1. TOP
  2. ファースト、ビジネスクラス、空港ラウンジ
  3. 関西空港の「ぼてぢゅう」はプライオリティパスで3,400円分の無料飲食ができて超絶お得!

関西空港の「ぼてぢゅう」はプライオリティパスで3,400円分の無料飲食ができて超絶お得!

関空にプライオリティパスで利用できるレストランがあるということで、行ってみました。

プライオリティパスは空港ラウンジを利用するための会員サービスですが、レストランで利用できるのは日本初になります。

コスパが最高に良く、満足度も高いのでぜひ行ってみてください。

完全無料で飲食できる方法も記載しておきます。

関空の「ぼてぢゅう」はプライオリティパスで3,400円まで無料

関空の3階レストラン・ショッピングフロアにある「ぼてぢゅう」でプライオリティパスが使えるとのこと。

しかも、プライオリティパスの提示で3,400円までの飲食代が無料になります。

3,400円を超えた分は端数を払えばOKです。

 

ぼてぢゅうとは?

ぼてぢゅうは、大阪 道頓堀に本店を置くお好み焼きの飲食チェーン店になります。

店名は、お好み焼きを「ぼて」と返し、「ぢゅう」と焼くリズムに由来するそうです。

ぼてぢゅうグループ

 

プライオリティパスとは?

イギリスに本社を置く、世界中の空港にある1,200以上のラウンジサービスを提供してくれる会員サービスになります。

会員には3つの種類があり、年会費$99〜$429で区別されています。

日本には4つの空港に対象となるラウンジがあります。

・成田国際空港

・中部国際空港

・関西国際空港

・福岡空港

基本的には、どの空港も国際線の保安検査場を通過した後にあります。

日本で保安検査場の外にあるのは、関西国際空港にある「ぼてぢゅう」と大韓航空の「KALラウンジ」の2つになります。(2019年3月時点)

 

関空のぼてぢゅうの場所と営業時間

場所

場所は関西空港第1ビル3階の下図の赤枠の所になります。

 

営業時間、座席数

営業時間と座席数は下記の通りになります。

7:00〜22:00(LO:21:30)

モーニングは7:00〜10:00まで

座席数:52席

 

利用条件、利用範囲

店の入口に来ると、プライオリティパスでの利用条件が4ヶ国語で説明が書かれています。(日本語、英語、中国語、韓国語)

利用条件に関しては、公式サイトにこう書かれています。

カード保持者様はラウンジご利用の会員資格として、ご請求額から3,400円(JPY)の割引を受けられます。3,400円(JPY)の割引1回分は、カード保持者の方がお持ちのラウンジのご利用可能回数内でのラウンジ訪問1回分に相当します。ご利用の条件によっては、指定の料金をカード保持者の方に請求いたします。例えば、カード保持者の方が同伴者1名を登録された場合、ご請求額からJPY6,800の割引を受けられます。これはアカウント上では、カード保持者様1名分のご利用 + 同伴者様1名分のご利用という内訳のご請求となります。受付では1度にカード保持者につき1枚のカードをご利用になれます。プライオリティパス「ぼてぢゅう」

 

どういうことかというと、プライオリティパスでラウンジを利用した場合の通常料金は$32となっています。

基本はプライオリティパス1枚につき1人が利用できます。(一部のプラチナカード等は複数名での利用も可能)

つまり、飲食店利用なのですが、名目は空港ラウンジに入場しているのと同じ扱いになりますので、2人で利用する場合は2人分のプライオリティパスが必要になるということになります。

「プライオリティパスがあるから、2人で行って3,400円分食べよう」というのは成り立ちません。

2人分のプライオリティパスで利用した場合、それぞれ3,400円ずつになるので2人で6,800円分食べられるということになります。

 

注文できるものに制限はなく、メニューにあるものであれば何でも注文が可能です。

3,400円以下になった場合、差額の返金はありません。

また、3,400円を超えた場合は、不足分を支払えば飲食することができます。

 

国内線、国際線どっちで利用できる?

関空の「ぼてぢゅう」の利点は、保安検査場の外にあることもあり、国際線だけでなく、国内線の利用でも飲食することができます。

注意点は、到着後では利用することができません

国際線、国内線いずれも出発時のみの利用で、搭乗券の提示が必要になります。

↑国内線搭乗で利用してます。(プレミアムクラスのロゴが国内線の証拠です)

 

混み具合はどう?

プライオリティパスで無料飲食ができる!

関西にあるお好み焼き、たこ焼きの専門店なので、基本的にいつでも混んでます。

ここの前を何回か通過したことありますが、他店に比べてここだけいつも行列ができている印象です。

ちなみに、私が訪問したのは土曜日の17:30頃でしたが、10分待ちで入れました。

上記の写真は食べ終わって退店した、18:30頃の様子で、私が並んだ時の倍以上の行列になってました。

お昼や夕食のピークタイムは、相当な行列になることが考えられますので、飛行機の時間にかなり余裕を持って来ないと危険です。(特に国際線は手続きが多いので)

お好み焼きは注文してから作り始める為、出来上がりまで20〜30分かかるのも考慮しておいた方がいいです。

また、お客さんの客層は、外国人比率の方が高く、3:7くらい?で、プライオリティパスで飲食されている方が多い印象を受けました。

私が見ていた限りでは、外国人はプライオリティパスで利用して、日本人は現金で払っていたのが特徴でした。

私の両脇にも外国の方がいて、いずれもプライオリティパスを利用してました。

たまたまだったのかもしれませんが、日本人のカードサービスの使い方の下手さ加減が浮き彫りになっているのを垣間見た気がします。

 

3,400円で注文できるもの

メニュー

すべてではありませんが、一部メニューをご紹介したいと思います。

お好み焼きだけでなく、関西の名物が一通り揃ったメニューとなってます。

下記を見ても、あかし焼きや、どて煮なんかもあります。

たこ焼きと、大阪名物の串カツもあります。

とんぺい焼き、焼きそば、ねぎ焼きなどの他に、鉄板焼きのステーキなんかもあります。

ドリンクも、ソフトドリンクだけでなく、アルコールも注文が可能です。

 

注文したもの、お会計

注文をすると、プライオリティパスのスキャンを取りにきます。

カードを通して、サインをすれば完了です。

ひとまず、エクストラコールドで1人乾杯です。

テーブルのソースたちです。

お好みソースの他に、削り節、あおのり、どろ辛口ソース、ラー油、黒七味、ガーリック一味がありました。

メインの大阪月見デラックス焼きです。

具は海鮮(イカ、エビ、あさり?)と豚肉が入っていて、ふんわりした焼き方になっていて、味は見た目ほど濃くないというより、結構薄味になってました。

ビールに合ってとても美味しかったです。

1人の利用、このあとプレミアムクラスで機内食が出ることを考えて、お好み焼き1品とビール1杯の控えめのオーダーにしましたが、割とお腹いっぱいになってしまいました。

金額は合計で2,452円でしたので、お腹に余裕があればもう一品頼めそうです。

この味、量が無料になるのはとても満足度が高く、大阪に来た時の定番になりそうです。

次回は飛行機の食事なしにして、焼きそば、たこ焼き、ステーキあたりに挑戦してみようと思います。

 

プライオリティパス発行におすすめのクレジットカード

プライオリティパスは通常に申し込みをすると3つの会員プランから申し込みをすることができます。

ただ、スタンダード会員で$99ドルの年会費、利用の度に$32かかります。

これでは、ぼてぢゅうが無料になるメリットがまったくありません。

すべて無料になるプレステージ会員の場合、$429ドルの年会費(約45,000円)がかかりますので、こちらも元を取るのが大変です。

なので、プライオリティパスの発行は正規で申し込みをするのではなく、クレジットカードの付帯サービスをして利用するのがオススメになります。

この記事ではオススメのカード2枚を紹介させていただきます。

 

アメックスゴールド

アメックスゴールドは通常年会費29,000円+税と高価なカードですが、ネットからの紹介申し込み限定で、初年度年会費無料で申し込みができます。

アメックスゴールドは、プライオリティパスのスタンダード会員が付帯されており、年2回まで無料で利用することができます。($32のラウンジ利用2回まで)

しかも、家族カードも初年度年会費(12,000円)が無料になり、家族カードでもプライオリティパスを発行することができます。

つまり、年2回まで夫婦でぼてぢゅうを完全無料で利用することができるので、試してみたいという場合におすすめです。

関空なら、KALラウンジもプライオリティパスで利用することができます。

アメックスゴールド入会特典を比較!年会費無料と4.3万ポイントの申込みはどっちがおすすめ?

 

楽天プレミアムカード

もう1枚は楽天プレミアムカードです。

こちらは年会費10,000円+税で、プライオリティパスのプレステージ会員を無料で発行することができます。

プレステージ会員であれば、ぼてぢゅうでも、空港ラウンジでも回数制限なく何度でも利用することが可能になります。

プレステージ会員は年会費$429なので約45,000円相当になりますが、これを1万円のクレジットカードで発行が可能なので、非常にコスパが高いです。

ただし、年会費が安いので、家族カードでプライオリティパスの発行はできません。

同伴者も無料にはなりません。

ですが、夫婦でプライオリティパスを持つために2枚楽天プレミアムカードを発行しても年会費は20,000円+税で約90,000円相当のサービスが無料になりますので、使い方次第では相当の得ができる可能性があります。

楽天プレミアムカードの入会キャンペーン【3月】最大10,000ポイント獲得!プライオリティパス無料は超絶メリット

 

まとめ

関西空港にあるお好み焼き店「ぼてぢゅう」にプライオリティパスを利用して無料で飲食してきました。

プライオリティパスは基本は空港ラウンジを利用できるサービスですが、日本では唯一関西空港のぼてじゅうがレストランの飲食で利用することができます。

プライオリティパスの提示で3,400円分の飲食代が無料になり、1人では食べきれないくらいの金額を無料で使うことができます。

プライオリティパスは、通常に申し込むと年会費や利用料金がかかりますが、クレジットカードの付帯サービスを利用することによってお得に持つことができます。

プライオリティパスが付帯されているクレジットカードはたくさんあります。

その中で特におすすめなのは、初年度完全無料で使えるアメックスゴールド、プライオリティパスのプレステージ会員を年会費1万円のカードで持てる楽天プレミアムカードあたりから選んでおけば間違いはないと思います。

この記事がプライオリティパスの使い方や持ち方の参考になれば幸いです。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの錬金術師の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの錬金術師の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【クアラルンプール→羽田】ANAビジネスクラスでマイル旅行記!座席、食事などどうだった?

  • クアラルンプール国際空港ゴールデンラウンジのレポート!食事、シャワー、仮眠とか全部解説

  • ユナイテッド航空のビジネスクラスのマイル搭乗記。機内食、ラウンジは?【ハワイ→成田】

  • 【羽田→マレーシア】ANAビジネスクラスにマイル搭乗記!ラウンジ、アメニティ、機内食は?

  • 【現地取材】那覇空港が新ターミナルへリニューアル!LCC・国際線カウンター移転とレストラン、お土産屋の大拡張

  • シルバークリスラウンジ(ファースト) チャンギ国際空港T3 シンガポールファーストクラス搭乗前訪問でぶっ飛び体験!