1. TOP
  2. マイル獲得実績、マイル基本
  3. 1マイルの価値はいくら?換算や還元率、使い道は?年100万円の得をする使い方!?

1マイルの価値はいくら?換算や還元率、使い道は?年100万円の得をする使い方!?

この記事では、航空会社のポイントシステムである「マイル」にご興味を持たれている方向けに、マイルの価値とはどれくらいのものなのか?についてご説明していきたいと思います。

マイルってどんな価値があるのかご存知でない場合は、ぜひ一読くださいますと幸いに思います。

マイルの価値を知らないと年間100万円の損失の可能性がある

この話は、旅行が好きな人であっても、そうでない人にも知っておいていただきたい事実です。

恐らく、世の中95%の人はこの事実を知らないはずです。

普段、何気なく貯めているTポイントや楽天ポイントと「マイル」が同じ価値と思っているなら、それは大間違いです。

その理由を知らないあなたは、知らないことによって年間100万円以上の損失を出している可能性があります。

この事実を知って、実践された方は100万円以上の得をする話ですので、最後までお付合いいただけると幸いです。

事実を知った上で、利用するか、利用しないかを判断いただければ良いかなと思っています。

 

マイルは飛行機に乗って貯めるものという思い込み

私は、「マイル」というものを知らなかった時、移動手段は主に新幹線を使っていました。

どうしても飛行機に乗らないと行けない土地には、LCCなどの格安の航空券をなるべく安く買って移動していました。

なぜそうしていたか?

それは、JALやANAの航空券は新幹線よりも高いと思っていたから。

マイルの価値を知らなかったから。

マイルの貯め方を知らなかったから。

そして、マイルとは飛行機に乗った時に、距離に応じてもらえるポイントとしか認識をしていなかったからです。

 

1マイル=1円?普段貯めているポイントとマイルは同じという勘違い

私は、マイルの価値を、Tポイント、楽天ポイント、nanaco、WAONなどのポイントと同じものだと思っていました。

これらのポイントは、だいたい100円の買い物につき1ポイント貯まり、1ポイント1円の価値で消費することができます。

マイルも1マイル=1円だと思い込んでいました。

実は、それが大いなる勘違いでした。

 

日常のお買い物をカード決済に変えるだけでマイルは貯まる

日本人特有のものとも思うのですが、普段のお買い物の90%は「現金」で支払いをしています。

人によっては100%かもしれません。

もちろん私も例外ではありませんでした。

 

マイルを貯める場合、クレジットカード決済に変えることによって、100円=1マイル以上を貯めることができます。

そして、ポイントサイトというサイトなどを利用することによって、100円=◯マイルと還元率を上げることも可能です。

場合によっては、100円=20マイルなんてケースもあります。

このことを知って以降、クレジットカード決済が可能なお店では、すべてクレジットカードで支払いをするようにしています。

それこそ、コンビニで100円のコーヒーを買う時から、駐車場代500円を払う時までです。

私は、この還元率を上げることを徹底的に調べ、月に使っているお金に対して、だいたい4%程度のマイル還元を受けられるようになりました。

現金払いでは、還元ゼロ。Tポイント等を貯めた場合は1%なのに、マイルなら4%です。

一般家庭であれば、すべてクレジットカード払いをしたら年間200〜300万円の決済は可能だと思いますので、マイル数にして80,000〜120,000マイルです。

1年を通したら、この差はすごい差が出ることを感じませんか?

 

特典航空券として無料の航空券へ引き換えにどれくらい必要か知った時に価値がわかる

貯めやすさの観点から、この記事はANAマイルを使っていくことを前提にお話していきたいと思います。

「年間10万マイル前後貯まることはわかったけど、それって10万円でしょ?」

っていう勘違いにここからはお答えしていきたいと思います。

 

実際、マイルで航空券を購入した場合に、1マイルはどれくらいの価値になるのか?

恐らく、驚愕の事実だと思います。

 

国内線を利用した場合

国内線を利用した場合の事例は、便数も多く、利用者の多い東京−沖縄便を例にしたいと思います。

ANAの場合、時期によってローシーズン(L)、レギュラーシーズン(R)、ハイシーズン(H)と消費するマイル数が異なります。

東京−沖縄の航空券をマイルで購入する時のマイル数(片道)は上図の通りになります。

ローシズン(L):7,000マイル

レギュラーシーズン(R):9,000マイル

ハイシーズン(H):10.500マイル

 

レギュラーシーズンの場合

今回は、年間の中でもっとも期間の長いレギュラーシーズンでの価格比較をします。

普通運賃だと、片道46,090円するので、旅割21を使った場合を想定します。

(旅割21:出発21日前までに予約・購入をすると受けられる割引運賃)

この日の価格は、17,190円から28,490円です。

片道のマイル数は9,000マイルですので、1マイル=1.91〜3.17円ということになります。

ちなみに、普通運賃で乗ると5.12円で利用したことになります。

(直前にマイルで航空券を購入すると、5円相当になるということです)

 

私は仕事の都合などから、直前予約をすることがあるのですが、この記事を書いている時に良い事例があったので紹介させていただきます。

2018年1月30〜31日の沖縄−大阪(伊丹)便を、2018年1月26日に往復12,000マイルで取得しています。

往路、復路の運賃は特割3を利用してそれぞれ25,700円です。

往復で、51,400円を12,000マイルで取得していますので、1マイル=4.3円ということになります。

国内線の利用であっても、1マイルは1.9〜5円程度の価値がありますので、1マイル=1円ということはあり得ないのです。

 

国際線を利用した場合

国際線は、地域ごとにZONEという括りをつけて分けられています。

ZONEは下図の様な区分になっていて、時期によって、ロー、レギュラー、ハイと消費するマイル数も異なります。

必要マイルはこちらになります。

Y:エコノミークラス

C:ビジネスクラス

F:ファーストクラス

 

エコノミークラスで航空券を購入する

一番お手軽な韓国(ZONE2)ともっとも距離の遠いヨーロッパ(ZONE7)を例に事例を紹介したいと思います。

 

ZONE1韓国の場合

レギュラーシーズンの必要マイル数は、15,000マイルです。

価格は下記の通りで、往復で60,290円です。

1マイル=4.01円の換算になります。

ZONE7ヨーロッパの場合(ロンドン)

レギュラーシーズンの必要マイル数は、55,000マイルです。

価格は下記の通りで、往復で273,910円です。

1マイル=4.98円の換算になります。

国際線エコノミーの場合、だいたい1マイル=4〜5円の価値があることがわかりました。

 

ビジネスクラスで航空券を購入する

続いて、ビジネスクラスを利用した場合をシミュレーションしてみます。

近距離では、1マイル=4〜5円程度なので、長距離路線で計算してみます。

 

ZONE7ヨーロッパの場合(ロンドン)

レギュラーシーズンの必要マイル数は、90,000マイルです。

価格は下記の通りで、往復で637,060円です。

1マイル=7.08円の換算になります。

ビジネスクラスで利用した場合、1マイル=4〜7円程度の価値になります。

 

ファーストクラスで航空券を購入する

ファーストクラスを利用した場合をシミュレーションします。

 

ZONE7ヨーロッパの場合(ロンドン)

レギュラーシーズンの必要マイル数は、165,000マイルです。

価格は下記の通りで、往復で2,740,060円です。(もはや意味不明の金額です笑)

1マイル=16.6円の換算になります。

 

10万マイル程度で行ける地域も参考に!(ファーストは最小が105,000マイルから)

ZONE4アジア2の場合(シンガポール)

レギュラーシーズンの必要マイル数は、105,000マイルです。

価格は下記の通りで、往復で921,620円です。

1マイル=8.78円の換算になります。

ファーストクラスで利用した場合は、1マイル=8〜16円相当になります。

結局1マイルの価値はいくら?

シーズンマイルやZONE制などANA独自ルールを元にお話をしてますので、聞きなれない言葉がたくさん出てきてよく理解できていないかもしれません。

率直に結論を申し上げます。

今回は、路線を限定していた為、ちょっと強引な計算になっていたかもしれません。

なので、上記の事例以外に、私のこれまでの経験も踏まえて1マイルの価値を算出させていただきます。

国内線利用の場合は、1マイル=1.4〜4.8円相当の価値。

※1マイル=1.4円になるのは、3ヶ月前から予約の様な事前に予定が確定している場合。

私は、そんなに前から予定が決まっていることがないので、最低でも2円以下にはならない。

国際線利用の場合は、エコノミー3〜5円ビジネス4〜9円ファースト8〜16.5円相当の価値になります。

1マイルの価値は、最大16.5円です。

 

マイルを貯めて経験できること

1マイル2円から使い方によっては15円を超えることはご理解いただけたと思います。

ですが、実際にファーストクラスとかに乗っても、大して素敵な体験なんてできないんじゃないの?って思うかもしれません。

なので、私が体験したファーストクラスの搭乗記を一部ではありますが公開させていただきたいと思います。

ファーストクラスというのは、(特に)海外の空港でファーストクラスに乗る場合の待遇は、超VIP待遇の扱いです。

高級ホテルのレストランや宿泊した時とはまた一味違う極上のサービスを受けることができますので、ぜひ一度でいいから体験をしていただきたいと思っています。

 

シンガポール航空のファーストの上をいくスイートクラスに搭乗した時の体験記です。

シンガポール航空 A380ファーストクラス(スイート)にマイル搭乗記!機内食、サービスは至れり尽くせり(シンガポール発)

 

タイ航空のファーストクラスに乗った時の体験記です。

タイ航空ファーストクラスのラウンジ、機内食、サービスは評判通り?【バンコク→羽田】座席はマイルで予約

これらは、マイルを貯めれば誰にでも体験することのできることなのです。

 

まとめ:マイルを貯めることはお得な情報なのか?メリットは?

マイルというのは、貯め方を覚えると、100円=1〜5マイル(最高20マイル)程度貯めることができ、使う時は1マイル=2〜16.5円というレートで使うことができます。

日々の支払いをクレジットカードに変え、ポイントサイトを可能な範囲で利用することによって、10万マイル程度は貯めることは誰にでも可能です。

10万マイルの価値は、最低でも20万円です。(最高は100万円程度)

 

旅行が好きな方にとって、こんな嬉しいシステムはないのではないでしょうか?

また、旅行に興味ないからと言って、この金額は無視できないレベルだと思います。

旅行に行かなくても、マイルというのは色々な使い道があるからです。

 

でも最大に嬉しいのは、100万円の航空券を無料で買って、100万円のサービスを受けることに最高の醍醐味があるのではないか?と私は思っています。

しかも一生に一度でなく、毎年です!

お金を出して100万円の航空券を買える人は一部しかいませんが、マイルを貯めて100万円の航空券を買うことは誰にでもできるんです。

そのことを知っていただくきっかけにこの記事がなれば、とても嬉しく思います。

 

私のマイルの貯め方、考え方、実績などは下記の記事にまとめていますので、ご参照いただけますと幸いです。

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

【ANAマイルを貯めたい場合のマイル入門講座】

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

【JALマイルを貯めたい場合のマイル入門講座】

JALマイレージバンクとは?JALマイルのメリット、デメリットをゼロから解説!まずは入会・登録をしてみよう

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師のメールマガジン

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

 

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • マイル・マイレージとは?これから始めるマイルの貯め方、使い方をゼロから解説!

  • ソラチカ改悪後のポイントサイトからANAマイルへ交換ルートまとめ比較【2019年保存版】

  • 挫折するのはマイルが貯まらないから?使えないから?めんどくさいから?4つの改善策!

  • 陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

  • 初心者が10万マイル貯める準備編。ポイントサイトとクレジットカードの作り方《ANA/JAL版》

  • ブログで陸マイラーが100万マイル(毎月10万以上)を貯める15の秘訣と始め方【2018,2019年版】