーポイント 200 1,000 0.50%
dポイント 200 1,000 0.50%
au WALLETポイント 200 1,000 0.50%
iDバリュー(利用代金に充当) 200 1,000 0.50%
Amazonギフト券 200 1,000 0.50%
WAON(三井住友) 200 1,000 0.50%
ビックポイント(ビックカメラ) 200 1,000 0.50%
ゴールドポイント(ヨドバシカメラ) 200 1,000 0.50%
ベルメゾン・ポイント 200 1,000 0.50%
Joshinポイント 200 1,000 0.50%
Google Playギフトコード 200 1,000 0.50%
App Store & iTunes ギフトカード 200 1,000 0.50%
カテエネポイント 200 1,000 0.50%
PeXポイント 200 1,000 0.50%
地域経済応援ポイント(自治体ポイント) 200 1,000 0.50%
Gポイント 200 1,000 0.50%
VJAギフトカード 4,100 20,000 0.49%
3,100 15,000 0.48%
2,100 10,000 0.48%
1,100 5,000 0.45%
Tポイント 200 900 0.45%
Pontaポイント 200 900 0.45%
nanacoポイント 200 800 0.40%
楽天Edy 200 800 0.40%
WAON(三井住友カード以外) 200 800 0.40%
スターバックスカード 200 800 0.40%
タリーズカード 250 1,000 0.40%
クオカード 300 1,000 0.33%
マックカード 300 1,000 0.33%
ジェフグルメカード 300 1,000 0.33%
すかいらーくグループご優待券 300 1,000 0.33%
キャッシュバック(カード利用代金) 200 600 0.30%
図書カードNEXT 500 1,500 0.30%

 

航空会社のマイルにも多数対応しています。

ポイント交換先 最小単位 移行先のマイル数
ANA 100 300
ソラシドエア 200 2,000
シンガポール航空 100 300
ブリティッシュエアウェイズ 200 600
アリタリア航空 200 600
エールフランス・KLM航空 200 600
中国東方航空 200 600

 

マイ・ペイすリボの利用でポイント0.5%アップ

マイ・ペイすリボを利用すると、リボ払い手数料の請求がある月はポイントが+0.5%にすることができます。

支払いの全額をリボ払い適用にしなくても良くて、リボ払い手数料の口座引き落としが1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてがポイント2倍になります。

例えば、ある月の利用額合計が10,500円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を10,000円に設定すれば、リボ払いの手数料は500円の部分にしか発生しません。

それでポイントが+0.5%になるので、リボ払いの手数料よりも得られるポイントの方が多くなります。

ただ、利用額を把握して毎月ギリギリの金額になるように、マイ・ペイすリボの金額を変更する必要がありので、手間がかかり面倒な面もあります。

毎月の締め日付近でのこういった調整が苦でない場合は、ポイント還元率は1.5%となりこの水準のカードとしてはかなり高還元のクレジットカードとなります。

 

年間利用額に応じてポイント還元アップ

年間のショッピング利用金額に応じて、翌年度のポイント還元がアップします。

前年度の年間利用額 ステージ ボーナスポイント ボーナス還元率 還元率合計
50万円以上 V1 50万円利用で+50P
以降10万円毎に10P
0.05% 1.05%
100万円以上 V2 50万円利用で+75P
以降10万円毎に+15P
0.075% 1.075%
300万円以上 V3 50万円利用で+150P
以降10万円毎に+30P
0.15% 1.15%

例えば、年間50万円以上の利用をすると翌年度のポイントは+0.05%のボーナスポイントがもらえます。

一般的な0.5%のポイントと合わせて1.05%となります。

100万円以上だと+0.075%で合計1.075%です。

上記で解説しているマイ・ペイすリボを利用して少額のリボ払いを発生させた場合の還元率は下記の様になります。

  • V1(前年50万円以上利用): 1.55%
  • V2(前年100万円以上利用):1.575%
  • V3(前年300万円以上利用):1.65%

 

コンビニ、マクドナルドでポイント5倍!

これは、シンプルにコンビニとマクドナルドでクレジット決済をするとポイントが5倍になるというサービスです。

5倍なので、ポイント還元率2.5%ということになります。

対象のコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートになりますので、全国で多くの地域がカバーされていることになります。

 

ポイントアップモール

三井住友カード会員限定のポイントアップモールでネット通販を利用することができます。

主な対象店とポイント還元率は下記の通りです。

ポイント還元率は、時期によってボーナスアップしたり変動することがありますのであくまで参考としていただければと思います。

ジャンル 名前 ポイント倍率 還元率
総合 Amazon 2倍 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
LOHACO 3倍 1.5%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
ベルメゾンネット 2倍 1.0%
セブンネットショッピング 3倍 1.5%
スーパー等 イトーヨーカドーネットスーパー 3倍 1.5%
ドラッグストア等 楽天24 2倍 1.0%
マツモトキヨシ 5倍 2.5%
FANCL 3倍 1.5%
DHCオンラインショップ 2倍 1.0%
爽快ドラッグ 5倍 2.5%
家電 ビックカメラ.com 2倍 1.0%
Apple Store 2倍 1.0%
ヤマダ電機 WEB.COM 2倍 1.0%
本・音楽 BookLive! 4倍 2.0%
honto 4倍 2.0%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%
旅行 エクスペディア 最大6倍 3.0%
楽天トラベル 2倍 1.0%
じゃらん 2倍 1.0%
JTB 3倍 1.5%
H.I.S. 2倍 1.0%
ファッション マルイウェブチャネル 3倍 1.5%
ユニクロ、ジーユー 2倍 1.0%
i LUMINE(アイルミネ) 3倍 1.5%
ABC-MART.net 3倍 1.5%

 

「ココイコ!」で実店舗でもポイントアップ

「ココイコ!」とは、事前にエントリーしたクレジットカードにて対象ショップでお買物をすると、ボーナスポイントが得られるお得なサービスです。

サイト「ココイコ!」にアクセスし、ショップの「エントリー」ボタンをクリックしてエントリーするだけで、2倍以上のポイントアップかキャッシュバックが適用されます。

「ポイントアップ」または「キャッシュバック」は、お店によって好きな方を選択できる店舗があります。

ジャンル 店名 ポイント倍率 キャッシュバック
百貨店 高島屋 3倍 1.0%
東急百貨店 3倍 1.0%
福屋 3倍 1.0%
小田急百貨店 3倍 1.0%
大丸 3倍 1.0%
阪急メンズ東京 3倍 1.0%
松坂屋 3倍 1.0%
ショッピングモール 渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス) 3倍 1.0%
東急プラザ銀座 3倍 1.0%
三井アウトレットパーク 3倍 1.0%
トイザらス・ベビーザらス 2倍 0.5%
エンタメ カラオケの鉄人 18倍 8.5%
生活雑貨・インテリア 東急ハンズ 3倍 1.0%
+CASA 3倍 1.0%
グルメ・飲食店 伊達の牛たん本舗 2倍 0.5%
ワタミグループ 2倍 0.5%
びっくりドンキー 2倍 0.5%
ステーキ宮 2倍 0.5%
かっぱ寿司 2倍 0.5%
かに道楽 2倍 0.5%
鈴廣かまぼこ 風祭店 2倍 0.5%
ファッション AOKI 6倍 2.5%
洋服の青山 4倍 1.5%
コナカ 3倍 1.0%
紳士服はるやま 4倍 1.5%
東京・渋谷 YOSHIDA 3倍 0.5%
Perfect Suit FActory 4倍 1.5%
エクセル 3倍 1.0%
フォーエル 大きいサイズの店 10倍 4.5%
レジャー・トラベル ユニバーサル・シティウォーク大阪 3倍 1.0%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 3倍 1.0%
東京マリオットホテル 3倍 1.0%
スポーツ用品 スポーツショップ GALLERY・2 2倍 0.5%
ヴィクトリア・ヴィクトリアゴルフ・エルブレス 4倍 1.5%
家電 ビックカメラ 2倍 0.5%
ソフマップ 2倍 0.5%
ビューティー 美容室アッシュ 2倍 0.5%

 

ショッピング保険

ショッピング保険が付帯されており、購入日の翌日から200日間が補償期間です。

3,000円の自己負担が必要になりますが、損害が出た場合はそれ以上の保険金がもらえます。

補償額は年間100万円までになります

年会費1,000円ちょっとのクレジットカードでショッピング保険が付帯されているのは珍しいので、三井住友カードのメリットになります。

 

将来、三井住友VISAプライムゴールドゴールドが自動的に持てる

三井住友VISAデビュープラスカードは、26歳になった時点で自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップして変更されます。

三井住友VISAプライムゴールドカードは充実したサービスと安価な年会費を両立したお得な若年層向けゴールドカードです。

ランクアップ時には「継続サンクスポイント」をもらうことができます。

26歳以降の最初のカード更新時に切替わります。

プライムゴールドではなく、クラシックカードへの切替えもできます。

(クラシックカードを選択した場合は継続サンクスポイントはもらえません。)

三井住友プライムゴールドカードは年会費1,500円+税に押さえることができて、ゴールドカード級の充実したサービスがあることから、ともて人気のあるカードとなっています。。

更に30歳以降の最初のカード更新時には、「三井住友VISAゴールドカード」へと自動でランクアップします。

つまり、三井住友VISAデビュープラスカードを保有していると、自動的に三井住友VISAゴールドカードが将来的に持てるようになります。

三井住友VISAゴールドカードの審査は厳しいと言われています。

しかし、若いうちにデビュープラスを持ってしまえば、自動的にゴールドカードを保有することができます。

実際に、将来ゴールドカードを必要とするかどうかはわからないので、とりあえず三井住友VISAデビュープラスカードを持ってしまえば、将来ゴールドカードを持てる資格を得られるので賢い選択になるのではないでしょうか?

 

まとめ

三井住友デビュープラスカードは、25歳までの若年層向けカードとなっていますが、入会3カ月はポイント5倍、その後も常時2倍とかなり美味しいカードとなっています。

また、26歳になるとカード更新時に「三井住友VISAプライムゴールド」への自動ランクアップ、30歳になると「三井住友VISAゴールドカードへの自動ランクアップがあります。

三井住友VISAのゴールド水準以上のプロパーカードは審査が厳しめとも言われていますので、三井住友VISAデビュープラスを取得しておくことには将来的に見たメリットがあります。

 

また、現在新規会員向けに利用金額の20%キャッシュバックキャンペーン(最大12,000円まで)を開催しておりますので、入会するには絶好の機会と思いますのでご検討いただければ幸いです。

三井住友VISAカード新規入会で20%キャッシュバック&お買い物がタダになるキャンペーン開催中!

 

現在、ポイントサイトからの広告案件が出てますので、更にお得に申し込みをすることができます。

今月は下記3サイトが同率のポイント還元となっています。

どこから申し込んでも同じになります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

げん玉

 

ECナビ

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 

26歳以上の方はデビュープラスカードには申し込みができませんので、同格のカードですと「三井住友VISAクラシックカード」がオススメです。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

3,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • JALカード おすすめな選び方!JALマイルを年会費無料から無期限で貯める

  • モッピー入会は登録キャンペーンがおすすめ【10月】お得な登録方法を解説!

  • 【10月:最大2.3万ポイント】アメックスグリーンがお得なポイントサイトとキャンペーン比較!メリット、特典は?

  • ANAカードのおすすめポイントサイト【10月版】キャンペーンと作り方比較一覧!

  • 年会費無料でアメックスビジネスゴールド【5月:キャンペーン】に入会、申し込みをする

  • SPGアメックスのライバル比較!ぶっちゃけどれが優秀?(プラチナ、ゴールド、ANAアメックスゴールド)