1. TOP
  2. プラチナカード
  3. ANAアメックスプレミアムのメリットとキャンペーン【6月は9万マイル】特典、使い方は?

ANAアメックスプレミアムのメリットとキャンペーン【6月は9万マイル】特典、使い方は?

ANAアメックスプレミアムという、ANAとアメックスが提携しているプレミアムカードがあります。

このカードは、アメックスプラチナと同等のステータスを持ちながら、ANAマイルを貯めるという部分に特化した内容になっており、ANAマイルを貯めるに限っては、最高レベルの水準となっています。

聞くところによると、ANAアメックスゴールドを所有している経営者の方が、空港の勧誘で存在を知って切り替えることが意外に多いそうです。

この記事では空港に行かなくても申し込める方法をお伝えすると共に、どういうステータスカードなのかをご説明したいと思います。

もちろん、大量ポイントを獲得する方法についてもお伝えしていきます。

目次

ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを入手するには?

年会費150,000円+税というクレジットカードの年会費としてはトップクラスの仕様になっていますので、入手するにもそれ相応の準備が必要になるのが一般的です。

 

アメックス プラチナクラスはインビテーションが来るのを待つのが基本

プレミアムカードですので、一般的にカードをプレミアムカードを所有するにはANAアメックス ブルーカードまたはゴールドからはじめて、一定の実績を積むことによってアメックスからインビテーションが届くことによってはじめて申し込む権利を得ることができます。

 

インビテーションやカード審査の基準はどうなのか?

詳細はアメックスから公開されていないのでわかりません。

最低限としてはアメックス以外の所有しているすべてのクレジットカードの支払い遅延滞納ないことが前提となります。

それと、ANAアメックスゴールドをしっかり使い込み、毎月相応の支払いがあることです。(ANAアメックスゴールドを持っていることが前提)

必要な年収に関してはネット上でも様々な体験談が書かれており、1,000万円以上であったり、500〜600万円以上あれば大丈夫と言われていたりします。

私の感覚では、1,000万円は無くてもインビテーションの基準を達成できているのでは?と思っています。

なので、間をとって700〜800万円くらいあれば大丈夫だろうと思っています。

(あくまで個人的見解ですので、参考程度の情報と受け取ってください。)

 

いきなりブラックカードに新規入会できる方法がある

よく出張や旅行で移動される方はご存知と思いますが、空港でアメックスの営業ブースが出ていて、営業マンに「アメックス作りませんか?」「マイル貯めませんか?」と勧誘されたことってありませんか?

東京や大阪などの主要空港には常設のアメックスブースが設置されています。

営業の方と立ち話をよくしていますが、これから旅行に行く方は気分が向上しているので、結構その場のノリで入会してしまうこともあるそうです。

通常空港で勧誘しているのは、JAL側ならSPGアメックス、ANA側ならANAアメックスゴールド、駅ならアメックスゴールドやビジネスゴールドが多いのですが、ここで「プラチナ作れないの?」って聞くと、インビテーションなしで一発で申し込みをすることができます。

私は、羽田空港の第二ターミナル(ANA側)のブースでこれをやってみたら、ANAアメックスプレミアムの申込書が出てきました!!

JAL側でやるとなにが出てくるのかわからないので、機会があったら試してみようと思います(笑)

 

写真は、空港ブースでもらったアメックスのボールペンの一部。

ありがたいことに、いつもたくさんもらうので、ここ数年ボールペン買ってません(笑)

 

インビテーションなしでも申し込み可能

ここまでは、堅実に実績を積んでインビテーションが届くのを待つか、空港の勧誘ブースで直接申し込みをするかの2つをお話してきましたが、もった効率の良い申し込み方法があります。

 

キャンペーンと限定の特典は?

アメックスは各種カードの入会キャンペーンを常時を行なっており、利用金額に応じてボーナスポイントをもらうことができます。

プレミアムカードは公式サイト等、ネット上からの申し込みができないのでこのキャンペーン内容が中々公開されていないのですが、プレミアムカードにもしっかりボーナスポイントキャンペーンは行われています。

 

現在もらえるポイントはどれくらい?

最新の情報はこちらになります。

現在の最新キャンペーンの内容は、アメックスの開催しているキャンペーンで合計で90,000ポイントが獲得可能となっています。

カード作成だけで、10,000ポイント

・さらに、入会のボーナス10,000ポイント(本サイト限定)

・入会後3ヶ月以内に1万円のカード利用で2,000ポイント

・入会後3ヶ月以内に50万円の利用で15,000ポイント

・入会後3ヶ月以内に150万円の利用で38,000ポイント

・カード利用金額150万円で15,000ポイント

合計で90,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

 

カードを持っている人から紹介してもらう

ANAアメックスプレミアムを所有している人から紹介をしてもらう方法です。

プレミアム会員しか利用することのできない、紹介プログラムが存在しており、プレミアムカードホルダーの方に申し込みリンクを発行してもらい発行することができます。

私の周りは、アメックスプラチナやダイナースプレミアムを所有している人がたくさんいますが、それでもANAアメックスプレミアムを持っている人はいないので、結構希少なカードかと思います。

探しても中々見つからないかもしれません…

 

当サイトからのアメックスの知人紹介について

当サイトはマイルを貯めたいすべての方のお役に立つことを目指しており、誠実な対応、且つ健全なサイト運営を心がけています。

アメックスカードにつきましては、下記のリンクよりお問い合わせくださいます様、お願い致します。

※ANAアメックス(ゴールド)を所持している場合、キャンペーン適用外です。

 

継続時にも毎年ボーナスマイルをもらえる

ANAアメックスプレミアムカードは、毎年更新の度に、10,000ポイントが更新ボーナスとしてもらうことができます。

 

ANAアメックスプレミアムカードの特徴と活用方法

ここからはカードの特徴を解説していきます。

とはいっても、プレミアムカードの付帯サービスは訳わからないくらい色々なサービスが付いており、ゴールドカードの比ではありません。

全部解説しても、「よくわからん」となりかねませんので、年会費以上のメリットを受け取れる主だったサービスについてご説明していきたいと思います。

 

飛行機搭乗でANAマイルを貯めるのに有利

ANAの搭乗ボーナスマイルも最高レベル

ANAグループ便(スターアライアンス加盟航空会社)に搭乗した際のボーナスマイル(区間基本マイル+50%)がもらうことができます。

この+50%のボーナスマイルがもらえるカードは、現在4種類しか存在していません。

・ANAダイナースプレミアムカード

・ANAアメリカンエキスプレス プレミアムカード

・ANA VISAプラチナ プレミアムカード

・ANA JCBカードプレミアム

VISA、JCBは年会費約80,000円、アメックス、ダイナースは年会費約160,000円となっています。

特にアメックスとダイナースの2枚は同じプレミアムカードでも年会費が2倍なので、付帯される内容も全然異なります。

また、飛行機に乗ってマイルを貯めている、空マイラーさんも+50%のボーナスマイルを考慮すると手にしたい1枚ではないかと思います。

 

特約店でのマイル付与が増量

航空券、機内販売の利用では更に増量

ANAのグループ便の航空券を購入した際の搭乗マイルが+50%になることは上述しましたが、マイルが貯まるメリットはそれだけではありません。

航空券を購入した場合、100円あたり2.5ポイント(マイル)が通常のポイントとは別に加算されます。

なので、通常の100円=1ポイントと合算して、100円あたり3.5ポイント(マイル)が貯まります。

航空券を頻繁に購入している場合、この還元率は驚異的な還元率になります。

機内販売等でもこの還元率は適用されます。

ANAカードマイルプラスの加盟店はこちら

 

その他の特約店は?(ANAカードマイルプラス)

提携店でのカード利用で、100円または200円につき1マイルが加算されます。

ANAカードマイルプラスの加盟店はこちら

 

プライオリティパスを無料で利用可能

ANAアメックスプレミアムを持っているだけで、国内/海外600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

家族カード(年会費無料)があれば、家族も無料で利用が可能です。

 

また空港ラウンジサービスの目玉としては、プライオリティーパスのプレステージ会員(年会費$429)を無料で利用することができます。これだけで約45,000円の得があります。

家族カードは4枚まで無料なので、最大5枚のプライオリティパスが発行できます。

これだけで20万円相当の価値になります。

 

ANAラウンジも無料で利用可能

国内線で本会員限定となってしまいますが、ANAラウンジも無料で利用することができます。

ANAラウンジに入るには、プラチナカードを持つ以外に、ANAのプラチナ会員以上やSFC取得が必要で、これには相応の搭乗が必要になりますので、中々ラウンジ内に入ることはできません。

同行者は利用できないので、一人で移動する時限定ですが、私も毎回ANAラウンジでゆっくり飛行機の搭乗時間まで過ごさせてもらってます。

写真は、大阪伊丹空港のANAラウンジで昼間からビールを飲んでしまった時の写真です。

 

ダイニング アクセスで高級レストランが1名無料に!

高級レストランのコース料金が2名利用で1名分が無料になるサービスです。

無料サービスだからお手頃のサービスを提供されるかというと、そういう訳ではありません。

1名あたり1〜3万円相当のコース料理となっています。

私は、ダイナースに付帯されている類似のサービスをよく利用していますが、とても満足度の高いサービスとなっており、リピーターになってしまいました。

 

高級ホテルの上級会員資格が付帯

ホテル・メンバーシップという、ホテルの上級会員資格を得られるプログラムに参加ができます。

対象のホテルは以下の通りです。

・シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ

→ゴールデンサークル ジェイド

・ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド

→リーダーズクラブ

これらのサービスによって、世界中のホテルで部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、朝食無料などの無料サービスを受け取ることができます。

 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ

日本には、シャングリ・ラ ホテル 東京があります。

ANAアメックスプレミアムでは、ゴールデンサークル ジェイドという会員資格を得ることができます。

通常、この会員資格を得るためには、年間シャングリ・ラ ホテル、トレーダースホテル、ケリーホテル、ホテル ジェンのいずれかに20泊または10滞在が必要な上級会員資格です。

世界のシャングリ・ラ グループホテルの検索はこちら

 

会員資格による特典はこのようになっています。

・ゴールデンサークルアワードポイントの25%ボーナスポイント

・特別エリアでの優先チェックイン/チェックアウト

・チェックインの72時間前までの客室予約保証

・事前登録による簡単チェックイン

・次のルームカテゴリーへのプライオリティルームアップグレード(予約した客室を用意できなかった場合)

・11時からのアーリーチェックインと16時までのレイトチェックアウト

・パーソナルサービス(ベッド、枕タイプなど)

・ウェルカムアメニティ(お好きなものを3つ)

・カフェレストランでの朝食

・同室者の宿泊と朝食

・客室からの市内通話無料

・現地通貨でのキャッシングサービス(各ご滞在につきUSD 250まで)

・滞在ごとにゴールデンサークルアワードポイントまたは提携航空会社のマイレージ獲得のいずれかを選択

 

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド

通常は150USドルで入会が可能なのですが、無料で付帯されてきます。

日本では、帝国ホテル東京とパレスホテル東京が対象となります。

世界の対象ホテル一覧はこちら

サービスの内容は以下の通りです。

・リーダーズクラブ・リワード・プログラム

・無料コンチネンタル朝食(30~50USドル相当)2名まで

・宿泊期間中、客室内インターネットが無料

・ワンランク上のお部屋へアップグレード(到着時の空室状況による)

・独自のウェルカムギフト

・リーダーズクラブ会員 限定料金

・リーダーズクラブ会員向け 特別な体験ツアー

・リーダーズクラブ会員向け 特別イベント等

・アーリーチェックイン / レイトチェックアウト(当日の空室状況による)

 

毎年もらえるフリー・ステイ・ギフト

カード更新時に、対象ホテルに1泊(2名まで)できる無料宿泊券がもらえます。

対象ホテルは、日航ホテル、オークラ、ヒルトン、ハイアット、プリンスホテル、ロイヤルパークホテルになります。

これはアメックス プラチナと同様のサービスになっています。

対象ホテル一覧はこちら

 

ホテル系のサービスに優れているカードは、アメックスにはSPGアメックスが専用カードとしてあります。

ホテルの上級会員に興味がある場合は、SPGアメックスはコスパがとても良いカードですので合わせてご確認ください。

SPGアメックスがお得なポイントサイトと89,000ポイントキャンペーン(6月最新)特典とメリットは?

 

最高峰クラスの旅行保険

国内/海外旅行時の万が一のトラブル補償も自動付帯となっており、かなり安心感のある内容となっています。

※家族特約対象者とは

カード会員の配偶者、生計を共にする別居の親族または別居の未婚の子

海外旅行保険(自動付帯)

補償内容(自動付帯) 本会員、家族会員 家族特約対象者
傷害死亡・後遺障害 最高1億円

(5,000万円は利用付帯)

最高1,000万円
傷害治療費用 1,000万円 1,000万円
疾病治療費用 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 5,000万円
携行品損害 100万円 100万円
救援者費用 1,000万円 1,000万円

ポイントは金額の高さだけでなく、補償範囲の広さです。

家族カードを発行していると、家族会員の家族も対象にすることができます。(例えば、妻の親とか)

また、家族特約の補償金額の高さはANAダイナースを凌ぐ点も見逃せません。

 

海外航空便遅延費用保険(自動付帯)

補償内容(自動付帯) 本会員、家族会員 家族特約対象者
乗継遅延費用 ホテル代、食事代
出航遅延・欠航、搭乗不能費用 食事代
受託手荷物遅延費用 衣料購入費など
受託手荷物紛失費用 衣料購入費など

航空便の遅延や手荷物の遅延よって負担した金額が補償されます。

飛行機がないからといって、空港のベンチで寝る必要はなく、ゆっくりとホテルで待つことができます。

 

国内旅行保険(自動付帯)

補償内容(自動付帯) 本会員、家族会員 家族特約対象者
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害入院 日額5,000円(180日まで)
手術 手術のよって5〜20万円
通院 日額2,000円(90日まで)

航空機に搭乗中の場合にのみ適用されます。

こちらも自動付帯となっています。

 

貯めたマイルをANA SKYコインに変えて旅行をすることも可能

ANAマイルで予約ができるものは、ANAグループ(国際線はスターアライアンスグループ便も利用可)の航空券だけになります。

ANAにはANA SKYコインというマイルとは別の電子マネーの様なシステムがあり、マイルをこのSKYコインに交換するとホテル宿泊も込みにしたパッケージツアーの代金の支払いに使うことができます。

SKYコインは、1コイン=1円の価値として、ANAの航空券の購入や、パックツアー等の購入代金に当てることができます。

このSKYコインをどこから持ってくるのかというと、ANAマイルからSKYコインに交換することが可能です。

ANAマイレージクラブの一般会員ですと、マイルからの交換レートが1.0〜1.2倍と単価がよくないのですが、ANAのプレミアムカードを所持していると1.6倍の量にしてSKYコインに交換することが可能です。

ANAアメックスプレミアムカードは、ANAのプレミアムカードに位置しますので、最大1.6倍での交換が可能になります。

マイルだけだと使い道が限定されてしまい、もっと別な使い方もしたいって場合は、SKYコインに交換してツアーの購入等を検討するのもオススメです。

ちなみに、私も家族で旅行することが多いので、こういったANAのツアーをSKYコインで購入して無料で旅行することをしています。

マイルの使い方の例として、ご参考にしていただければと思います。

【台湾旅行2泊3日ブログ】ANAマイルだけでホテルも飛行機も全部無料!魅力的な旅費で行く方法

 

ディズニーランドもオフィシャルホテル、パークのチケット込みでSKYコイン払いをすると無料で購入することが可能です。

【ディズニーランド無料】チケット、ホテル、飛行機が全部タダでツアーに行く方法(旅行ブログ)

 

ハワイのビジネスクラスは人気路線の為、家族分の予約がマイルでできなかったのでSKYコインで航空券を購入しました!

ビジネスクラスANAハワイ便の搭乗記。マイルで値段は無料!?ラウンジや機内食は?(NH184便)

 

タイ航空のファーストクラスにANAマイルで予約をして搭乗した体験です。

古い機材でしたが、そんなことがまったく気にならないくらいの極上のサービスを体験することができました。

タイ航空ファーストクラスのラウンジ、機内食、サービスは評判通り?【バンコク→羽田】座席はマイルで予約

 

その他の補償

ショッピング・プロテクション

カード決済で購入した商品の破損、盗難された場合に補償されます。

購入日から90日間、年間最大500万円まで補償

スマホやダブレットも対象になります。

海外では盗難に狙われやすいので、こういった端末類もカードで購入されることをオススメします。

 

キャンセルプロテクション

急用や急病で予約していた旅行に行けなくなった場合に補償してくれる保険です。

年間15万円まで補償されます。

国内/海外の旅行サービス、ホテル、交通(航空、鉄道、自動車)、演劇やコンサートなど様々なシーンに対応しています。

 

リターン・プロテクション

これは、カード決済で購入した商品の返品をお店が受け付けてくれない場合に補償してくれます。

購入日から90日以内に商品を送れば、購入金額を返金してもらえます。

1商品3万円まで、年間15万円まで利用できます。

 

オーバーシーズ・アシスト・プレミアム

旅行に関する相談を旅先からでもすることができます。

観光案内から各種サービスの手配、トラブル時のアドバイスまで、海外現地であっても日本語でサポートをしてもらうことができます。

365日24時間対応となっていますので、パスポート紛失、手荷物の盗難、急病など緊急時にとても役に立ちます。

 

国際線の手荷物無料宅配サービス

出発時の自宅から空港、帰国時の空港から自宅までのスーツケースを2個まで無料配送ができます。

羽田、成田、セントレア、関空の国際線で利用することができます。

海外に行く時は、どうしても荷物が多くなってしまいますので、荷物を持つ負担が減るのはとても嬉しいです。

 

プレミアム・サービス・デスクのコンシェルジュは秘書レベル?

プレミアム・サービス・デスクに電話をすれば、24時間/年中無休で色々な相談にのってくれます。

例えば、レストラン予約、商品検索、旅行の手配などが一般的ですが、通常では予約が難しい高級料亭や入手困難なチケット手配も受けてくれます。

 

私も過去にダイナースのプレミアムデスクに下記の様な相談をしてみました。

「忘年会シーズンに20人入れる会場が見つからないから探して!(直前に相談)」

「タイでドローンって飛ばしていいの?」

通常では予約が困難な料亭、レストランの予約をしてもらったこともあります。

 

実は、アメックスのプレミアムデスクは利用したことがないので、機会をみて利用してみます。

評判では、ダイナースよりも対応が早いとのことです。

 

家族カードは無料で発行可能なのでオススメ

ANAダイナースプレミアムカードの家族カードは4枚まで無料で発行することができます。

入会基準は、配偶者、18歳以上の子供、両親になります。

プライオリティーパスも、プレステージ会員で無料、国内/海外旅行保険も自動付帯となりますので、機能面から考えてかなりお得だと思います。

仮に、家族カードを4枚発行すれば、1枚当たりの年会費は32,400円になりますので、家族全員がゴールドカードを持っているのと変わらないレベルになってしまいます。

 

直接のライバル「ANAダイナースプレミアムカード」と比較

このカードから真っ向にぶつかるのはANAダイナースプレミアムカードになります。

年会費もほぼ同等です。

ANAマイルの搭乗ボーナス、コンシェルジュサービス、旅行保険、空港ラウンジサービスなど主だったサービスは互角の内容です。

アメックスの利点は、入会キャンペーンでの大量マイルを貯めることができること。そして、毎年更新の度に無料宿泊券をもらえることにあります。

ダイナースの利点は、日常利用でのポイント還元率が高い、レストラン無料サービスの店舗数がアメックスよりも多いといったあたりでしょうか。

 

ただ、最大の欠点があります。

ANAダイナースプレミアムは、現在発行することができなくなっています。

(申し込みはできますが、インビテーションが出ないようです。ダイナース プレミアム担当の営業情報)

ダイナースプレミアムカードならば発行が可能となっていますが、ANA系の搭乗ボーナス等の特典がなくなるので、そうなるとマイルを貯めるという部分に於いてはANAアメックスプレミアムの一人勝ちになります。

 

一応、カードの内容を載せておきますので、詳細はこちらをご参照ください。

ANAダイナースプレミアムの特典!マイル還元率とステータスなど12のメリットを紹介

 

ANAアメックスプレミアムに入会するまとめ

アメックスのプラチナクラスのカードですので、その特典も破壊力のあるものが多いです。

ざっくりまとめるだけで、ANA搭乗ボーナスマイル+50%、航空券購入でマイル還元率が3.5%、365日24時間対応のコンシェルジュサービス、レストラン無料サービス、最高レベルの海外旅行保険などなど…

年会費が15万円+税と高額カードではありますが、家族カードの発行や、プライオリティパスの発行をすることによって、1枚あたりの維持費用はゴールドカード並みにすることができます。

使い方、持ち様によっては、1枚のプレミアムカードの特典を家族で使い倒すことができますので、非常にコスパの高いカードとなります。

 

現在行われている新規入会キャンペーンでは、アメックスの開催分で最大90,000ポイント獲得が可能となっています。

カード作成だけで、10,000ポイント

・さらに、入会のボーナス10,000ポイント(本サイト限定)

・入会後3ヶ月以内に1万円のカード利用で2,000ポイント

・入会後3ヶ月以内に50万円の利用で15,000ポイント

・入会後3ヶ月以内に150万円の利用で38,000ポイント

・カード利用金額150万円で15,000ポイント

合計で90,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

 

また、毎年更新時に10,000ポイントを受け取ることができます。

 

申し込み方法について

4つのお申し込み方法をこの記事では紹介しました。

①ANAアメックスゴールドを持って、インビテーションが来るまで使い込む

ANAアメックスゴールドを持って、アメックスの良さを十分に知ってからでもプレミアムカードの申し込みは遅くありません。

ANAアメックスゴールドの詳細は下記の記事をご参照ください。

ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【6月:最大6万マイル】特典とメリットは?

②空港にあるアメックスのブースで直接申し込む

③カードの所有者に紹介リンクを発行してもらう

④本サイトからの紹介で入会する

 

ANAアメックスプレミアムをお申込みする場合、キャンペーンでの獲得ポイントは、最大で90,000ポイントです。

 

当サイトからのアメックスの知人紹介について

当サイトはマイルを貯めたいすべての方のお役に立つことを目指しており、誠実な対応、且つ健全なサイト運営を心がけています。

アメックスカードにつきましては、下記のリンクよりお問い合わせくださいます様、お願い致します。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

2,500名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • ダイナースプレミアムは改悪続き!ポイント、サービスの特典はアメックスプラチナとどっちに魅力あり!?

  • 金属製のアメックスプラチナをゲット!メタルカードの審査は数分?最短の申し込み方法は?

  • ダイナースクラブ(プレミアム)に コンパニオンカード誕生で一発逆転!?年会費やメリットはどうなってる?

  • アメックスプラチナ入会キャンペーン!10の特典メリット&価値あるFHRアップグレード体験《2019年版》

  • 還元率1.9%!ANA VISA プラチナのキャンペーン【6月】特典とメリットを徹底比較

  • 空港勧誘に突撃しないアメックス プラチナの入手方法とダイナースプレミアム比較