1. TOP
  2. ファースト、ビジネスクラス、空港ラウンジ
  3. 【SFC可】台湾桃園国際空港のエバー航空「The Star」は広くて充実した利用しやすいスターアライアンスラウンジ!

【SFC可】台湾桃園国際空港のエバー航空「The Star」は広くて充実した利用しやすいスターアライアンスラウンジ!

台湾桃園国際空港にある、エバー航空が運営している「The Star」に行ってみたので、その時の様子をレビューしてみたいと思います。

台湾桃園国際空港のエバー航空ラウンジ「The Star」を利用してみた

台湾桃園国際空港にANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)で利用できるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジは2つあります。

・エバー航空「The Star」

・シンガポール航空「シルバークリスラウンジ

 

桃園空港は、エバー航空の本拠地なので、ビジネスクラス利用者向け、ファーストクラス利用者向けなどエバー航空ラウンジは同じフロアに4つもあると充実ぶりになります。

ただ、今回はエコノミークラス利用なのでSFCで入れるラウンジのみとなります。

 

利用条件

エバー航空ラウンジの利用条件は下記の通りです。

・エバー航空のビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者

・スターアライアンス加盟航空会社ビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者

・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するインフィニティ マイレージランズのゴールド会員

・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するスターアライアンスゴールドメンバー(SFC含む)

 

日本行きの便の方が利用する場合は、

・ANAまたはエバー航空のビジネスクラスに搭乗

・ANAまたはエバー航空のエコノミークラス搭乗で、ANAのプラチナ会員またはSFC(スーパーフライヤーズカード)を持っている

というのが一般的な利用例になると思います。

 

ちなみに、私はエバー航空のエコノミークラスで那覇空港行きの便でしたが、スターアライアンスゴールドメンバー(ANAプラチナ会員)なのでエバー航空ラウンジ「The Star」への入室が可能となっていました。

↑この日の航空券はこれ。

エバー航空で、香港→台北→沖縄というフライトになってます。

 

ラウンジの場所

エバー航空ラウンジ「The Star」の場所は、第2ターミナルの4階になります。

周辺は、航空会社ラウンジやフードコートなどの密集地になっています。

具体的な場所は、上図の「4番」になります。

同じエリアにあるラウンジは、エバー航空ラウンジが4つ(スターアライアンス)、チャイナエアラインラウンジ(スカイチーム)、プラザ プレミアムラウンジ(プライオリティパス)があります。

ワンワールド系のラウンジは、ターミナル1になるのでこのエリアにはありません。

 

営業時間

営業時間は4:30〜23:30となっています。

 

ラウンジ内の様子

The Starは割と入場制限のゆるいラウンジなので、時間帯によって利用者はかなり多いのでは?と思われます。

ただ、この日は日曜日の13時すぎの訪問でしたが、混雑という状況ではありませんでした。

中はかなりの広さをがありますので、利用したい用途に合わせてシートタイプを選ぶことができます。

上記の様な、ソファータイプのシートが一番多いです。

食事をしっかりしたい人向けのテーブル席も各種用意があります。

カウンタータイプの座席もたくさんあり、ターミナル内の様子を伺うことができます。

大型のテレビとフライトスケジュールモニターが何箇所も設置されていました。

新聞、雑誌など

鍵付きロッカーもあるので、長時間の滞在になる時に安心です。

電源はコンセントだけでなく、USBもあるのが良いです。

 

食事の内容

食事は、ビュッフェ形式となっており、ヌードルバーなどスタッフが調理してくれるコーナーはありません。

またメニュー(この日はランチ)は、中華系の料理が中心になります。

焼きそば、お豆と漬物?の炒め物

カボチャの蒸し物、ブロッコリーと人参の炒め物

豚肉とお豆のトマトソース、ペペロンチーノ的なパスタ

チキンカレーとご飯

蒸籠の中身は肉まんです。

そばは、下記のつゆに入れて食べるみたいです。

そばの出汁つゆ

味噌汁があったは、ANA利用の日本人向けって感じがします。

お豆のスープ。

台湾、香港のラウンジには必ずある感じがします。

手作りのホットドックコーナーです。

ウインナーが自動でくるくる回ってます。

ホットドック用のパンは個装になっているので、トースターで軽く焼いてみました。

ソーセージを挟んでなんてことなく完成です!

先ほどもチラッと写ってますが、パンコーナーです。

種類は少なめです。

隣にある壺には焼き芋が入ってます。

色んな方のブログを拝見していると、これは結構人気らしく品切れになっていることもあるそうです。

サラダコーナーです。

生野菜がしっかり用意されているのはグッドです。

冷蔵ケースの中には、サンドイッチとマカロン、レアチーズケーキなどのデザートが入ってました。

アイスはムーベンピックが食べ放題です。

ビュッフェコーナーの良い位置ですが、お箸やスプーンなどの置き場になっていたのは勿体無いと感じました。

 

ドリンクの内容

ドリンクの内容です。

ワイン、ウイスキー、リキュール各種です。

スパークリングはありませんでした。

その他の飲み物は冷蔵庫からご自由に形式です。

缶ビール、炭酸水、トニックウォーター、ジンジャーエール

コーラ、スプライト、お茶、檸檬茶

コーヒーマシンはMR.BROWNというブランドでした。

どうやら台湾のコーヒーチェーンだそうです。

紅茶はTWININGSです。

 

シャワー

シャワールームも完備されています。

受付で搭乗券と鍵を交換で利用できます。

利用時間は20分とされていて、20分で済ませようとすると結構忙しいです。

シャワーは3タイプの利用ができます。

レインシャワー、ボディシャワー、ハンドシャワーが使えるので、高級ホテルの様な組み合わせです。

シャンプー類はロクシタンがあり、中々嬉しい内容となってました。

洗面エリアです。

L字型の作りになっています。

アメニティは、髭剃りがありませんでした。

ただ、ロクシタンのボディーローションや、お持ち帰り用で3LABのハンドクリームやリップなどがあり、飛行機の乾燥対策グッズが充実している印象でした。

中々いい感じです。

 

まとめ

台湾桃園国際空港にあるエバー航空ラウンジ「The Star」に行ってみました。

SFCでも利用できるので、近場の台湾ということもあってビジネスクラスに乗らなくて入れるのもメリットになると思います。

中は広く、食事のメニューも中華系のメニューを中心に充実していました。

個人的にはシャワールームの内容が良かったです。

近くでSFC所有で利用ができるラウンジは、シンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」があるので、両方の混雑を見ながらゆっくりできそうなラウンジを選べるのも良いと思います。

実際に、食事を「シルバークリスラウンジ」でして、「The Star」ではアイスクリームとコーヒーをいただくデザートタイムとして利用しました。

 

以上、台湾桃園国際空港のエバー航空ラウンジ「The Star」のレポートになります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

スーパーフライヤーズカード(SFC)比較【2019年版】特典からオススメするメリットあるANAカードは?

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

4,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【関空発】シンガポールエアライン A380ファーストクラスにマイルで搭乗!食事、アメニティ、機内サービスを全部レポート!!

  • 【A380フライングホヌ】ANAビジネスクラス搭乗記ブログ(ホノルル→成田)機内食、座席をレビュー

  • 成田空港 アメリカン航空のラウンジ(アドミラルズクラブ)はオススメできる?サクララウンジと比較してどう?

  • キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」に行ってみた

  • シンガポール チャンギ国際空港「シルバークリスラウンジ」はビジネスクラス利用限定!シャワー、食事をレビュー

  • 【現地取材】那覇空港が新ターミナルへリニューアル!LCC・国際線カウンター移転とレストラン、お土産屋の大拡張