1. TOP
  2. ポイントサイト
  3. 【11月】ANA JCBカードがお得なポイントサイトは?最大34,975マイル獲得キャンペーンとメリットなどを解説(一般カード,ZERO,ワイドカード,ソラチカカード)

【11月】ANA JCBカードがお得なポイントサイトは?最大34,975マイル獲得キャンペーンとメリットなどを解説(一般カード,ZERO,ワイドカード,ソラチカカード)

 2019/09/16 ポイントサイト  

ANAJCBカード

この記事では、ANA JCBカード(一般カード、ZERO、ワイドカード、ソラチカカード)をポイントサイト経由で最もお得に申し込みをする方法についてお伝えしていきます。

合わせて、最新の入会キャンペーンの獲得方法も解説していきますので、ご参考にしていただけたら幸いです。

 

さらに、現在JCBカードでは20%キャッシュバックキャンペーンを開催中で、合わせて利用が可能なので、ぜひご利用ください。

JCBでスマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン

JCBでスマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン

ANA JCBカードがお得なポイントサイトは?

2019年11月1日現在の主要ポイントサイトのポイント数

ポイントサイト 獲得ポイント 金額換算
すぐたま 15,000pt 7,500円
モッピー 5,500pt 5,500円
ライフメディア 6,500pt 6,500円
ポイントインカム 65,000pt 6,500円

 

ポイント対象の券種

  • ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>
  • ANA JCBカード ZERO
  • ANA JCB 一般カード
  • ANA JCB ワイドカード
  • ANA JCB カード(学生用)

 

ANA JCBカードの申し込み条件

ANA JCBカードはソラチカカードを除いて複数の種類を所有することができません。

ソラチカカード+もう1枚までANA JCBカードを持つことができます。

※ポイントサイト案件は1回しか利用できないので、ソラチカカードともう1枚合わせて2枚目を作る場合は、申し込みをするポイントサイトを変えてお申し込みください。

 

ポイントサイトからの申し込みについて

現金化で考える場合、すぐたまで得られるポイントが最も多いので、すぐたまからのお申し込みが良いです。

すぐたまは、ANAマイルへの交換が不便なので、ANAマイル交換で考えると他のポイントサイトがオススメです。

マイル交換で考えた場合、今月はライフメディアが最もポイント獲得が良いということになります。

↓ライフメディアに無料会員登録する

ライフメディアへ無料登録

※ライフメディアを推奨するのは、ANAマイルの交換が容易な為。

※登録翌々月までにポイント交換で最大500P獲得

 

ANA JCBカードは本サイトから申し込むとボーナスマイルがもらえる

現在、ANA JCBカードを作成する場合「マイ友プログラム」を利用するとボーナスマイルを獲得することができます。

公式サイトから申し込んだ場合にもらえるボーナスマイルは1,000マイルですが、「マイ友プログラム」を利用した場合は+500マイルがもらえ、合計1,500マイルを手にすることができます。

 

[ご注意]

「マイ友プログラム」にご登録してから「ANA JCBカード」をお申し込みください。逆からお申し込みされるとボーナスマイルをもらうことができません。

※マイ友プログラムは一度しか使えませんので、過去に利用したことがある方は対象外になります。

 

1. まずはマイ友プログラムに登録すること

+500マイルのボーナスをもらうには、本サイトから「マイ友プログラム」に登録します。

 

移動をしたら、オレンジ色の「登録用ページ」をクリックする。

 

2. 紹介者情報を入力する

紹介者情報を入力する欄がありますので、下記の様にご入力ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

ボーナスマイルを受け取るために、必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)をANAにお知らせする必要がありますのでご注意ください。

 

登録者情報の欄には、あなたの「氏名」と「生年月日」をご入力ください。

 

3. ポイントサイトに移動して、ANA JCBカードを申し込む

「マイ友プログラム」への入会が済みましたら、「ポイントサイト」に移動します。

現在、ライフメディア経由でANA JCBカードを新規作成すると、6,500pt(6,500円相当)のポイント獲得することができます。

※ライフメディア推奨は、ポイント交換方法が容易な為。

↓ライフメディアに無料会員登録する

ライフメディアへ無料登録

※ライフメディアを推奨するのは、ANAマイルの交換が容易な為。

※登録翌々月までにポイント交換で最大500P獲得

 

ポイント獲得量重視なら、すぐたまが(7,500円相当)とライフメディアよりも高い設定になっていますが、ANAマイルへのポイント交換が不便なので一番の推奨にはしていません。

現金化を目的として獲得ポイント重視なら、すぐたまをご利用ください。

 

新規入会キャンペーンの詳細を解説

現在ANA JCBカードに新規入会して適用できるキャンペーンをご紹介します。

 

JCBが開催しているキャンペーン

2019年10月16日より、JCB公式で開催されているキャンペーンになります。(2020年4月30日JCB受付分まで

※33,400マイルもらえるのは、プレミアムカードに加入した場合になります。

 

キャンペーンの参加には、カード入会時期によって3つに分類されています。

入会時期に合わせて、キャンペーン参加登録期間が変わりますのでご注意ください。

第1弾

入会申込み:2019年10月16日(水)~2019年12月31日(火)JCBお申込み受付まで

入会年月日(カード発行):2020年2月29日(土)まで

キャンペーン参加登録期間:2019年10月16日(水)~2020年3月31日(火)

 

第2弾

入会申込み:2020年1月1日(水・祝)~2020年2月29日(土)JCBお申込み受付まで

入会年月日(カード発行)2020年4月30日(木)まで

キャンペーン参加登録期間:2020年1月1日(水・祝)~2020年5月31日(日)

 

第3弾

入会申込み:2020年3月1日(日)~2020年4月30日(木)JCBお申込み受付まで

入会年月日(カード発行)2020年6月30日(火)まで

キャンペーン参加登録期間:

2020年3月1日(日)~2020年7月31日(金)

 

JCBのキャンペーンでは、諸条件を達成すると「Oki Dokiポイント」というポイントを獲得することができます。

※Oki Dokiポイントは、1ポイント3マイルに交換することができます。

 

キャンペーンボーナス①:

カード作成後にMyJチェックに登録すると400Oki Dokiポイントがもらえます。

1ポイント3マイルですので、1,200マイルを獲得することができます。

 

カード作成後、上記期間内にMyJチェックへの登録が必要になりますので、無料ですので忘れず登録するようにしてください。

登録方法は下記の通りになります。

MyJチェックの登録はこちら(カード作成後)

 

キャンペーンボーナス②:

キャンペーンに参加登録をし、対象期間中のカード利用額に応じて、Oki Dokiポイントのボーナスポイントをもらうことができます。

JCBのキャンペーンに登録はこちら(カード作成後)

対象期間中に10万円〜100万円の利用で、最大で5,800Oki Dokiポイントがもらえます。

 

新規入会で獲得できる総マイル数は?

マイ友プログラム:500マイル

ポイントサイトからもらえるポイント:4,875マイル(TOKYUルートで交換した場合)

入会ボーナス:1,000マイル

JCBキャンペーンボーナス:18,600マイル

カード決済の獲得ポイント:10,000マイル(10万円の場合)

※カード決済ポイントは、ANA JCBカード ZEROの場合は5,000マイル(100万円決済の場合)

 

様々なキャンペーンが入り混じってわかりにくくなっているのですが、すべて合計すると、34,975マイル獲得することが可能になります。

※ANA JCBカード ZEROの場合は、29,975マイル

 

ANA JCBカードのスペック比較(一般カード、ZERO、ワイドカード、ソラチカカード)

年会費、還元率、海外旅行保険、ラウンジなど

各カードの特徴を下表にまとめてみました。

カード名 一般カード ZERO ワイドカード ソラチカカード
年会費 初年度無料

2,000円※

5年間無料 7,250円※ 初年度無料

2,000円※

家族カード 1,000円※ 5年間無料 1,500円※ 1,000円※
継続ボーナス 1,000マイル なし 2,000マイル 1,000マイル
マイル還元率 0.5〜1% 0.5% 0.5〜1% 0.5〜1%
10マイルコース 5,000円※1 なし 5,000円※1 5,000円※1
ANA航空券購入還元率 1.5% 1.5% 1.5% 1.5%
フライトボーナスマイル +10% 10% +25% +10%
ETCカード 無料 無料 無料 無料
対象年齢 18歳以上 18〜29歳以下(学生除く) 18歳以上 18歳以上
空港ラウンジサービス なし なし なし なし
海外旅行保険 最高1,000万円 なし 最高5,000万円 最高1,000万円
独自機能 なし なし なし PASMO、メトロポイント

※年会費は別途消費税がかかります

※別途消費税がかかります

 

5マイルコースと10マイルコースはどっちがオススメ?(ZEROは対象外)

ポイントのマイル交換レートは2つのコースの選択によって変わってきます。

5マイルコース:1ポイント=5マイル(還元率0.5%)

10マイルコース:1ポイント=10マイル(還元率1%)

 

通常は5マイルコース設定になっており、ANAマイルへの移行手数料は無料です。

10マイルコースを選ぶ場合は、カードの年会費以外にANAマイルへの移行手数料として5,000円+税がかかります。

 

マイルの移行には「マルチポイントコース」と「自動移行コース」があります。

マルチポイントコースは、任意のタイミングでポイントをマイルに交換することができます。

自動移行コースは、名前の通り自動的にマイルに交換してくれます。

 

ANAマイル移行手数料の5,000円+税を節約したい場合、マルチポイントコースを選択すると基本は2年に一度マイル交換をすればよくなります。

ただし、ポイントの交換忘れによりポイントの失効リスクがありますので、管理に自信がない場合は「自動移行コース」をオススメします。

細かなところをケチらなくても、1マイルを2円の価値と換算した場合に5,000円の移行手数料を毎年支払っていたとしても、月5万円程度のカード決済をしていれば損益分岐点は十分にクリアして元以上にはなります。

 

一般カードとワイドカードの違い

一般カードとワイドカードは、見た目はほぼ同じですが年会費が5,000円以上異なります。

※右側ワイドカードは「WIDE」のロゴが入っている

 

では、この年会費の差はなにかというと、ざっくり下記になります。

ANA JCBワイドカードは、

・継続ボーナスマイルが多い(更新で2,000マイルもらえる)

・フライトボーナスマイルが25%もらえる

・海外旅行保険の補償金額が最大5,000万円

といったあたりに、頻繁にANAの航空券を購入される場合はフライトボーナスが高いのでそれなりにメリットもありますが、年会費ほどのメリットが増える訳ではありません。

10マイルコースの年会費5,000円+税はワイドカードでも別途必要になりますので、その場合の年会費は12,250円+税となり、ゴールドカード水準の年会費になってきます。

そういった観点から、コスト的にブルーカードで持つならANA JCBカードの「一般カード」をおすすめします。

 

ワイドカードを検討するなら、ANA JCBワイドゴールドカードをおすすめします。

 

年間利用金額に応じてマイル還元率がアップ

ANA JCBカードはJCBスターメンバーズが適用されて、年間のショッピング利用金額が一定以上になると翌年度のポイント還元率を上げることができます。

年間利用額50万円以上で「スターβ」、100万円以上で「スターα」となります。

集計期間は12月16日~翌年12月15日です。

スターβだと、10%のボーナスポイントが付与されます。このボーナスポイントは1ポイント3マイルで移行できます(マイル還元率は0.03%相当)

スターα は、20%のボーナスポイントが付与されます。(マイル還元率0.06%相当)

前年度の年間利用額 ステージ ボーナスポイント ボーナスマイル還元率
50万円以上 スターβ 10% 0.03%
100万円以上 スターα 20% 0.06%

5マイルコース、10マイルコースそれぞれのマイル還元率は、JCBスターメンバーズのボーナスポイントを加味すると下記の通りになります。

※ANA JCBカードZEROは5マイルコースのみ

前年度の年間利用額 ステージ 5マイルコース 10マイルコース
50万円未満 0.50% 1.00%
50万円以上 スターβ 0.53% 1.03%
100万円以上 スターα 0.56% 1.06%

スターαになるまでに月間90,000円弱の決済ですので、ハードル的にはそこまで高い感じではありません。

 

ANA提携店の利用でマイル還元率アップ

ANAカードマイルプラスの対象店舗でANAカードで決済をすると、100〜200円につき1マイルが加算されます。

これは、クレジットカード決済で貯まるマイルに上乗せされて貯まります。

 

ANAカードマイルプラスの提携店についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

基本的なANAマイルを貯める方法!陸マイラーは提携店、レストラン、電子マネー、フライト、ホテル予約などで最初は貯めてみよう

基本的なANAマイルを貯める方法!陸マイラーは提携店、レストラン、電子マネー、フライト、ホテル予約などで最初は貯めてみよう

 

ANA JCBカードにお得に申し込みをするまとめ

ANA JCBカード(一般カード、ZERO、ワイドカード、ソラチカカード)をポイントサイトからお得に申し込む方法についてお伝えしていきました。

現在、ポイントサイト経由の申し込み以外にも、様々なキャンペーンが開催されており、獲得できる総マイル数は、最大34,975マイル獲得することが可能になります。

※ANA JCBカード ZEROの場合は、29,975マイル

 

 

各種キャンペーンでマイルを獲得するには所定額の決済が必要になりますが、ポイントサイト分のポイントについてはカード発行のみで獲得が可能です。

申し込みは、「マイ友プログラム」→「ポイントサイト」がお得です。

詳細は下記の流れに沿ってお申し込みください。

 

1.マイ友プログラムに申し込む

紹介者情報を入力する欄がありますので、下記の様にご入力ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

ボーナスマイルを受け取るために、必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)をANAにお知らせする必要がありますのでご注意ください。

 

登録者情報の欄には、あなたの「氏名」と「生年月日」をご入力ください。

 

2.ポイントサイト経由で申し込む

「マイ友プログラム」への入会が済みましたら、「ポイントサイト」に移動します。

現在、ライフメディア経由でANA JCBカードを新規作成すると、6,500pt(6,500円相当)のポイント獲得することができます。

※ライフメディア推奨は、ANAマイルへのポイント交換方法が容易な為。

↓ライフメディアに無料会員登録する

ライフメディアへ無料登録

※ライフメディアを推奨するのは、ANAマイルの交換が容易な為。

※登録翌々月までにポイント交換で最大500P獲得

※マイルへの交換よりも現金化を優先させる場合は、すぐたまの方が得られるポイントが多いので、すぐたまからのお申し込みが良いです。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

 

ANAJCBカード

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

3,000名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 自己アフィリエイトはハピタスですべき?10万円以上稼げる案件とやり方

  • ポイントインカムでポイ活する貯め方!サイトの使い方とおすすめの稼ぐやり方

  • ハピタスでポイ活する貯め方!サイトの使い方とおすすめの稼ぐやり方

  • ポイントタウンでポイ活する貯め方!サイトの使い方とおすすめの稼ぐやり方

  • オリコカードザポイントをポイントサイトでお得に申込む【11月】特徴、メリットを解説

  • 【11月最新】ダイナースクラブカードをポイントサイトからお得に入会する!年会費やレストラン特典は?