1. TOP
  2. クレジットカード
  3. 【10月最新】ダイナースクラブカードをポイントサイトからお得に入会する!年会費やレストラン特典は?

【10月最新】ダイナースクラブカードをポイントサイトからお得に入会する!年会費やレストラン特典は?

日本で一番最初のクレジットカードと言われているダイナースクラブカードですが、ポイントサイトや公式サイトでのキャンペーンが復活しましたので、この記事では現在最もお得なお申し込み方法と、カードのメリットをご紹介していきたいと思います。

ダイナースクラブカードが最もお得な入会キャンペーン

ポイントサイト経由からの申し込み比較

主要4ポイントサイトを比較してみました。(2019年10月1日現在)

ポイントサイト名 ポイント数 円換算
ハピタス 15,000pt 15,000円
ECナビ 200,000pt 20,000円
げん玉 175,000pt 17,500円
モッピー 15,000pt 15,000円

ということで、現状ではどこのポイントサイトもバブルの様な大盤振る舞い中です。

(未掲載サイト含め、100サイト確認しています)

そんな中、ECナビが群を抜いて高額キャンペーンを開催中です。

↓ECナビの登録はこちらからできます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 

現在開催中のキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、2019年10月1日から2020年3月31日お申し込み分までとなります。

抽選で、サムソナイトのスーツケースが当たります。

さらに、

入会で「オリジナル ラゲッジタグ」がもらえます。

キャンペーンポイントは

①入会3カ月以内に25万円の利用で5,000ポイント

②入会3カ月以内に50万円の利用で20,000ポイント

③②の達成で5,000ポイント獲得

合計30,000ポイント獲得となります。

 

コンパニオンカードのサービスが追加(7月23日から)

その変わり、ダイナースはコンパニオンカードというものを付帯カードとして無料で発行することを発表しています。

コンパニオンカードについて詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

ダイナースクラブ(プレミアム)に コンパニオンカード誕生で一発逆転!?年会費やメリットはどうなってる?

ダイナースクラブ(プレミアム)に コンパニオンカード誕生で一発逆転!?年会費やメリットはどうなってる?

 

ダイナースクラブカードの使い方

ダイナースクラブカードの発行会社は、現在シティグループから三井住友トラストクラブに変更されています。

国内ではJCBとの提携がされており、9割方のJCB加盟店で利用が可能となっています。

(JCB加盟店でも稀に使えないお店があります…)

 

年会費は?

年会費は22,000円+税となっています。

家族カードは、5,000円+税で発行可能です。

発行年齢の目安は27歳以上となっています。

 

エグゼクティブダイニングでレストラン無料

エグゼクティブダイニングとは?

このサービスは、国内300店以上の高級レストランの利用料金が1名分無料になるというサービスです。(1名分のコース料金、約1〜3万円分が無料!)

2〜5名の利用であれば1名分、6名以上の利用であれば、2名分が無料になります。

メニューは予め決まっているのですが、決して安いサービスが提供されるのではなく、そのレストランでオススメのコースが無料になります。

中には、ミシュランの星を獲得しているお店も掲載されていますので、年に2回利用すれば、カードの年会費分は十分に回収することができます。

ランチのコースが対象のレストランもあり、家族利用はもちろん、デートや記念日など豪華な食事をしたいときにオススメです。

エグゼクティブ ダイニングの対象店舗一覧はこちら

 

「鉄板焼 いちか」を利用してみた

料理中のファイヤーがすごかったです!

 

ダイナースクラブごひいき予約

キャンセルが発生した場合、ダイナースクラブが買い取り、ダイナースクラブLINE公式アカウントを通して即時通知・再販をするサービスです。
公式LINEからは、毎日1〜3件程度の再販通知が届きます。

ダイナースカードのポイント制度について

ポイントの還元率は?貯め方は?

ポイントは、100円1ポイント(還元率1%)で貯めることができ、貯めたポイントの有効期限はありません。

 

ポイントーモールとは?

ダイナースクラブ ポイントーモールというものがあり、加盟店の利用でポイントアップを受けることができます。

 

ポイントアップ加盟店について

加盟店舗数は250以上となっており、日用の利用から、ギフト、レストラン、ホテル、旅行予約など様々なサービスが揃っています。

私は、よくホテルの予約サービスでのポイントアップを利用しています。

 

ポイントの交換について

ポイントの交換は、いつでも好きな時に交換することができます。

交換できる商品は、お肉、魚介製品、お米などの食品から家電まで様々なものが揃っています。

また、交換する商品がなければ、カードの支払いに充当することも可能です。

 

マイルへの交換はできるのか?

航空会社のマイルへの交換は、ダイナース グローバル マイレージに加入をすれば交換が可能です。

別途年間参加料として、6,000円がかかります。

交換ができる航空会社は5社となっています。

・ANA(全日本空輸):年間80,000マイルまで

・デルタ航空:年間100,000マイルまで

・ユナイテッド航空:年間100,000マイルまで

・大韓航空:年間100,000マイルまで

・アリタリア-イタリア航空:年間100,000マイルまで

 

充実の旅行保険制度

海外旅行保険

さすがはダイナースというところですが、ほとんどの海外旅行保険の補償は自動付帯となっています。

家族会員だと減額されるケースが他のカードだとあるのですが、ダイナースではそれがありません。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円(5,000万円は自動付帯)
  • 傷害治療費用:300万円(自動付帯)
  • 疾病治療費用:300万円(自動付帯)
  • 賠償責任:1億円(自動付帯)
  • 携行品損害:50万円(自動付帯)
  • 救援者費用:300万円(自動付帯)

国内旅行保険

国内旅行保険の場合は、利用付帯となってますのでご注意ください。

ダイナースカードでの旅行代金の決済をすることが利用条件になります。

  • 死亡・後遺障害:最高1億円
  • 入院:日額1万円(自動付帯)
  • 手術:手術に応じて10万円〜40万円
  • 通院:日額3000円

 

空港ラウンジサービス

ダイナースの空港ラウンジサービスは、世界中で利用が可能となっており、約750カ所の会員ラウンジが無料で利用可能です。

家族会員も、無料で利用可能です。

同伴者のみ有料の扱いになります。

アメックスのゴールド以上やVISA、JCBのプラチナクラスのカードになると、プライオリティパスが無料で持てるサービスがありますが、ダイナースの場合プライオリティパスを持たなくても海外の空港ラウンジが利用可能となっています。

国内では、28空港46カ所のラウンジが利用可能です。

こちらは、上海浦東国際空港のラウンジにて。

こちらは、大阪伊丹空港のラウンジオーサカにて。

 

その他のサービス

ステータス性だけでなく、細かなサービスがたくさんあり、使いこなすのも大変です。

全部紹介しても、正直わからなくなってしまうと思いますので、代表的なものをピックアップしてご紹介します。

 

海外クラブホテルズ

世界中の提携ホテルで割引や特別な優待サービスを受けることができる、「クラブホテルズ」を用意されています。

一部では、無料のお部屋アップグレードなどがあり、ゴールドクラスのカードとしては一脱した内容となっています。

国内クラブホテルズサービスもあります。

・優待価格での宿泊

・部屋のアップグレード

・特別宿泊プラン

・レストラン優待

・スパの優待

・ホテル内の割引

など

 

ショッピング・リカバリー

ダイナースカードで購入の商品を、購入日から90日以内に誤って破損してしまったり盗難などに遭った場合、年間500万円まで補償をしてもらうことができます。

年間500万円までという限度額は、中々高めの設定になっていますので、高級品であっても安心して買い物ができると思います。

国内・海外どちらでも対象となっています。

また、プレゼントした商品であっても補償の対象となっています。

 

海外トラベルデスク

旅行に関する相談を旅先からでもすることができます。

観光案内から各種サービスの手配、トラブル時のアドバイスまで、海外現地であっても日本語でサポートをしてもらうことができます。

 

海外緊急アシスタンスサービス

海外旅行中の急な病気やケガをした場合に、海外旅行保険に付帯するサービスのひとつで、24時間の緊急医療相談をすることができるサービスです。

そのまま旅行保険を利用することになると思いますので、病気、ケガで困った時にはすぐに電話1本で必要なことが済んでしまうサービスです。

東京海上日動が提携している病院があれば、その場で自己負担することなく治療を受けることもできます。

 

国内屈指のゴルフ場優待サービス

ゴルフをする方にとってはこれも嬉しいサービス内容になっています。

ゴルフ関連の優待としては、

  • 名門ゴルフ場優待予約
  • プライベートレッスン優待
  • ゴルフ練習場優待
  • フィッティングサービス優待

があり、ダイナースクラブのゴルフデスク経由で予約をすると、5,000円引きでプレーを楽しむことができます。

全国の優待が受けられるゴルフ場は、北海道から沖縄まで全国の有名な約100ゴルフ場(非公開コース含む)がありますので、どこに旅行に行ってもゴルフを楽しむことができます。

優待は月1回、1組3名以上での申込みが必要になります。

もちろん、プライベートレッスンや練習場優待、フィッティングサービスでも割引を受けることができます。

ゴルフ好きの方には、かなり最高な特典となります。

 

手荷物宅配&空港送迎タクシー

海外から帰国した際に、スーツケース等の荷物1個を対象空港からご指定の場所まで届けてくれます。トラベルデスクで海外旅行を予約した場合には、空港までのタクシーを片道分の優遇サービスも受けることができます。

 

ダイナースクラブカードおすすめの作り方まとめ

ステータス性が高く、様々な付帯サービスのあるダイナースクラブカードをご紹介してきました。

ダイナースという名前の通り、レストラン系のサービスは他のカードよりも充実度が高いのが特徴です。

エグゼクティブ ダイニングは、高級レストランのお食事代が1名無料になりますので、カードを持ったらぜひご体験をしていただきたいサービスです。

細かな付帯サービスはまだまだたくさんあるのですが、書き過ぎて読みきれない、覚えきれないとなってしまってもカードを持つモチベーションが下がるだけですので、主だったサービスのみ掲載させていただきました。

 

最もお得なお申し込みはポイントサイト経由でのお申し込みとなります。

↓ECナビの登録はこちらからできます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

ダイナースクラブ(プレミアム)に コンパニオンカード誕生で一発逆転!?年会費やメリットはどうなってる?

【マイルの貯め方】ANA、JALのオススメの貯め方!初心者は高額案件抜きで10万マイルを目指してみよう

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

3,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • セブンカード プラス申込みキャンペーンとポイントサイトは?《10月:1万円相当》6.5%還元の使い方

  • 三井住友VISAカード新規入会で20%キャッシュバック&お買い物がタダになるキャンペーン開催中!

  • ANA VISA nimocaカードのお得なポイントサイトと新規申し込みキャンペーンは?使えるソラチカ代替ルートは?【2019年10月】

  • 【10月:31,000円】JCBカードW plus Lがお得なポイントサイトは!?女性限定の嬉しいサービス、JCB Wとの違いを比較

  • 楽天プレミアムカードの入会キャンペーン【10月】最大10,000ポイント獲得!プライオリティパス無料は超絶メリット

  • 【10月:5.8万マイル以上】ソラチカカードがお得なポイントサイトとキャンペーン!マイ友経由のオススメな作り方