1. TOP
  2. ハワイ
  3. 【体験あり】ANAエクスプレスバスがハワイに導入!電動トロリーの利用条件、乗り場などを解説

【体験あり】ANAエクスプレスバスがハワイに導入!電動トロリーの利用条件、乗り場などを解説

ANAのフライングホヌの運行に合わせて、ワイキキからアラモアナセンターまでANAの無料シャトルバスが運行を開始したので利用してみました。

ワイキキ滞在中は必ず1回はアラモアナセンターに行くと思いますので、使ってみるとなかなか便利ですので、利用方法から感想までをレビューしてみたいと思います。

ANAエクスプレスバスが運行開始

冒頭でも書いていますが、ANAの提供で、ワイキキ(Tギャラリア)からアラモアナセンターまでのシャトルバスが、2019年4月20日から運行開始されています。

下記の様なルートを2台の電動バスが約15分間隔で常時走っています。

始発は、ワイキキのTギャラリアからは9:00から。

最終は、アラモアナセンターから21:45になります。

 

利用条件

利用条件は2つの条件を満たしていることになります。

①ANAマイレージ会員であること

②東京発のANA便名でホノルル往復航空券を購入していること

※他社運行のコードシェア便も可

 

乗車可能期間は、ホノルル到着から10日間利用できます。

同行者は、本会員を除き、18歳未満のお子様3名までです。

※同行者のみの利用は不可

 

乗車方法

乗車方法は、スマホアプリ、または公式ページから乗車チケットを入手する必要があります。

現地に着いてからでないと発券できないので、ANAのマハロラウンジやホテルのWi-Fiで発券して、スマホでスクリーンショットしておくと便利かと思います。

乗車時にドライバーに乗車チケットの画像を見せれば無料で乗車することができます。

 

よく見受けられたのが、ANAカード(ANAのクレジットカード)を見せて乗ろうとしてた人がいましたが、ことごとく断られていました。

もしかすると、ANA便で来られていて条件は満たしていたのかもしれませんが、乗車チケットの発券方法を知らなかったのかもしれません。

 

スマホアプリから入手する

スマホアプリから乗車チケットを入手する方法を解説します。

「ANA Milege」のアプリを開きます。

左上にQRコードが表示されていますので、そこをタップします。

次に右下に「Coupon」という表示があるのでタップします。

下記の様な乗車チケットが表示されますので、スクリーンショットをしておきます。

 

公式サイトから入手する

公式サイトから入手する場合は、下記のリンクからANAにログインすれば乗車チケットが表示されます。

これも、画像をスクリーンショットしておけば問題ありません。

公式ページから乗車チケットを取得する

 

Tギャラリア側の乗り場

ワイキキからアラモアナセンター方面への乗り場はTギャラリア内にあります。

こっちは正面のカラカウア通り側の入口になります。

こちらはロイヤルハワイアン通り側の入口です。

見取り図で見ると下記の様な感じになっていて、Tギャラリア内の一番奥側にANAエクスプレスバスの乗り場があります。

(ワイキキトロリーの乗り場と同じ場所です。)

ワイキキトロリーの乗り場の様子です。

各トロリーの出発地点的な場所なので、各地に行かれる方がここからトロリーに乗っていかれます。

ANAエクスプレスバスの表示が置いてあるので、この付近でバスが来るのを待っていればOKです。

バスが来ると、スタッフが「ANA」って大きな声でアナウンスしてくれますので、あとは乗車チケットを見せて乗るだけです。

 

アラモアナセンター側の乗り場

帰りのアラモアナセンター側からの乗り場の様子です。

アラモアナセンターの乗り場も他のトロリーの乗降場と同じエリアに設置されています。

場所的にはショッピングセンターを出て、アラモアナビーチパーク側になります。

雑な絵で恐縮ですが、下図の付近になります。

Tギャラリアからアラモアナセンターに着いた時に降りるのも同じ場所なので、着いた時に場所を確認しておくようにしてください。

乗降場には、ANAエクスプレスバスの看板表示がついています。

バスは、常に巡行している感じなので、長い時間は停車していません。

着いて出発するまで5分もいませんが、15分間隔で来ますので、乗り遅れても少し待っていれば次のバスが来ます。

こちらはANAブルーのデザインバス。

もう1台は、サンセットオレンジのバスになります。

 

乗ってみた感想

電動バスなので、静かですし、窓のないバスですが、排ガスが臭いなんてこともありません。

しかも、みなさん利用方法がまだ浸透していないのか、ガラガラです。

私は4回乗りましたが、毎回2、3人乗っているかいないかくらいでした。

バス内には無料のWi-Fiも完備されています。

ちなみに、ワイキキからアラモアナセンター行きの無料シャトルで有名なJCBのバスは常に満席でした。

(JCBカードの提示で無料で乗れることで有名)

圧倒的な認知度の差を感じますが、ANAエクスプレスの方が空いているので私はそちらを利用しました。

 

まとめ

フライングホヌの就航に合わせてワイキキに登場したANAエクスプレスバスを利用してみました。

まだ新しいせいか利用方法などが認知されておらず、いつ乗ってもガラガラで快適なバスでした。

ワイキキからアラモアナセンターまで15分おきに運行しており、朝は9時から、最終は21:45と遅くまで走っているのもとても便利に感じます。

ANAの便でハワイに来ていれば利用が可能ですので、ぜひご利用されてみてください。

乗り方がわからない場合も、この記事が参考になれば幸いです。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

A380のファーストクラスに搭乗してみました。

ANA A380ハワイ便ファーストクラス搭乗記【成田→ホノルル】空飛ぶウミガメのサービスを全公開(2号機初フライト)

ANAマイルとSPGアメックスを駆使してほぼ無料でハワイ旅行を実現しました。

ANAマイルとSPGアメックスの使い道!80万円以上のハワイ家族旅行が無料! ビジネスクラスもホテルも全部タダ!!

私のマイルの貯め方の基本的な考え方と実績を記録しています。

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

あなたの知らない、マイルの真実をご確認ください!


マイルの詳しい貯め方を「無料のメール講座」で解説しています。

マイルは貯めることも大切ですが、貯める目的は「旅行」をすることです。

実際に読者様より、

「ファーストクラスに乗れました」

「ヨーロッパ行きのビジネスクラスの予約が取れました」

「1ヶ月で18万マイル貯めることができました」

などのご報告を多数いただいていますので、ぜひご登録いただけると幸いです。

 

2,500名以上が登録している無料メール講座の登録はこちら
>>無料メール講座を受け取る<<

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【体験記】マハロラウンジの利用条件、場所、サービスは?ANA搭乗でワイキキのオアシスになるか!

  • ANA A380ハワイ便ファーストクラス搭乗記【成田→ホノルル】空飛ぶウミガメのサービスを全公開(2号機初フライト)

  • ワイキキビーチマリオットのオーシャンビューの部屋、プールは口コミ通り?<SPG宿泊記>

  • フライングホヌ A380ファーストクラス搭乗記【ホノルル→成田】限定機内食に大感動!

  • リッツカールトンワイキキ宿泊記ブログ!部屋、プール、レストランを堪能

  • ユナイテッド航空のビジネスクラスのマイル搭乗記。機内食、ラウンジは?【ハワイ→成田】