1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAカードのおすすめポイントサイト【5月版】キャンペーンと作り方比較一覧!

ANAカードのおすすめポイントサイト【5月版】キャンペーンと作り方比較一覧!

この記事では、「マイルを貯めているけどカード選びを間違えたかも!?」という方向けに、間違いのない適切なカードの選び方をお伝えしていきたいと思います。

ANAマイルを貯める為に登録すべきポイントサイト一覧

これから、「ANAマイルを貯めるぞー!」って考えている場合、最初にクレジットカードの作成とポイントサイトへの登録をするのが鉄板です。

なにも考えないでクレジットカードを作ってしまったり、なんとなく良さそうだからとポイントサイトに登録してしまっては、同じマイルを貯める活動をしていても、年間で万単位のマイル数の損失を出してしまうかもしれません。

もし、「俺(私)のことかも!?」って思い当たる節がありましたら、続きをお読みいただいてから申し込みをご検討されると良いと思いますので、ご覧ください。

 

高還元率のポイントサイトのみを選ぶ

ANAマイルを貯めることができるポイントサイトは、実にたくさんあり、どれを選んで良いか迷ってしまいます。

特に、陸マイラーの中で鉄板とされてきたソラチカカードを使ったソラチカルートが2019年12月27日をもって一旦終了となります。

ソラチカルートが使えないので、当面は代替えでTOKYUルートというポイント交換方法でANAマイルを貯めることが主流になっていきます。

TOKYU(東急)ルート完全版!ソラチカ後継の高還元でANAマイルを得られるおすすめルート、交換方法まで解説

 

ANAマイルを貯める為に登録するポイントサイトはこれ!?

TOKYUルートを使うという点から、利用するポイントサイトもTOKYUルートに適したポイントサイトを選択する必要があります。

TOKYUルートは、ポイントサイトから「ドットマネー」への交換が必須になりますので、ドットマネーへ交換ができるポイントサイトを利用することをオススメします。

そういった中でポイント交換のしやすい2つのサイトをご紹介させていただきます。

「モッピー」

>>モッピーに登録してマイルを貯める<<

「ハピタス」

>>ハピタスに登録してマイルを貯める<<

 

まずは2サイトだけ登録しておいてください。

ドットマネー対応のポイントサイトはほかにもありますが、基本としてこの2つをまずは抑える様にしてみてください。

 

ANAマイルを貯める上で最低申し込みをすべきクレジットカードは2枚

ANAマイルを貯められるカードも、実に数え切れないくらいの種類があり、ANAの公式サイトだけでも25種類のカードが掲載されています。

他社のカードも含めたら、何種類あるのかわかりません…

その中から、ANAマイルを貯める為の最適なカードを2枚選ぶ必要があります。

ANAマイルが貯めやすいカードを一通りチェックし、ここから選べば間違いないANAカードをお教えしますので、この中から好みに合わせて選択していただければ良いかと思います。

 

最初の1枚目は絶対にこれ

「ANA TOKYU POINT ClubQ マスターカード」

通称ANA TOKYUカードです。

ANAマイルを貯める上で、現状超必須カードです。

このカードは、各種ポイントサイトのポイントからANAマイルに交換する時に、持っていなければANAマイルに交換することができません。

※厳密にはANAマイルに交換できますが、交換レートが異常に下がります。

↓ANA TOKYUカードはこのポイントサイトから申込むのが最良です。

TOKYU(東急)ルート完全版!ソラチカ後継の高還元でANAマイルを得られるおすすめルート、交換方法まで解説

 

2枚目のANAカードはこの4つの中からライフスタイルに合わせて選ぶ

2枚目のカードは、カードブランドの好み、入会時のボーナスポイントキャンペーン、年会費、月間利用金額、航空券を購入して飛行機に乗る頻度、保険やレストラン、ホテル割引の付帯プランなど、個人の好みがどうしても反映されてしまいます。

ですので、この4種類のクレジットカードから選ばれることをオススメします。

 

ANA VISAワイドゴールドカード【オススメ度:★★☆☆☆】

カードの年会費をなるべく抑えたい。そういう方にオススメです。

ゴールドカードの付帯サービスを受けて、年会費は9,500円にすることができます。(年会費割引サービス適用の場合)

ANAマイルの還元率は最大1.48%と、非常に高くANA陸マイラーの入門とも言えるカードになっています。

海外旅行保険等も自動付帯でついていますが、補償金額が低めなので、海外旅行の際には追加の保険に加入するか、保険の手厚いカードを別に持つ必要が出てきます。

↓ANA VISA ワイドゴールドカードを申込む場合はこちら

ANA VISA ワイドゴールドのキャンペーン【5月:5万マイル以上】ポイントサイトと特典メリットは?

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカード【オススメ度:★★★★☆】

今回の4枚の中では最も年会費が高額なカードですが、ANAマイル還元率、付帯サービス共に申し分ありません。

ソラチカとこのカードがあれば他のカードを持つ必要がないくらい素晴らしいカードです。

ANAマイルの還元率は、1.8%まで上げることができます。

また、ANAの航空券を購入した際の搭乗マイルが+50%もらえるのは、この4枚の中ではANA VISA プラチナ プレミアムカードだけです。

また、プライオリティパスが$429ドル相当が家族カード分も含めて無料で作成することができ、海外旅行保険も高額な補償が付帯されています。

全国のレストランでコース料理が1名無料になるクーポンも半年毎にもらうことができますので、正直言って年会費以上の恩恵は確実に受けられるカードです。

↓ANA VISA プラチナ プレミアムカードを申込む場合はこちら

還元率1.8%!ANA VISA プラチナのキャンペーン【5月:6万マイル以上】特典とメリットを徹底比較

 

ANAアメックスゴールドカード【オススメ度:★★★★☆】

ANAアメックスでANAマイルを貯めるメリットは年会費がこの記事で紹介しているカードの中で最も安価ながら、入会キャンペーンでのボーナスポイント(等価でANAマイルに交換可能)が多くもらえること。

キャンペーンポイントだけで、ハワイ行きの特典航空券を発券できるほどのマイルが貯まります。

飛行機に乗る方であれば、ANA航空券を購入するとマイル還元率2.5%、搭乗ボーナスマイルが区間基本マイル+10%付与されます。

↓ANAアメックスカードを申込む場合はこちら

ANAアメックス入会の特典とメリット!【4月:66,500マイル】ポイントを使って無料でハワイに行ける!

 

ANAアメックスゴールドカード【オススメ度:★★★★★】

ANAアメックスゴールドでANAマイルを貯めるメリットは、日常決済での還元率はVISAに譲ることになりますが、入会キャンペーンでのボーナスポイント(等価でANAマイルに交換可能)が多くもらえること。

飛行機に乗る方であれば、ANA航空券を購入するとマイル還元率3%、搭乗ボーナスマイルが区間基本マイル+25%付与されます。

また、アメックスのパワーが発揮されるのは、海外旅行に行った時のサポートです。

海外からの電話により、各種予約、キャンセル、手配だけでなく、通訳サポートなども受けることができるのもメリットです。

↓ANAアメックスゴールドカードを申込む場合はこちら

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【5月:最大98,000マイル】特典とメリット、2020年は紹介、公式どこがお得?

 

ANAダイナースカード【オススメ度:★★☆☆☆】

ANAダイナースカードを申込むメリットは、ANAダイナースプレミアムカードへのアップグレードを狙う方向けです。

ANAダイナースプレミアムはステータス性は抜群ながら、ANAマイル還元率は最強の2%を誇り、各種サービス、付帯保険などすべてに於いて最高峰のカードです。

ANAマイラーの憧れのカードであることは間違いないです。

ANAダイナースカードは、マイルを貯める点では上記3枚と比較すると一歩劣ります。

しかし、旅行保険、ラウンジサービス、レストランサービス等の付帯されてくる内容が、ゴールドカード以上、プラチナカード未満といった水準でついてくるのが魅力です。

ANAダイナースからはじめて、プレミアムカードのインビテーションが来る事を楽しみに待つのも良いかもしれません。

↓ANAダイナースカードを申込む場合はこちら

ANAダイナースの入会キャンペーン【5月:102,000マイル】申し込み方法と5つのメリットをご紹介

 

カード新規入会とポイントのまとめ

アメリカン・エキスプレス・カードは限定で得られる特典ポイントが大きい

ANAカードは、VISA、アメックス、ダイナースそれぞれ特徴があり、各カード申し込み方法を間違えると数万マイルの損失を出してしまいます。

利便性とステータスで選ぶならアメックスが無難でしょう。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【5月:最大98,000マイル】特典とメリット、2020年は紹介、公式どこがお得?

 

年会費をなるべく抑えたい場合は、ANAアメックスのブルーカードも選択肢に入れても良いと思います。

ANAアメックス入会の特典とメリット!【4月:66,500マイル】ポイントを使って無料でハワイに行ける!

 

ポイントサイトはこの2サイトにご登録ください。

「モッピー」

>>モッピーに登録してマイルを貯める<<

「ハピタス」

>>ハピタスに登録してマイルを貯める<<

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【ANA/JAL等 通算1,000万マイル獲得】2020年からの始め方とポイントは?

ANAプレミアムメンバーとは?サービス、特典の魅力!スーパーフライヤーズになるには?

ANAカード比較と陸マイラーにおすすめな選び方!ゴールドカードはVISA、アメックスそれとも…どれがお得?

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

スーパーフライヤーズカード(SFC)比較【2020年版】特典からオススメするメリットあるANAカードは?

 

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

陸マイラー始めるなら『マイルの錬金術師』の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

陸マイラー始めるなら『マイルの錬金術師』の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

4,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【最強のチャンス到来】SFC修行の最安費用は約17万円!?国内線に絞ってPP2倍キャンペーンの波に乗ろう

  • 【5月:33,000マイル】デルタアメックスゴールドはポイントサイトと紹介どちらの入会がお得?入会キャンペーン、特典を徹底解説

  • ライフメディアでANAマイルの陸マイラーになる!毎月1万マイル以上を貯め続ける方法

  • 【還元率86.3%】モッピーでANAマイルの陸マイラーになる!毎月1万マイル以上を貯め続ける方法

  • ポイントタウンでポイ活する貯め方!サイトの使い方とおすすめの稼ぐやり方

  • ソラチカゴールドカードがお得なポイントサイト【5月:74,375マイル】入会キャンペーン情報をご紹介!