1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAダイナースの入会キャンペーン【4月:84,000マイル】申し込み方法と5つのメリットをご紹介

ANAダイナースの入会キャンペーン【4月:84,000マイル】申し込み方法と5つのメリットをご紹介

私はクレジットカード最高峰のひとつ、ANAダイナース プレミアムカードを所持しており、ダイナースカードの魅力を知り尽くしています。

(ANA)ダイナース プレミアムカードを作成するには、まずANAダイナースカードを所持して、一定の実績を作りインビテーションが来ることによって所持することができます。

今回は、ANAダイナース プレミアムカードを所持するために必須の、ANAダイナースカードの最もお得な申し込み方法と魅力をお伝えしていきます。

 

ANAダイナースカードの年会費は27,000円+税

と高額な年会費が設定されていますが、上級会員にふさわしいステータスと会員特典が用意されています。

ANAダイナースカードが最もお得な入会キャンペーン

公式から最大82,000マイル相当獲得のキャンペーン開始

カードの申し込みは1月15日〜4月30日までとなっています。

ポイントの獲得条件は下記の通りです。

 

ANA開催のキャンペーン

新規入会で2,000マイル

新規入会とキャンペーン登録で2,000マイル

ANAのキャンペーン参加はこちらから

③集計期間内(だいたい発行から2ヶ月)50万円以上の利用で、15,000マイル相当のポイント

④ANAカードファミリーマイルに登録で1,000マイル

 

ダイナースが開催しているキャンペーン

入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で16,000マイル

入会後3ヶ月以内更に50万円以上の利用で(合計100万円以上ということ)32,000マイル相当のポイント

⑦キャンペーン期間中に、家族カードとビジネスアカウントカードの追加入会で4,000マイル相当のポイント

⑤と⑥の利用金額に応じたポイント(100万円利用なら、10,000マイル相当のポイント)

 

①〜⑦の合計で獲得できるキャンペーンポイントは82,000マイル相当になります。

 

本サイトからの申し込みは、各キャンペーンを全取りできる

本サイトから申し込みをされた場合、

新規入会の上記のキャンペーン以外に、+2,000マイルがもらえます。

(継続時の2,000マイルも毎年もらえます。)

 

ぜひ、この記事を読み進めて、新規入会マイル+このサイトからのお申し込みでもらえる+2,000マイルのボーナスマイルを手に入れてください!

 

ボーナスマイルをもらう為の申し込み方法

現在公式サイト以上にボーナスマイルをもらう唯一の新規申し込み方法は、ANAカードが開催している「マイ友プログラム」のキャンペーンを利用します。

「ANAダイナースカード」もこの「マイ友プログラム」の対象になっていますので、このサイトから申し込むことで「ANAゴールドカード」の2,000マイルがプレゼントされます。

 

[ご注意]

「マイ友プログラム」にご登録してから「ANAダイナースカード」をお申し込みください。逆からお申し込みされるとボーナスマイルをもらうことができません。

 

①マイ友プログラムのページに移動

+2,000マイルのボーナスをもらうには、本サイトからマイ友プログラムに登録します。

 

 

移動をしたら、オレンジ色の「登録用ページ」をクリックする。

 

②紹介者の名前と紹介者の番号を入力

紹介者情報を入力する欄がありますので、下記の様にご入力ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

ボーナスマイルを受け取るために、必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)をANAにお知らせする必要がありますのでご注意ください。

 

登録者情報の欄には、あなたの「氏名」と「生年月日」をご入力ください。

 

登録後、下記の様な画面にまりますので「ANAカードにご入会」をクリックします。

上から16番目くらいに「ANAダイナースクラブカード」が出てきますので、選択して必要事項を入力すれば申し込み完了です。

マイ友プログラムに登録して、カードの発行を行うとマイ友プログラムのポイントも獲得できるので、二重にポイントを獲得することができます。

なので、この場合は、最大84,000マイル獲得ということになります。

 

マイ友プログラムの詳細や注意事項につきましては、下記よりご確認ください。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

 

ポイントサイトへの掲載はないの?

残念ながら、ANAダイナースカードはポイントサイトの掲載は現在ありません。

ポイントサイトからお申し込みができるのは「ダイナースクラブカード」のみになります。

ダイナースクラブカードをポイントサイトからお得に入会する【2019年4月】年会費やレストラン特典は?

 

ANAダイナースカードの豊富なサービス

ANAマイルがザクザク貯まる

ANAダイナースカードのポイント還元率は1%です。(100円=1ポイント)

このポイントは、ANAマイルに移行する際の上限設定がありません(プロパーのダイナースカードは年間8万ポイントまで)

プロパーのダイナースカードではダイナースグローバルマイレージ(年6000円+税)に登録する必要がありますが、ANAダイナースカードではその必要もありません。

ダイナースクラブリワードポイントには、有効期限がありませんので、ポイントを使うことに追われることもなく、ご自身のペースで貯めて、使うことができます。

また、ANAグループ便に搭乗した際のボーナスマイル(区間基本マイル+25%)がもらうことができます。

Edyチャージをした際にも200円=1マイル貯めることができますので、Edyをよく利用される方にも嬉しいサービスだと思います。

 

国内/海外600以上のラウンジが無料で利用可能

空港のラウンジサービスを利用する場合、ほとんどの方はプライオリティーパスを申し込みされると思います。

ANAダイナースカードは、利用出来るラウンジの総数としてはプライオリティーパスに負けてしまう部分はありますが、日本人が利用するには十分な数のラウンジを無料で利用することができコスパの面で優れています。

ANAダイナース プライオリティーパス
国内ラウンジ 28空港(47ヶ所) 約30空港
海外ラウンジ 600ヶ所以上 1000ヶ所以上
年会費 27,000円+税 回数無制限で利用 $429
ラウンジ利用料金 会員:無料 同伴者:有料 会員:無料 同伴者:無料〜$29

※プライオリティーパスは、申込むクレジットによっては、10,000円〜取得することも可能

 

上図の通りとなりますが、国内の空港ラウンジに於いては申し分のないサービス内容となっています。

海外の空港ラウンジに関しても、ほとんどの空港をカバーされており、空港内で使える、使えないの差がある程度です。

※サンフランシスコ国際空港、グアム国際空港はダイナース系の提携がありません。

 

よって、プライオリティーパスを別途持つ必要のないANAダイナースカードは、年会費$429のプライオリティーパスを持つよりもお得だと言えます。

 

エグゼクティブ ダイニングで高級レストラン予約で1名分のお食事無料サービス

ANAダイナースカードにはエクゼクティブダイニングというサービスが付帯されます。

このサービスは、国内200以上の高級レストランの利用料金が1名無料になるという驚きのサービスです。(1名分のコース料金、約2〜3万円分が無料!)

2〜5名の利用であれば1名分、6名以上の利用であれば、2名分が無料になります。

「どうせ、一番安いコースなんでしょ?」って普通は思うかもしれませんが、なんとそのレストランでオススメのコースが無料になります。

中には、ミシュランの星を獲得しているお店も掲載されていますので、年に2回利用すれば、カードの年会費分は十分に回収することができます。

ランチのコースが対象のレストランもあり、家族利用はもちろん、デートや記念日など豪華な食事をしたいときにオススメです。

 

「鉄板焼 いちか」に行ってきました。

 

充実の旅行補償&手荷物宅配、タクシー送迎サービス

国内旅行と海外旅行とで補償内容が異なりますが、ほとんどが自動付帯となっていることがサービスとして大きいです。

※自動付帯=ANAダイナースカードを使わなくても補償される。

→一部が利用付帯となっている部分があります。

 

海外旅行での補償内容

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円(5,000万円は自動付帯)
  • 傷害治療費用:300万円(自動付帯)
  • 疾病治療費用:300万円(自動付帯)
  • 賠償責任:1億円(自動付帯)
  • 携行品損害:50万円(自動付帯)
  • 救援者費用:300万円(自動付帯)

 

国内旅行での補償内容

  • 死亡・後遺障害:最高1億円
  • 入院:日額1万円(自動付帯)
  • 手術:手術に応じて10万円〜40万円
  • 通院:日額3000円

 

補償の適用条件

海外、国内共に自動付帯になっているところがANAダイナースカードの素晴らしいところになっています。

ただ、国内旅行保険の一部が利用付帯となっている為、適用条件を簡単にまとめてみました。

  • 公共交通機関費用をANAダイナースカードで支払い乗車中に事故に遭遇した場合
  • ホテルや旅館等をANAダイナースカードで支払いその宿泊先で火災が発生した場合
  • 宿泊を伴う旅行会社が企画したツアー費用をANAダイナースカードで支払った場合

旅行保険の自動付帯サービスは、ANAダイナースカードの大きな魅力の一つとなっています。旅行に行くたびに保険に加入していては、安心は増えるものの出費は増えるばかりです。

 

手荷物宅配&タクシー送迎もある

海外から帰国した際に、スーツケース等の荷物1個を対象空港からご指定の場所まで届けてくれます。トラベルデスクで海外旅行を予約した場合には、空港までのタクシーを片道分の優遇サービスも受けることができます。

 

国内屈指のゴルフ場優待サービス

ゴルフをする方にとってはこれも嬉しいサービス内容になっています。

ゴルフ関連の優待としては、

  • 名門ゴルフ場優待予約
  • プライベートレッスン優待
  • ゴルフ練習場優待
  • フィッティングサービス優待

があり、ダイナースクラブのゴルフデスク経由で予約をすると、5,000円引きでプレーを楽しむことができます。

全国の優待が受けられるゴルフ場は、北海道から沖縄まで全国の有名な約100ゴルフ場(非公開コース含む)がありますので、どこに旅行に行ってもゴルフを楽しむことができます。

優待は月1回、1組3名以上での申込みが必要になります。

もちろん、プライベートレッスンや練習場優待、フィッティングサービスでも割引を受けることができます。

ゴルフ好きの方には、かなり最高な特典となります。

 

ANAダイナースカードのお得な申し込み方とまとめ

ANAダイナースカードを新規申し込みをするのに、最もお得な方法は、「マイ友プログラム」を利用しての申し込みになります。

紹介者情報を入力する欄がありますので、下記の様にご入力ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

ボーナスマイルを受け取るために、必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)をANAにお知らせする必要がありますのでご注意ください。

登録者情報の欄には、あなたの「氏名」と「生年月日」をご入力ください。

 

マイ友プログラムを利用すると、公式キャンペーン+ANA開催キャンペーン82,000マイルのほかに、2,000マイルのボーナスを受け取ることができます(2,000マイルは20万円決済相当)

 

ANAダイナースカードの嬉しい特典は主に5つです。

  • ANAマイルが貯まる。(ポイント移行に上限なし)
  • 国内/海外 600以上の空港ラウンジを無料で利用できる
  • 旅行補償が自動付帯になっている
  • 高級レストラン1名無料のエグゼクティブダイニングサービスがある
  • 全国有名なゴルフ場優待サービスがある

 

各サービスを利用すれば、年会費27,000円+税も決して高いものではありません。

また、ANAダイナース プレミアムカードを手に入れるには、ANAダイナースカードを利用して実績を積み上げるしかありません。

ANAダイナース プレミアムカードは、ANAマイル還元率1.5%、ステータス、会員特典も更に充実し、すべてに於いて最高峰です。

ANAダイナース プレミアムカードに興味がある方は、こちらの記事もご参照ください。

(ANAダイナースプレミアムは現在新規の発行ができなくなっています。)

ANAダイナースプレミアムの特典!マイル還元率とステータスなど12のメリットを紹介

 

 

ANAダイナースカードを作成するか迷っているあなたへのオススメカード

「ANAダイナース プレミアムカードを目指す!」

「俺は(私は)ダイナースカードを持つことが憧れなんだ!」

などの明確な理由がないのであれば、ANA系のクレカでしたらANAアメックスゴールドカードの方がオススメです。

ステータス、会員特典、年会費は、ほぼANAダイナースカードと同等であるにも関わらず、新規申し込みでのポイントバックがアメックスの方が大きいからです。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【4/30まで最大9万マイル】特典とメリットは?

この辺も踏まえてご検討いただければと思います。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの錬金術師の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの錬金術師の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • プレミアムクラス搭乗記【羽田→那覇】ANAラウンジ、食事、座席の感想!修行路線?PP単価は?

  • エポスカードの入会特典、キャンペーン【4月】10の特典と海外保険が無料で付帯!メリットはなに?

  • SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(4月最新)特典とメリットは?

  • 【終了案件】げん玉がLINEポイント交換増量キャンペーンを開催!ANAマイルを貯めるポイントサイトの主役になるか?

  • イオンJMBカードのキャンペーン【3月】マイルを貯めるのにJALカードとどっちがお得?(マイル還元率1.5〜2.5%にする方法)

  • ソラチカ改悪後のポイントサイトからANAマイルへ交換ルートまとめ比較【2019年保存版】