1. TOP
  2. ハワイ
  3. ホノルル空港に新設された「ANAスイートラウンジ」の全容をレビュー!

ホノルル空港に新設された「ANAスイートラウンジ」の全容をレビュー!

ANAがハワイ路線に導入する大型機A380に合わせて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)に自社ラウンジ(ANAスイートラウンジ、ANAラウンジ)をオープンしました。

ANAが海外空港に自社ラウンジを展開するのは、このホノルルが初となります。

A380のファーストクラス搭乗のタイミングに合わせて訪問してみたのでその時の様子をレポートしたいと思います。

ダニエル・K・イノウエ国際空港「ANA SUITE LOUNGE」の概要

ANAスイートラウンジの概要から解説したいと思います。

ANAスイートラウンジは、洗練された空間としてファーストクラス利用者と同行者、ANAのダイヤモンド会員等、上級の座席クラスの利用や上級会員でないと入れない特別な空間となっています。

 

利用条件

ANAスイートラウンジの利用条件は上記2通りになります。

・ファーストクラス利用者と同行者1名

・ANAダイヤモンド会員と同行者1名

※同行者はファーストクラス利用またはダイヤモンド会員でなくてもOK

 

ということで、利用の前提条件のハードルが中々高く設定されているのが特徴です。

 

場所

場所は、保安検査通過後、右奥に進んだC4搭乗ゲート付近の3階になります。

C3、C4付近に行くと、上記の様な看板が立っており、エスカレーターで上のフロアに上がるとラウンジのエントランスが見えてきます。

 

営業時間

営業時間は、8:30〜その日のANA最終便出発までとなります。

 

ANA SUITE LOUNGEを利用してみた

実際にANAスイートラウンジを利用してみました。

エントランスは、私の感覚では国内の空港にあるANAラウンジよりもシックで豪華な佇まいになっているように見えます。

中に入ると、スタッフがお出迎えをしてくれます。

この辺も、日本のANAスイートラウンジと違いを感じます。

(オープンしたばかりで気合が入ってる?)

スイートラウンジの受付は、赤絨毯の敷かれているところになります。

 

ラウンジ内の雰囲気

私が入ったのは、朝の9時半頃です。

チェックインをしたのが、ファーストクラスとビジネスクラスの並んでいた方たちをやり過ごしてからにしたので、同じ便を利用している方たちの中では遅い方でした。

ですが、ラウンジの中はガラガラです。

私が入った時は、他に1組しかいませんでした。

こんなに空いてるANAスイートラウンジ、初めて見ました(笑)

作り的には、白とグレーをベースにした、落ち着いた感じの配色が目立ちます。

このカゴっぽい椅子は、南国のイメージが強いです。

きっとハワイの有名なものなんでしょうが、芸術に疎いのでよくわからないです。

食事のしやすいテーブル席もあります。

成田や羽田にあるANAスイートラウンジの様に、半個室になっている座席はありませんでした。

これだけガラガラなら、個室でなくても十分満足です。

 

とりあえず、ビュッフェを物色するのにテーブル席に着席すると、おしぼりを持ってドリンクのオーダーを取りに来てくれます。

とりあえずシャンパンをお願いします。

国内のスイートラウンジと違うのは、ラウンジに入ってからの座席の案内はありませんでした。

入口付近に5人くらい「アロハー」って言って突っ立ってました。

スタッフが慣れてなくて戸惑っていた?

もしくは空いているので、自由に使ってちょーだいって感じ?

よくわかりませんが、国内のANAスイートラウンジ、海外の航空会社のファーストクラスラウンジは必ず座席の案内はありますので、良いか悪いかは置いておいて一応レポートしておきます。

↑不満を言っている訳ではありませんので悪しからず。

 

ただ、日本人スタッフ同士では、ファーストクラス利用者の情報は共有している様で、ANAスイートラウンジからANAラウンジに移動した後、ANAラウンジの中でも日本人スタッフが気を遣って色々声かけてくれたり、後ろからそっと付いてきて写真を撮ってくれたりしました。

「お気遣いありがとうございました。」とこの場で恐縮ですがお礼申し上げます。

 

ビュッフェなど食事の内容

続いて、スイートラウンジの食事の内容をレポートしていきたいと思います。

基本的に、ANAスイートラウンジとANAラウンジの食事メニューはほぼ一緒でした。

下記にある様な、作りたての提供があるのはスイートラウンジのみになります。

キッチンにオーダーできるものは、

・うめ茶漬け

・さけ茶漬け

・山菜うどん

・わかめうどん

・きつねうどん

とかなりさっぱりしたものが揃えられています。

きっとハワイで重い食事を連日しているだろうという、配慮からの設定なのかと思いました。

 

続いてビュッフェコーナーです。

奥側のホットミールは、そもそもラウンジの利用者が全然いないのですべて蓋がされていました。

メニューは、

・マカダミア クラッシュ マヒマヒ

・牛豆腐(すき焼きみたいなもの)

・トマトバジルビスクスープ

・けんちん汁

・ベジタブルカレー

でした。

 

隣はサラダコーナーになります。

その隣は、

・ゆかりご飯のおにぎり

・ひじき

・たまご豆腐

・シュリンプポケ

・マグロポケ

がありました。

 

デザートも用意されていました。

・カットフルーツ

・ブルーベリーチーズケーキ

・ヨーグルト

あとはヨーグルトにかけるドライフルーツなど。

 

パンは2種類です。

・紅いもパン

・クロワッサン

でオーブントースターもありました。

 

キッチン付近のカウンターの、おかきとかです。

このあとのファーストクラスの食事に備えて軽めのつもりが、それなりの量になってしまいました。

特にベジタブルカレーは美味しかったです。

日本の空港にあるANAオリジナルチキンカレーより数段こっちのカレーの方が美味しいと個人的には思いました。

ANAオリジナルチキンカレーは、レトルトっぽい。

ベジタブルカレーは、野菜を煮込んだ甘みを感じました。

デザートもちゃっかり食べてみました。

普通に美味しかったです。

 

ドリンク

ドリンクの内容もレポートしたいと思います。

とりあえずビールを飲もうと思って、セルフでやっていたら泡だらけになってしまったので、お姉さんが注ぎ直してくれました。

さすが、お姉さん上手です!

私が注いだのは9.5:0.5で、泡が9.5でした…

ワインは、キッチン手前のカウンターでも注文できますが、セルフコーナーにも置いてありました。

シャンパンは、オーダー式になってました。

ワインの隣に、お水とオレンジジュースです。

コーヒーメーカーはネスカフェで、ブラックだけでなく、カプチーノ、ラテなど様々な種類に対応していました。

横のティーパックは、伊藤園の緑茶と、TAZOの紅茶がありました。

その他のソフトドリンクは缶が冷蔵庫に冷やされていました。

 

新聞、雑誌類

新聞、雑誌類は日本語のもので、新聞も読売、朝日、毎日、日経のほかにスポーツ紙などの取り揃えもありました。

機内販売の商品も一部ディスプレイされています。

 

シャワー、トイレ

ハワイのANAスイートラウンジにはシャワールームは設置されていません。

一通り見回して、一応スタッフにも確認を取って確認しました。

まぁ、基本はホテルから直行で空港に来るはずなので、用途的にはあまりなくても良いのかなーとは思います。

 

トイレは、白が基調になっていました。

なんかANAラウンジのトイレは黒ってイメージがあるので、なんとなく違和感を感じます。

ウォシュレットも装備されていました。

海外でも、最近は新しい設備はウォシュレットが標準になってきていると感じます。

 

 ラウンジからそのまま機内に搭乗できる

ハワイのANAスイートラウンジの特徴は、ラウンジからそのまま機内に搭乗することができる点にあります。

A380専用に作ったANAの気合を感じる部分です。

搭乗案内の開始時間になると、スタッフ総出で(厨房スタッフも奥から出てきて)お見送りをしていただけます。

このパターンははじめて体験しました。

 

レビュー、まとめ

ダニエル・K・イノウエ国際空港に新設されたANAスイートラウンジを利用してみました。

ANAが海外空港に作ったはじめての自社ラウンジということで、訪問を楽しみにしていました。

日本国内のANAスイートラウンジは、羽田空港や成田空港の第5サテライトあたりはいつも混んでいるイメージがあって落ち着いて利用できた試しがありません。

(ラウンジに入る時間帯にもよるのでしょうが…)

ハワイのANAスイートラウンジは、設備面では国内のスイートラウンジには劣りますが、国内空港の様にビジネス利用という方を見かけないので、ピリピリした感がなく、人気も少ないのでとても落ち着いて過ごすことができました。

食事も現地の食材を利用したものが揃えられており、ビュッフェに関しては国内のANAスイートラウンジよりも美味しかったと個人的には思っています。

海外の空港ながら、現地スタッフだけでなく日本人スタッフも適度に配置されていたので、とても良かったと思います。

ハワイの帰りには、また寄りたいって思える体験になりました。

 

以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

私のマイルの貯め方、考え方をまとめていますので、ご参照ください。

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ANAマイル、JALマイルの貯め方から使い方までのまとめ記事になります。

【マイルの貯め方】ANA、JALのオススメの貯め方!初心者は高額案件抜きで10万マイルを目指してみよう

ANA A380ハワイ→成田のファーストクラス搭乗記です。

フライングホヌ A380ファーストクラス搭乗記【ホノルル→成田】限定機内食に大感動!

お隣のANAラウンジにもお邪魔してみました。

ハワイ ホノルル空港のANAラウンジを利用してみた!成田や羽田と比較してどうかレビューします

 

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

3,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【香港→羽田】JALビジネスクラス搭乗記!シート、食事、サービスは?(スカイスイート3 JL026便 B777-200)

  • 羽田空港のANAラウンジ(国際線)をレビュー!利用条件、食事、シャワーなどを解説

  • サーフラナイで朝食とランチ【ロイヤルハワイアン】おすすめメニューとお値段は?

  • コートヤード オアフ ノースショアにポイントで無料宿泊。ポリネシアカルチャーセンターからライエ周辺の観光は?

  • B747 タイ国際航空ファーストクラスのマイル搭乗記【羽田→バンコク】機内食、機内サービスは?

  • シンガポール航空【成田→シンガポール】A380ビジネスクラスにマイルで家族旅行!機内食、座席、サービスは?