1. TOP
  2. マイル獲得実績、マイル基本
  3. マイレージプログラムの賢い選び方は?アライアンスと航空会社からオススメはどこがいい?

マイレージプログラムの賢い選び方は?アライアンスと航空会社からオススメはどこがいい?

マイルを貯めてみようと思った時、日本人であればANAかJALが真っ先に浮かぶと思います。

けれど、「航空会社のルールとかよくわからないからどっちを選ぶのが良いのかわからない」というパターンは多いと思います。

現に、私はたくさんの方の相談に乗っていますが、貯めている理由が明確な方って以外と少なく、なんとなくのイメージで貯めているケースも多々見受けられます。

なので、この記事では62社のマイレージプログラムの中から、日本人に合った航空会社の選び方、メリット、デメリットをお伝えしていきたいと思います。

 

マイル?マイレージ?そもそもがわからないという場合は、「マイル・マイレージとは?これから始めるマイルの貯め方、使い方をゼロから解説!」からご確認ください。

マイレージプログラムは利用頻度の多い航空会社を選択する

現在、定期的に飛行機に乗られている場合は、「利用頻度の高い」航空会社を選んでしまって構いません。

例えば、会社の出張でJALをよく利用している。

なんて場合は、JALマイルをメインに貯めれば良いです。

また、海外出張でシンガポールによく行き、シンガポール航空を使っているなんて場合は、シンガポール航空を貯めればいいのか?という疑問が出てくると思います。

そういう場合は、シンガポール航空を貯めても良いですが、「アライアンス」というものを考慮して貯めると効率がよくなる場合があります。

※この場合はANAを貯めるのが基本的にはおすすめ

※シンガポール航空はANAと同じアライアンス→スターアライアンス

※シンガポール航空に乗って、ANAマイルに加算が可能

「アライアンス?」と思ったかもしれませんが、順を追って解説をしていきたいと思います。

 

難しいことを考えないなら「ANA」を選べば間違いない

とりあえず、初心者でまったくマイルを貯めていない。

そして、難しいことはさっぱりわかんない。

そういう場合は「ANA」を選択してしまって良いです。

ANAを選ぶ理由はスターアライアンスならANAを選ぶに進んでご確認ください。

 

アライアンスを知ると選択も変わってくる

マイルを貯める航空会社を選ぶ上で外せないのが、アライアンスになります。

マイルの使い方を広げる為にも、アライアンスの基礎を知っておいた方が良いです。

 

アライアンスとは?

そのまんま日本語に訳すると「同盟」という意味になります。

航空会社のアライアンスというと、航空会社同士が提携をし、マイレージサービスや乗り換えサービス、ラウンジを共通で利用できるなどのメリットがあります。

特に利用メリットがあるのは、ひとつのマイレージプログラムのマイルを貯めていると、同じアライアンスの航空会社の特典航空券を予約することができるのです。

例を挙げれば、ANAマイルを持っていると、ユナイテッド航空の特典航空券を予約することができるのです。

なので、アライアンスが大きければ単純にそれだけ乗れる便も多くなるし、行ける地域も増えるということになります。

世界の航空会社には、3つのアライアンスがありますので、それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

 

スターアライアンス

スターアライアンスは、世界最大規模のアライアンスになります。

就航国は約190ヵ国、1,300以上の空港に便があります。

提携航空会社は28社

日系では、ANAが加盟しています。

加盟している航空会社は下記の通りです。

・ユナイテッド航空(アメリカ)

・ルフトハンザ航空(ドイツ)

・エア カナダ(カナダ)

・スカンジナビア航空(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)

・タイ国際航空(タイ)

・ニュージーランド航空(ニュージーランド)

・ANA(日本)

・シンガポール航空(シンガポール)

・オーストリア航空(オーストリア)

・アシアナ航空(韓国)

・LOTポーランド航空(ポーランド)

・アドリア航空(スロベニア)

・クロアチア航空(クロアチア)

・TAP ポルトガル航空(ポルトガル)

・南アフリカ航空(南アフリカ共和国)

・スイス インターナショナル エアラインズ(スイス)

・中国国際航空(中国)

・ターキッシュ エアラインズ(トルコ)

・エジプト航空(エジプト)

・ブリュッセル航空(ベルギー)

・エーゲ航空(ギリシャ)

・エチオピア航空(エチオピア)

・アビアンカ航空(コロンビア)

・コパ航空(パナマ)

・深圳航空(中国)

・エバー航空(台湾)

・エア インディア(インド)

 

ワンワールド

ワンワールドは3つのアライアンスの中で一番規模の小さいアライアンスになります。。

就航国は158ヵ国、約1,000の空港に便があります。

提携航空会社は14社

日系では、JALが加盟しています。

加盟している航空会社は下記の通りです。

・アメリカン航空

・ブリティッシュ エアウエイズ(アメリカ)

・キャセイパシフィック航空(イギリス)

・フィンエアー(フィンランド)

・イベリア航空(スペイン)

・JAL(日本)

・LATAM チリ(チリ)

・LATAM ブラジル(ブラジル)

・マレーシア航空(マレーシア)

・カンタス航空(オーストラリア)

・カタール航空(カタール)

・ロイヤルヨルダン航空(ヨルダン)

・S7航空(ロシア)

・スリランカ航空(スリランカ)

 

スカイチーム

スカイチームは、スターアライアンスに次いで2番目に大きいアライアンスになります。

就航国は187ヵ国、1,064の空港に便があります。

提携航空会社は19社

日系で加盟している航空会社はありません

加盟している航空会社は下記の通りです。

・デルタ航空(アメリカ)

・アエロメヒコ航空(メキシコ)

・エールフランス(フランス)

・大韓航空(韓国)

・チェコ航空(チェコ)

・KLMオランダ航空(オランダ)

・アエロフロート ロシア航空(ロシア)

・エア ヨーロッパ(スペイン)

・ケニア航空(ケニア)

・アリタリア航空(イタリア)

・タロム航空(ルーマニア)

・ベトナム航空(ベトナム)

・チャイナエアライン(台湾)

・中国東方航空(中国)

・アルゼンチン航空(アルゼンチン)

・サウディア(サウジアラビア)

・ミドル イースト航空(レバノン)

・厦門航空(中国)

・ガルーダ インドネシア航空(インドネシア)

 

アライアンス未加入の航空会社

有名な航空会社でもアライアンスに未加入の航空会社もあります。

例えば、エミレーツ航空、エティハド航空、ハワイアン航空、香港航空、フィリピン航空あたりは未加入の航空会社となっています。

残念ながら、そういった航空会社は独自のマイレージプログラムを利用するしかありません。

一部アライアンスの垣根を越えて提携している航空会社もあります。

例えば、JALとハワイアン航空、ANAとアリタリア航空など。

アライアンス外の提携航空会社までに及んでしまうと説明が複雑になってしまいますので、詳しくは別の機会に解説したいと思います。

またLCCなどの格安航空会社は、サービスよりも値段の安さが売りなので、マイレージプログラムはほぼないと思っていただいて問題ないです。

 

3大アライアンスの中で、使いやすい航空会社を選択する

3つのアライアンスの概要をここまで解説してきましたが、次はそれぞれのアライアンスから、どの航空会社を選べば良いのかを解説していきたいと思います。

 

スターアライアンスならANAを選ぶ

スターアライアンスは上述の通り3つのアライアンスの中で一番大きなアライアンスになります。

スターアライアンスには日系の航空会社はANAが加盟していますので、スターアライアンス系を貯めるならANA一択になります。

 

ANAマイレージクラブとは?

・本拠地:日本

・加盟アライアンス:スターアライアンス

・マイル有効期限:3年

・往復特典航空券必要マイル:12,000マイル〜

・マイル利用最小単位:1マイル〜

・特典航空券利用範囲:会員本人と二親等まで

・路線数:国内線126路線、国際線62路線

・保有機数:222機

 

メリット

・ANAは他社に比べてマイルを貯めやすい

→ANAと提携されたクレジットカードの種類も多く、また各種ポイントからANAマイルへの交換もできますので、日常のお買い物でも貯めることが容易です。

ANAに交換ができる主なポイントは、楽天ポイント、Tポイント、nanacoなどがあります。

なので、楽天市場でお買い物→ANAマイルなんてことも可能です。

nanacoだったら、セブンイレブンやイトーヨーカドーなど利用している場合貯めやすいです。

・スターアライアンスは日本就航便が多いので、他社便に乗ってもANAマイルを貯めることが可能。

・ANAマイルをANA SKYコインに交換すれば、特典航空券だけでなく、ツアーパッケージの購入代金などにも充てることもできる

 

デメリット

・貯めている人数が多いので、JALに比べると特典航空券が予約しにくい。

・有効期限が3年なので、有効期限内に使わないとマイルが失効する。

 

特典航空券(往復)に必要なマイル数

行き先 エコノミー ビジネス ファースト
韓国 15,000 30,000 設定なし
中国、台湾、香港 20,000 40,000 設定なし
シンガポール、タイなど 35,000 60,000 105,000
ハワイ 40,000 65,000 120,000
北米 50,000 85,000 150,000
ヨーロッパ 55,000 90,000 165,000
オーストラリア 45,000 75,000 設定なし

※レギュラーシーズンの場合の必要マイル数

 

ANAマイルを貯めるのにおすすめクレジットカード

ANAマイルを貯めるならANAアメックスゴールドが最もおすすめです。

ポイントをカードに貯めておけば、ANAマイレージクラブのデメリット3年の有効期限に関係なく、ANAマイルを貯めることができます。

主な特徴

・年会費31,000円+税

入会キャンペーンで大量マイルを貯められる

・カードにポイントを貯めておけば、実質無期限でマイルが貯まる

ANA航空券を購入するとマイル還元率3%、搭乗ボーナスマイルが区間基本マイル+25%付与

・ANA SKYコインへの交換レートが最大1.6倍になる

・国内外の空港ラウンジ28空港39ヶ所が無料で利用

・海外旅行保険の充実

 

ANAアメックスの詳しい内容はこちらの記事をご参照ください。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【3月No.1は9万マイル】特典とメリットは?

そのほかのANAカードでおすすめを確認したい場合は「ANAカードの【3月版】キャンペーンと作り方比較一覧!」をご参照ください。

 

ワンワールドならJALを選ぶ

ワンワールドを選ぶなら、日系のJALを選ぶのが日本人には一番オススメです。

 

JALマイレージバンクとは?

・本拠地:日本

・加盟アライアンス:ワンワールド

・有効期限:3年

・往復特典航空券必要マイル:6,000マイル〜

※どこでもマイル利用時が最小マイル数

・マイル利用最小単位:1,000マイル〜

・特典航空券利用範囲:会員本人と二親等まで

・路線数:国内線126路線、国際線54路線

・保有機数:231機

 

メリット

・ANAに比べて、特典航空券の予約がとりやすい

・ハワイ便の特典航空券が取りやすい

※現状ANAのハワイ便はほぼ取れない(新型機導入で改善されるかも)

※JALは夏休みでも空席が割とある

ワンワールド提携便の予約もJALのホームページから予約しやすい

 

デメリット

・ANAに比べてマイルを貯めにくい

→お買い物系ポイントで貯めるなら、イオン、Ponta、dポイントなどと提携あり

・利用の最小単位が1,000マイルからなので、端数が使えない可能性がある

・有効期限が3年なので、有効期限内に使わないとマイルが失効する。

 

特典航空券(往復)に必要なマイル数

行き先 エコノミー ビジネス ファースト
韓国 15,000 36,000 60,000
中国、台湾、香港 20,000 80,000 72,000
東南アジア 24,000〜 60,000 100,000
ハワイ 40,000 80,000 100,000
北米 50,000 100,000 140,000
ヨーロッパ 46,000〜 110,000 160,000
オーストラリア 36,000 80,000 100,000

※JALは半分の量で片道から予約可能

 

JALマイルを貯めるのにおすすめクレジットカード

JALマイルを貯めるならSPGアメックスが最もおすすめです。

ポイントをカードに貯めておけば、JALマイレージバンクのデメリット3年の有効期限に関係なく、JALマイルを貯めることができます。

主な特徴

・年会費31,000円+税

・一定量以上のポイントを交換するとマイル還元率が1.25%になる

・カードにポイントを貯めておけば、実質無期限でマイルが貯まる

・国内外の空港ラウンジ28空港39ヶ所が無料で利用

・海外旅行保険の充実

・SPGアメックスはマリオット系ホテルのカードなので、ホテルの上級会員サービスが付帯される(部屋の無料アップグレードなど)

マリオットグループのホテル:リッツカールトンマリオットシェラトンウェスティンなど。

 

JALにはJALカードがありますが、マイル還元率はSPGアメックスよりも低く、JALの上級会員を狙わない限り、SPGアメックスの方がメインカードとしておすすめできます。

また、JALカードはマイルを無期限にすることはできないのもオススメしない理由です。

 

SPGアメックスの詳しい内容はこちらの記事をご参照ください。

SPGアメックスのマイルの貯め方・交換メリット【3月】入会キャンペーン94,500ポイント獲得と無料宿泊特典は?

 

スカイチームならデルタ航空を選ぶ

日系企業の参加はありませんが、スカイチームを選ぶならデルタ航空がオススメです。

 

デルタスカイマイルとは?

・本拠地:アメリカ

・加盟アライアンス:スカイチーム

・有効期限:無期限

・往復特典航空券必要マイル:15,000マイル〜

・特典航空券利用範囲:無制限

・路線数(日本発着のみ):国内線0路線 国際線14路線

・保有機数:837機

 

メリット

マイルの有効期限が無期限

・選ぶクレジットカード次第で、デルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」が付帯

→チェックカウンター・手荷物検査・搭乗・手荷物受取りの優先、上級会員専用ラウンジの利用など

・外国人の利用が多いので、日本発着便の特典航空券が取りやすい

 

デメリット

・日系の企業の参加がない為、日本発着便が少ない

・必要マイル数がANAやJALに比べて多め

・マイルの使い道が特典航空券以外にない

 

特典航空券(往復)に必要なマイル数

日本発着便のデルタ航空の便のみ掲載。

行き先 エコノミー ビジネス
マニラ 35,000 60,000
シンガポール 45,000 80,000
ハワイ 70,000 140,000
北米 78,000 180,000

※スカイチーム加盟航空会社の便も含めれば、選択肢は多数

 

デルタスカイマイルを貯めるのにおすすめクレジットカード

デルタスカイマイルを貯めるならデルタアメックスゴールドが最もおすすめです。

主な特徴

・年会費26,000円+税

デルタ航空の上級会員が付帯(日本会員限定のサービス)

→チェックカウンター・手荷物検査・搭乗・手荷物受取りの優先、上級会員専用ラウンジの利用など

マイルの有効期限が無期限

・デルタ航空の航空券を購入すると、マイル還元率11%

・国内外の空港ラウンジ28空港39ヶ所が無料で利用

・海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も充実

 

アメリカによく行く場合や、日本発着でもスカイチームの加盟航空会社を利用しないとメリットを出しにくいですが、クレジットカードを持つだけで上級会員のサービスを受け取れるのは非常に優位性が高いです。

 

デルタアメックスゴールドの詳しい内容はこちらの記事をご参照ください。

デルタアメックスゴールド入会キャンペーン!【3月:27,000マイル】紹介とポイントサイトはどっちがおすすめ?

 

まとめ:基本はANAかJALだけど、結局どちらを選べばいいか?

ここまで3大アライアンスと、それぞれのアライアンスの代表航空会社についてご説明をしてきました。

スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームそれぞれ特徴がありますが、日本在住の日本人であれば、ANAJALを選ぶのが間違いありません。

また、「ここまで読んでみたけどちょっと決められない…」

「ANAもJALもいいから両方で!」なんて決め方をしてしまうと、最初から複数の航空会社を貯めるのはポイントが分散してしまうので、中々貯まらないという事態にもなり兼ねません。

なので、最初はANAを選んでしまって良いと思います。

ANAはなんといっても貯めやすいので初心者向けです。

私も、最初はANAのマイルを貯めることから始めましたし、今でもANAマイルを中心に貯めています。

 

もちろん、両方比べた上でJALを選ぶのも良いです。

とにかく、どちらか片方に絞ってマイルを貯めることを始めてみてください。

最初にやるべきことは、

①マイレージプログラムへの入会

②マイルを貯める為のクレジットカードを作る

この2つから実践していってみてください。

 

更に詳しい貯め方は無料のメール講座で解説しています。

このメール講座を読んで実践いただければ、少なくとも年間100万円相当が得できる話をしていきますので一読くださいますと幸いです。

 

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの錬金術師の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの錬金術師の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • ブログで陸マイラーが100万マイル(毎月10万以上)を貯める15の秘訣と始め方【2018,2019年版】

  • 陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

  • ソラチカ改悪後のポイントサイトからANAマイルへ交換ルートまとめ比較【2019年保存版】

  • 挫折するのはマイルが貯まらないから?使えないから?めんどくさいから?4つの改善策!

  • マイル・マイレージとは?これから始めるマイルの貯め方、使い方をゼロから解説!

  • 1マイルの価値はいくら?換算や還元率、使い道は?年100万円の得をする使い方!?