1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAマイルとSPGアメックスの使い道!80万円以上のハワイ家族旅行が無料! ビジネスクラスもホテルも全部タダ!!

ANAマイルとSPGアメックスの使い道!80万円以上のハワイ家族旅行が無料! ビジネスクラスもホテルも全部タダ!!

「1週間休みがあるからどこか旅行に行かない?」って聞いたら、家族から「ハワイ!」という意見をもらったので家族でハワイ旅行に行くことにしました。

今回、飛行機はANAマイルでビジネスクラスホテルはSPG/マリオットのポイントで宿泊しているので、移動と宿泊に関してはほぼ無料に近い料金で旅行をすることができました。

ホテルは、ハワイの高級ホテルを比較してみたかったので、5泊7日の滞在で毎日違うホテルに泊まってみることにしました。

今回のハワイ旅行で無料にできた航空券とホテルの料金は、80万円以上になりました。

こういった贅沢な旅行ができているのも、マイルがあるおかげとしか言いようがありません。

マイルの貯め方については、初心者から取り組める内容を下記の記事にまとめていますので、合わせてご確認いただけると嬉しいです。

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ANAマイルで特典航空券を発券する為に必要なマイル数は?

ハワイ便をマイルで予約しようと思った場合の必要マイル数ですが、1人あたりエコノミーで40,000マイル、ビジネスクラスで65,000マイルになります。

※レギュラーシーズンのマイル数を適用した場合

マイルで取得すれば、3人分のビジネスクラスは195,000マイルなのですが、直前予約なので当然マイルの特典航空券の空きなんてありません。(子連れでキャンセル待ちのリスクは冒ません)

 

ビジネスクラスの飛行機代は無料

現金購入を考えた場合の料金を確認したところ、ビジネスクラスの航空券は、成田-ホノルルの区間3人分で629,570円でした。

この金額を現金で支払いをするほどの気持ちにはなれませんので、これらの支払いは現金の代替えで、ANA SKYコインを使って支払いをしています。

ANA SKYコインは、ANAマイルから交換をして調達しています。

この支払いをするために、SKYコインに交換したマイル数は400,000マイルです。

「195,000マイルで取れる特典航空券に、400,000マイルも支払いに使うのはアホだろ?」って思うかもしれませんが、これくらいのマイル数であれば、私の場合は1ヶ月で貯まってしまう量なので、気にせず使ってしまいます。

 

支払いをANAスカイコインでする使い方

上述している通り、ANAマイルからSKYコインに交換することが可能です。

ANA SKYコインは、ANAの航空券や旅行ツアーの代金の支払いをお金の代わりに使える電子マネーみたいなもののことを言います。

ANAマイルからの一定量以上の交換と、ANAのゴールドカード以上を利用すると、最大1.6倍の量にしてSKYコインに交換することが可能です。

この場合、1マイル=1.6円の価値になります。

下記は、交換表になります。

なので、現金購入と同じ条件でチケットを購入しているので、629,570円/1.6=393,481マイル以上が必要です。

(629,570円=629,570SKYコインは同じ価値)

40万マイルを交換していますので、

400,000マイル×1.6=640,000SKYコインを得ています。

交換したSKYコインは、そのままハワイ便のビジネスクラスに全部つぎ込んでいます。

支払い履歴は下記の通りです。

行きはANA、帰りはANA便の空きがなかったのでユナイテッド航空のコードシェア便を予約しています。

SKYコインを利用する場合、ANAと提携されているゴールド以上のクレジットカードが必要になります。

SKYコインでの利用を考えた場合、ANAアメックスゴールドが一番のオススメカードになりますでの、カードの詳細はこちらの記事をご参照下さい。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【4/30まで最大9万マイル】特典とメリットは?

 

往路は成田からANAビジネスクラスでハワイへ

往路は成田からANAのビジネスクラスを予約しています。

チェックイン時に、お姉さんに「Seki様、お待ちしておりました」なんて言われると嬉しくなります。

エコノミーとの扱いの差は歴然です。

 

空港ラウンジを使いたい放題

ビジネスクラス以上の搭乗になると、ANAラウンジを利用することができます。

ラウンジでは、軽食を食べられ、お酒も飲み放題です。

フライト前にシャワーを浴びることもできます。

お酒の種類も豊富です。

シャンパンにワインから、ビール、ウイスキー、各種カクテルの原種まで様々なものが揃っています。

知多のウイスキーはものすごい消費量でなくなっていってました。

私が退出する頃には、ボトル自体消えてました…

軽食は、おにぎり、お寿司、サンドイッチ、パン類など炭水化物がメインになっていますが、サラダやミートボールなども置いてありました。

お酒がたくさんあるので、もうちょっとつまみっぽいものを置いてもらえると個人的には嬉しいです。

とりあえず、ビールを飲みながら一通りつまんでみます。

こちらはANA特製のチキンカレーです。

ほかにも、うどんやラーメンなど作りたてを提供してくれます。

時間限定にはなりますが、シェフのにぎりたてのお寿司もいただけます。

ラウンジではお寿司が一番美味しかったと思います。

メニューのバリエーションは色々ありますが、味は普通です。

空港内の混雑したエリアで飛行機を待っているだけで疲れてしまうので、ラウンジ内でゆっくりできる点はとても嬉しいですが、食事は機内で美味しい機内食が待っているので無理に食べなくてもって感じです。

 

ビジネスクラスの機内は快適

ANAビジネスクラスの機内の様子です。

座席はスタッガードシートなので、フルフラットになりゆっくり休めますので非常に快適なフライトを過ごすことができます。

まずは、ウエルカムシャンパンで乾杯です!

出発前にシャンパンを出してもらうだけで、「ビジネスクラスに乗ったなぁ」っていう気分になれます(笑)

機内食は、洋食をいただきました。

メインのスペアリブです。

味は飛行機の中とは思えないクオリティで、美味しかったです。

子供用のメニューも、事前に予約しておくと提供してもらえます。

ちょっとお菓子が多いですが、ウインナーや玉子など子供でも食べやすいメニューになってました。

 

ビジネスクラスANAハワイ便の搭乗記。マイルで値段は無料!?ラウンジや機内食は?(NH184便)

 

復路はコードシェア便でユナイテッド航空のビジネスクラスを利用

復路は、ANAの便に空きがなかったのでユナイテッド航空のビジネスクラスを利用しました。

乗り比べにもなったので、ちょうど良かったかもしれません。

 

空港ラウンジを使いたい放題

ANA同様、ビジネスクラスを利用するとユナイテッド航空のラウンジを利用することができます。

ラウンジ内は、時間の問題もあったかもしれませんが、人も少なく静かでとても過ごしやすかったです。

ホテルで朝食を食べる時間がなかったので、軽めに朝食をいただきました。

味は、まぁ普通です。

やっぱり、搭乗前にラウンジで過ごせるのは、疲れという面に於いて体に優しいです。

誰でも使える空間ではないので、贅沢な気分も味わえます。

 

ビジネスクラスの機内は快適

ビジネスクラスの座席です。

この機材は、めずらしく後ろ向きの座席がある機体です。

広さやフルフラットにした感覚はANAビジネス同等か、こっちのが若干広い気もします。

(ANAのスタッガードシートの寸法がよくわからなかったので実寸比較できず)

ANAよりも、枕元と足元の余裕がこっちの方があるように感じました。

復路でも、出発前はシャンパンをいただき、ビジネスクラスの余韻に浸ります。

息子は、勝手に使いこなしてゲームをやったりアニメを見て楽しそうに過ごしてます。

最近、国際線になれてきて、国内線で画面がないことを不満そうにしているのが、生意気に感じます…

ユナイテッドの機内食です。

帰りも洋食を選択してみました。

メインは、ビーフ、チキン、魚から選択でき、私はビーフを選択。

こちらがそのビーフ料理、牛ショートリブの炙り焼きです。

味は微妙です。

(ちなみに、妻は和食を選択してましたが、そっちも微妙だったそうです。)

機内食に関してはANAが完勝です。

食後の消灯時間になって、フルフラットにしてみました。

ANAと比べ大きな違いはありませんが、なんとなくこっちの方が広い気が…

というのも、枕元と足元の余裕がこっちの方があるように感じました。

寝心地も、敷きマットがあった分ユナイテッドの方が良かったように感じます。

 

ユナイテッド航空のビジネスクラスのマイル搭乗記。機内食、ラウンジは?【ハワイ→成田】

 

滞在は5泊7日、ホテルはSPGアメックスですべてポイント宿泊

ホテルは貯まっているSPGアメックスのポイントで支払いをして、すべて無料にしています。

リゾートフィーだけは別途請求されますので、1泊当たり38USドル払っています。

 

SPGアメックスを持って利用すると、SPG/マリオット系列の世界中のホテルで利用することができます。

ポイントを貯めて無料宿泊もできますし、カードを持っているだけでこれらホテルサービスのゴールド会員のサービスが付帯されてくるので、チェックイン時にお部屋の無料アップグレードサービスなどを受け取ることができます。

持っているだけで年会費以上のメリットを受け取ることができるカードですので、下記の記事をご一読いただけると幸いです。

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(4月最新)特典とメリットは?

 

無料宿泊で、部屋の無料アップグレードを狙う

1日目:シェラトンワイキキ

初日はシェラトンワイキキに宿泊しました。

シェラトンワイキキは、ロイヤルハワイアンセンターの隣、Tギャラリアの正面という立地にあり、ワイキキでも超中心地にあります。

シェラトンに宿泊していれば、徒歩ですべてが完結してしまうくらい便利な場所です。

無料アップグレードで部屋は2ランクアップのオーシャンフロントのお部屋でした。

部屋のベランダからは、海が一望できます。

シェラトンワイキキの特徴は、2つのプールを持っていることにあり、プールと海の境目が見えないようにできている「インフィニティプール」とファミリー向けに作られていて、ワイキキでも最大級のウォータースライダーがある「ヘルモアプール」があります。

この写真は「インフィニティプール」です。

また、ホテルの30階には「クラブラウンジ」があり、このクラブラウンジからの景色もシェラトンに宿泊した際には外せないものになっています。

夕方はサンセットを見ながらワインやビールを楽しむことができ、また朝は朝日を見ながら朝食を楽しむことができます。

観光やプールで一汗かいたあとのビールは、最高にうまいです。

30階からの景色が、ビールの味を何倍も美味しいものに変えてくれました。

シェラトンワイキキは、子連れであったり、海外旅行の慣れていない方にはとても使いやすいホテルとなっていました。

シェラトンワイキキのラウンジやプールは口コミ評判通りか?子連れで宿泊レビュー<SPG>

 

2日目:モアナサーフライダー ウェスティン

2日目はモアナサーフライダー ウェスティンに宿泊しました。

以前は、シェラトンブランドのホテルでしたが、現在はウェスティンブランドのホテルに変更されています。

元は、1901年開業と120年近いワイキキでも歴史あるホテルとなっています。

建物が白を基調とされている点もありますが、お部屋も白をベースに清潔感のある雰囲気でした。

お部屋のアップグレードは、ヒストリックバニヤン デラックスルームへの2ランクアップしていただくことができました。

ビーチは、ホテル宿泊者専用の「モアナ ビーチ」がホテルの目の前に広がっています。

プールもホテル内にありますが、子供とはしゃぐというよりも、大人の為のゆっくりとした時間を過ごすのに相応しいホテルではないかと思います。

その空間の為か、私が宿泊した日は平日でしたが、結婚式をされていたご家族を多数お見かけしました。

モアナサーフライダーにも、クラブラウンジの設定があります。

こちらは1階にありますので、シェラトンの様な高層階からの眺めではなく、ビーチサイドで風にあたりながらのんびり過ごすというような空間になっています。

もちろん、夕方はビールやワインを楽しむことができ、朝は朝食をいただくことができます。

こちらは朝食でいただいた時の写真になります。

一般的なコンチネンタル ブレックファーストですが、トルティーヤなど変わったものも置いてありました。

食材へのこだわりが強いらしく(公式ページに記載)、添加物感のないとても美味しい朝食をいただくことができました。

朝の一番乗りでラウンジに入り、ビーチサイド側の一番の良席を確保してみました。

朝日を見ながらビーチサイドでいただく朝食は、最高に幸せの1日のはじまりでした。

モアナサーフライダーは、あまり子連れ向けの設定をされているホテルではなく、大人向けのホテルとなっているように感じました。

結婚式が多いのも、白を基調としたカラー設定であったり、ホテルのサービス面の部分からなのではないかと思います。

それでも、うちの息子は「モアナにまた来よう」と言っていたので、気に入ってくれたようです。

モアナサーフライダーのラウンジ、お部屋、プール、朝食、気になるお値段は?<SPG宿泊記>

 

3日目:ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクション

3日目はロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションホテルに宿泊しました。

ロイヤルハワイアンも、モアナサーフライダー、ハレクラニと並んで100年級のワイキキで歴史あるホテルの1つとなっています。

前日、前々日のシェラトン、モアナサーフライダーは4つ星だったのに対し、ロイヤルハワイアンは5つ星なので宿泊もとても楽しみでした。

ホテル内の空間の取り方、重厚感から、5つ星だなぁと感じさせてくれる部分がたくさんあります。

ワイキキの密集地でこういった贅沢な空間の作り方は、中々できません。

お部屋のアップグレードは、1ランクアップのヒストリックガーデンルームでした。

できれば、オーシャンフロントにして欲しかったですが、無償なので致し方ありません。

部屋の雰囲気は、今回5泊した中で一番重厚感があり、雰囲気のあるお部屋でした。

息子は、前日まではモアナサーフライダーがお気に入りでしたが、帰国後ですら「またピンクのホテルに行きたい」っていうほど気に入ったようです。

子供でも、4つ星と5つ星の違いがわかるようです(笑)

ホテル内にあるカフェレストランの「サーフラナイ」で昼食と翌日の朝食をいただきました。

ピンクのホテルを強調するかの様な濃いめのピンクのパラソルが雰囲気を作ってくれます。

もちろん、レストランの目の前はワイキキビーチです。

サーフラナイで有名な「ピンクパレス パンケーキ」です。

これを食べるために、ここに訪問した様なもので、ご覧の通り、ピンク色したパンケーキになっています。

ちなみに、このパンケーキは朝食限定になっているので注意が必要です。

この日のディナーは、ロイヤルハワイアンセンター内にあるステーキハウス「ウルフギャング」に行ってきました。

有吉の夏休みでも特集されている有名なステーキ店です。

熟成肉を900℃のオーブンで焼き上げたTボーンステーキは、ハワイに訪れたら一度は食べていただきたい一品です。

これだけの厚みを持ちながら、お肉は柔らかく、とってもジューシーでした。

ロイヤルハワイアンは、歴史ある5つ星ホテルに相応しいホテルでした。

子連れというよりも、大人のホテルという印象で、子供が大きくなったら妻と二人でゆっくり再訪問したいホテルかなと個人的には思いました。

その前に、2015年に新設されたマイラニタワーの宿泊も次回は試してみて、またレポートしていきたいと思います。

ロイヤルハワイアンのプール、朝食、レストラン、ラウンジ、子連れの楽しみ方<ポイント宿泊>

 

4日目:コートヤード ノースショア マリオット

4日目はコートヤード ノースショアに宿泊しました。

このホテルは2015年開業と、新しいホテルになっています。

ホノルルからのアクセスは、バスかレンタカーを使わないと行けない立地になっています。

ホテルの隣には、フキラウマーケットプレイスとポリネシアカルチャーセンターがあります。

新しいホテルなので、全体を通してキレイです。

ホテル自体は高級ホテルというよりも、ちょっと広めのシティホテルという感じになっています。

このホテルに滞在した理由は、ポリネシアカルチャーセンターを思いっきり楽しむために予約を取りました。

ポリネシアカルチャーセンターは、東京ドーム3個分の敷地に、ハワイ・サモア・タヒチ・トンガ・フィジー・アオテアロア(ニュージーランド)の文化を現代に伝えるハワイ有数のテーマパークとなっています。

ワイキキからもホテル送迎のバスツアーがありますので、わざわざノースショア近辺に宿泊しなくても遊びに行くことも可能です。

園内のツアーは、日本人留学生による、日本語でのガイドをしていただくことができますので、とても安心して園内を回ることができます。

私たちが訪問した日は、現地にいる留学生ですら体験したことのない悪天候でしたが、とても親切に対応いただき気持ちよく滞在することができました。

ポリネシアカルチャーセンターの見せ場は、夕食後に行われるイブニングショー「HĀ:ブレス・オブ・ライフ」です。

総勢100名以上のキャストで展開されるショーは迫力満点で、私たちは前から2列目の席を確保していましたので圧巻の連続でした。

ぜひ、このショーを観覧される場合は、前方の席を確保されることをオススメします。

ショーが終わったあとは、キャストと記念撮影をすることができます。

これも、良い思い出になりました。

ノースショアまではレンタカーで移動してましたので、翌日はオアフ島内を車で移動することにしました。

カイルアビーチです。

ここは妻と結婚する前に訪れた思い出のビーチです。

あの時と変わらないエメラルドグリーンの海、そしてここに子供を連れて来ることにるとは当時思いもしていなかったので、なんとも言えない感慨深いものがありました。

ガイドブック等でも有名ですが、ブーツ&キモズのマカダミアナッツソースのパンケーキも私にとっては思い出の味です。

あの時と変わらず、美味しいパンケーキをいただくことができました。

何度でも再訪したくなるカイルアタウンは、思い出が積み重なる町でした。

コートヤード オアフ ノースショアにポイントで無料宿泊。ポリネシアカルチャーセンターからライエ周辺の観光は?

 

5日目:ワイキキビーチ マリオット

5日目は、ハワイ旅行最終日です。

この日は、ワイキキビーチマリオットに宿泊しました。

ワイキキビーチマリオットは、ビーチ側と反対の通り側で2つのタワーを持つホテルです。

お部屋は、無料アップグレードを狙わず、事前にポイント+オプション料金を支払いデラックスオーシャンルームを予約しておきました。

ベランダからのワイキキの景色は圧倒的な絶景で、この景色を目の当たりにした瞬間、感動のあまり涙が出そうになりました。

翌朝、私がベランダに行くと、息子が一人で海を眺めながらチョコレートを食べていました。

子供にも、この景色には感じさせられるものがあったのかもしれません。

早朝のビーチを家族で散歩に行きました。

生花でもらったレイは、持ち帰るわけにもいかず、ゴミ箱に捨てるわけにもいかなかったので、海に返すことにしました。

なんとなく、ハワイとの別れが惜しい時間となりました。

ワイキキビーチマリオットのデラックスオーシャンルームから見渡せるワイキキの景色は、私にとって忘れられない思い出が増えたお部屋でした。

このホテルに宿泊される際は、デラックスオーシャンルームでの宿泊を強くオススメしたいなと思います。

ワイキキビーチマリオットのオーシャンビューの部屋、プールは口コミ通り?<SPG宿泊記>

 

5泊分のホテルの値段はいくら得をしたのか?

5泊とも宿泊にはSPGアメックスのポイントを使って、無料で宿泊をしています。

 

5泊で合計いくら得をしたのか計算してみます。

1日目 シェラトンワイキキ:476USドルを無料で宿泊(50,000ポイント使用)

2日目 モアナサーフライダー:393USドを無料で宿泊(60,000ポイント使用)

3日目 ロイヤルハワイアン:374USドルを無料で宿泊(60,000ポイント使用)

4日目 コートヤード ノースショア:215USドルを無料で宿泊(35,000ポイント使用)

5日目 ワイキキビーチ マリオット:319USドルを無料で宿泊(50,000ポイント使用)

5泊で合計1,777USドル分を無料で宿泊したことになりました。

※別途リゾートフィー38USドルを支払っているので、宿泊費から差し引き、実際に得した金額を算出。

1ドル約112円計算で、199,024円を得したことになります。

今回の宿泊で利用したSPGアメックスのポイントは、合計で255,000ポイントになります。

(予約前に所有していたポイントは284,000ポイントです。)

 

5泊分の高級ホテル宿泊をすべて無料にできたこと、各ホテルでアップグレードやアーリーチェックインのサービスを受けられたのは、SPGアメックスを持っていたからに他なりません。

旅行をする際に、これだけ恩恵を受けられるカードは他を見渡してもありませんので、カードの詳細をぜひご確認下さいますと幸いです。

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(4月最新)特典とメリットは?

 

ANAマイルとSPGアメックスのポイントで行ったハワイ旅行のまとめ

今回のハワイ旅行は、航空券はANA、ユナイテッド航空のビジネスクラスをマイルを利用して無料にしました。(厳密にはANA SKYコインで支払い)

ホテルはSPGアメックスのポイントですべて宿泊をしました。

なので、私の手出しが必要だったのは、ホテルのリゾートフィーとレストラン等の飲食代、観光地の入場料程度でした。

マイルやホテルのポイントを使うことによって総額でいくらの得をしたのかというと、航空券で629,570円ホテルで199,024円でした。

 

総額で、828,594円ということになります。

 

これだけの金額を無料にできたのは、マイルをはじめ各ポイントを大量に貯めているからという理由でしかなり得ません。

マイルというのは、誰にでも貯めることができ、1ポイント当たりの価値が他のポイントとは圧倒的に違う高付加価値のポイントになります。

マイルについての詳しい貯め方や基礎は下記の記事にまとめてありますので、ご参照いただけると嬉しく思います。

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

3,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • ANA SKY コインとは?使い方、貯め方、実はANAマイルよりも使えるメリットがたくさんある!?

  • 沖縄旅行にマイルで毎年無料で行く『2019年版』子連れ家族、カップルの贅沢なツアーおすすめプランは?移住者がオススメする観光地

  • 【体験あり】ANAエクスプレスバスがハワイに導入!電動トロリーの利用条件、乗り場などを解説

  • 【クアラルンプール→羽田】ANAビジネスクラスでマイル旅行記!座席、食事などどうだった?

  • はじめてでも大丈夫!ANAマイルで国際線特典航空券の予約方法をゼロから解説

  • 【年30万マイル以上可能】ANAマイルのポイントサイトでの貯め方!おすすめはハピタス?モッピー?それとも…