1. TOP
  2. ポイントサイト
  3. 【限定】ジャパンネット銀行をポイントサイトから口座開設で11,350円相当のポイント獲得!

【限定】ジャパンネット銀行をポイントサイトから口座開設で11,350円相当のポイント獲得!

ポイントサイト高額案件で、ジャパンネット銀行入会キャンペーンで大型案件が出ました。

この記事では、ジャパンネット銀行のお得な申し込み方法から、メリット、デメリットまでをお伝えしていきたいと思います。

ジャパンネット銀行入会がお得なポイントサイト

dカードゴールドがお得に申込みのできるポイントサイトを全サイト確認しました。

その中で、主要4ポイントサイトを比較した結果が下記の表になります。(2019年5月13日現在)

ポイントサイト名 ポイント数 円換算
すぐたま 2,700pt 1,350円
モッピー 1,100pt 1,100円
ハピタス 850pt 850円
げん玉 13,000pt 1,300円

現在、お得なポイントサイトは「すぐたま」になります。

 

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング申し込みでポイント獲得できるポイントサイト

ジャパンネット銀行の口座開設後に、合わせてネットキャッシングの入会(キャッシングをしなくてOK)でポイントが獲得できます。

ポイントサイト名 ポイント数 円換算
すぐたま 6,000pt 3,000円
モッピー 3,000pt 3,000円
ハピタス 3,000pt 3,000円
げん玉 なし なし

ここでは、3社が高ポイントになっています。

 

すぐたまで開催されている特別ボーナスキャンペーン

実は、すぐたま経由にて上記2つに入会すると、更にボーナスポイントが獲得できます。

①ジャパンネット銀行の口座開設:2,700ポイント(1,350円相当)

②ネットキャッシングの入会:6,000ポイント(3,000円相当)

①②が完了すると、

③更にボーナスポイント14,000ポイント(7,000円相当)獲得

 

合計で、22,700ポイント(11,350円相当)のポイント獲得になります。

※ポイントと書いていますが、すぐたまのポイント単位はmileになっています。

※2mile=1円相当

期間限定で、早期終了の可能性もある為、お早めのお申込みをおすすめします。

↓すぐたまの登録はこちらから無料でできます。

※ここから登録して、翌々月末までに40,000ポイント獲得で5,000ポイントボーナス獲得

 

ジャパンネット銀行とは?

ジャパンネット銀行は、日本で初めてのネット銀行(ネットバンク)です。

実店舗がないので、手数料などがお得な銀行 だと思ってもらえれば大丈夫です。

口座開設から実際の利用まで、基本的にスマホやPCで行えます。

 

ジャパンネット銀行のメリット

まずはジャパンネット銀行のメリットについて解説していきます。

 

3万円以上で取引すれば、ATM入出金手数料が毎回無料に

ジャパンネット銀行のATMが設置されているのは下記になります。

ジャパンネット銀行は、 毎回3万円以上で取引すれば、ATM入出金手数料がかかりません。 

細かく説明すると、毎月最初の1回は無料で、2回目以降は1回の入出金金額が3万円以上なら何度でも無料とななります。

2回目以降の場合、3万円未満だと、162円~324円かかるのでご注意ください。

 

Tポイントの特典あり

ジャパンネット銀行は、株主であるヤフーがTSUTAYAとの提携があるので、Tポイント関係でも特典があります。

たとえばヤフオクの支払いでもTポイントが貯まります。

またTポイントを現金に交換できるのはジャパンネット銀行だけのメリットになります。

 

Tポイントをジャパンネット銀行を使って現金化

交換レート Tポイント100ポイント ⇒ 85円
交換単位 1,000ポイント以上、100ポイント単位
交換に必要な期間 2週間程度
交換に必要な条件
  • Tポイントのご利用可能ポイントが1,000ポイント以上であること
  • Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行を登録しているYahoo! JAPAN IDであること
確認方法 ポイント交換状況は、Yahoo! JAPANのポイント交換履歴一覧(Yahoo! JAPANのページ)で確認できます。ジャパンネット銀行の取引明細では「Tポイント交換(現金)」と記載されます。

 

VISAデビットカードもついてくる

VISAデビットカードを付帯させることができるので、クレジットカードが作れない方にもおすすめですし、海外旅行に行かれる場合は、現地のATMで現地通貨を出金することもできます。

特に海外での ATM出金は、両替所で両替するよりもレートがお得なことが多いので海外に行かれる時はデビットカードを最低1枚は持って行った方が良いです。

 

セキュリティの高さは高評価

ジャパンネット銀行は他行に先駆け、何年も前からどこよりも早くトークン方式のワンタイムパスワードをすべてのユーザーに提供しています。

セキュリティの高さはジャパンネット銀行は定評があります。

(ゆうちょ銀行の導入は2014年、ジャパンネット銀行はその8年前から導入済み)

 

ジャパンネット銀行のデメリット

ジャパンネット銀行のデメリットについても解説します。

 

振込手数料の無料回数が無い

振込での手数料無料設定がなく、少額ではありますが毎月1回目から振込手数料がかかります。

この辺はネットバンク比較でも他行よりも劣ってしまいます。

 

店頭での相談ができない

これはネットバンク全体のデメリットですが、実店舗がありません。

なので、店頭での相談ができません

店頭相談を希望される場合は、ネットバンクではない銀行を利用するしかありません。

 

まとめ

ATM手数料が無料で、海外でも使えるVISAデビットカードを持てるジャパンネット銀行は、特にセキュリティ面での評価が高く、口座を持つに値すると思います。

 

現在、「すぐたま」のキャンペーンを利用すると、最大11,350円相当のポイントを獲得することができます。

 

期間限定で、早期終了の可能性もある為、お早めのお申込みをおすすめします。

↓すぐたまの登録はこちらから無料でできます。

※ここから登録して、翌々月末までに40,000ポイント獲得で5,000ポイントボーナス獲得

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

プリンスポイントのポイントサイトでの貯め方、交換方法!すぐたま、モッピー、ちょびリッチ等の交換ルートを徹底解説

【過去最大5月:39,000円相当】dカードゴールドはポイントサイト申込がお得!年会費以上の入会特典、メリットを解説

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの錬金術師の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの錬金術師の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • メトロポイント交換は終了ではない。必須のポイントと登録キャンペーンとおすすめな使い方

  • ゲットマネーでマイルの貯め方!陸マイラーにおすすめ使い方と稼ぐやり方

  • ANAカードのおすすめポイントサイト【5月版】キャンペーンと作り方比較一覧!

  • ちょびリッチのマイル貯め方!陸マイラーにおすすめ使い方と稼ぐやり方

  • 外食におすすめのポイントサイトはここ!お得にうまい、安い、割引で家族も満足

  • SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(5月最新)特典とメリットは?