1. TOP
  2. ANAマイル
  3. お得なANAマイルの使い方と交換先!特典航空券、アップグレード、ポイント移行など基本を解説

お得なANAマイルの使い方と交換先!特典航空券、アップグレード、ポイント移行など基本を解説

ANAマイルを貯める目的は、もちろん旅行に行く為であって、ANAマイルを貯めることを目的にしている方はいないはずです。

この記事では、ANAマイルをどういう使い方をすればお得になるのか、から交換先までの基本をお伝えしていきたいと思います。

【第5回目】ANAマイレージクラブを使いこなすの基本講座

ANAマイレージクラブを使いこなす流れを、全7回に渡ってお伝えしていきます。

一通り読んでいただければ、基礎はマスターできます。

第1回:ANAマイレージクラブの基本を知る

第2回:おすすめでお得なANAカードの選び方!

第3回:ANAマイルの貯め方【日常生活編】

第4回:ANAマイルの貯め方【年30万マイル以上を目指す】

第5回:ANAマイルのお得な使い方←今ココ

第6回:ANA SKY コインの特徴、貯め方、使い方

第7回:ANAの上級会員のサービス

更に詳しい裏技的に貯めるマイルの貯め方は無料のメール講座で解説していますので、第7回まで読み終わったら登録してみてください。

 

ANAマイルの使い道交換先一覧

ANAマイルでなにができるかを一覧表にしてみました。

サービス 内容 最低必要マイル数
ANA国際線特典航空券 ANA国際線の往復特典航空券 15,000〜
提携航空会社特典航空券 提携航空会社の往復特典航空券 15,000〜
ANA国内線特典航空券 ANA国内線の片道特典航空券 6,000〜
ANA国際線アップグレード特典 ANA国際線の座席アップグレード 12,000〜
スターアライアンスアップグレード特典 提携航空会社の座席アップグレード 12,000〜
ANA SKY コイン ANA SKY コインへ交換 10〜
バニラエア特典航空券 バニラエアの特典航空券 4,000〜
提携ポイントへ交換 提携ポイントへの交換 10,000〜
ANA国際線超過手荷物量 手荷物の超過料金の支払い 5,000〜
ANAショッピング A-Style マイルを買い物金額として利用可能 1〜
ANAセレクション特典 ANAおすすめ商品をマイルで交換 4,000〜
レストラン・ホテル・レンタカー利用 ホテル宿泊、レストランの食事券と交換 10,000〜
ANAご利用券 10,000円分のご利用券と交換 10,000〜
ANAグローバルセレクション ANAおすすめ商品をマイルで交換 1,872〜
ANAマイレージモール1000マイルクーポン 1,000円分のクーポンと交換 1,000
暮らし・美容・健康など クーポン券と交換 100〜
アクティビィ・エンターテインメント クーポン券と交換 10,000〜

など、細かなものを挙げればまだありますが、主だったANAマイルを使って受け取れる特典サービスはこのようなものになります。

※特典航空券の最低必要マイル数はレギュラーシーズンで記載

 

ANAマイルの使い方の基本を解説

ANAビジネスクラスのスタッガードシート

最もお得なのは国際線の特典航空券

ANAマイル価値を最も高く使えるのは国際線の特典航空券になります。

ANAマイルを使った特典航空券は、距離が遠くなればなるほど座席ランクが高くなるほど1マイルの価値は上がっていきます

参考:「1マイルの価値はいくら?換算や還元率、使い道は?年100万円の得をする使い方!?

 

予約は、ANA運行便だけでなく、スターアライアンス加盟航空会社の運行便、ANA提携航空会社の運行便など幅広い用途で利用することができます。

各特典航空券は、ビジネスクラスやファーストクラスの予約に利用することができるので、普段現金では手が届かない様な航空券もANAマイルを使えば予約が可能になりますので、非日常な体験をすることができます。

※一部航空会社ではビジネスクラス以上が予約できない航空会社もあり。

 

予約は355日前から予約が可能です。

航空券代が無料になれば、海外旅行に行く費用もかなり安くすることができますので、旅行での満足度も非常に高くなるのではないかと思います。

また、スターアライアンスは世界最大のアライアンスですので、選べる渡航先の多さも特徴になります。

ANAマイルを使えば、ほとんどの国と地域に行くことが可能になります。

 

国際線予約に必要なマイル数

検索方法や実際に必要なマイル数の確認方法はこちらの記事をご参照ください。

ANA国際線の特典航空券予約に必要なマイル数を調べる方法

 

ANA便の国際線で特典航空券を予約するのに必要なマイル数は下記の通りになります。

発着地 利用
クラス
目的地
韓国
(Zone 2)
アジア 1
(Zone 3)
アジア 2
(Zone 4)
L R H L R H L R H
日本
(Zone 1)
Y 12,000 15,000 18,000 17,000 20,000 23,000 30,000 35,000 38,000
PY 46,000 51,000 54,000
C 25,000 30,000 33,000 35,000 40,000 43,000 55,000 60,000 63,000
F 105,000 105,000 114,000
発着地 利用
クラス
目的地
ハワイ
(Zone 5)
北米
(Zone 6)
欧州
(Zone 7)
L R H L R H L R H
日本
(Zone 1)
Y 35,000 40,000 43,000 40,000 50,000 55,000 45,000 55,000 60,000
PY 53,000 58,000 61,000 62,000 72,000 77,000 67,000 77,000 82,000
C 60,000 65,000 68,000 75,000 85,000 90,000 80,000 90,000 95,000
F 120,000 120,000 129,000 150,000 150,000 165,000 165,000 165,000 180,000
発着地 利用
クラス
目的地
オセアニア
(Zone 10)
L R H
日本
(Zone 1)
Y 37,000 45,000 50,000
PY 54,000 62,000 67,000
C 65,000 75,000 80,000
F

座席ランク

Y:エコノミークラス

PY:プレミアムエコノミークラス

C:ビジネスクラス

F:ファーストクラス

 

シーズンマイル

L:ローシーズン

R:レギュラーシーズン

H:ハイシーズン

 

詳しくは下記をご参照ください。

ANA国際線特典航空券に必要なマイル数

ANA国際線特典航空券に必要なマイル数一覧

提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数

ANAマイル提携航空会社で特典航空券を予約する時の必要マイル数

 

国内線の特典航空券

国内線は、少ないマイル数で利用ができ、予約も容易なので使い勝手が良いです。

予約開始は、例年1月末にその年の4〜10月分、9月末に11〜3月分が予約できるようになります。

※多少のズレはありますのでご了承ください。

直前の予約をする場合には、4日前までが予約可能になります。

週末の沖縄便とかでなければ、直前でも比較的空席があるのが特徴です。

 

国際線に比べると、1マイルの価値は2〜4円程度なのでお得度は下がります。

ですが、家族旅行で4人分とかが容易に取れますし、マイル数も少ないので利便性も高いです。

国内旅行であれば、海外よりも短期間で行けるので、スケジュールも立てやすいのが特徴でしょうか。

参考:「1マイルの価値はいくら?換算や還元率、使い道は?年100万円の得をする使い方!?

 

国内線特典航空券の特徴必要マイル数

国内線の特典航空券に必要なマイル数は、

「目的地までの距離×利用時期」

で決まっています。

国内線予約に必要なマイル数の詳しい数字は下記をご参照ください。

ANA国内線の特典航空券に必要なマイル数一覧

 

また、国内線プレミアムクラスはANAマイルで予約することはできません。

マイルを使ったプレミアムクラスへのアップグレードもできません。

追加料金(だいたい15,000円くらい)を支払えば、空席があればアップグレードをすることができます。

国内線プレミアムクラスのシート

 

座席アップグレード特典座席アップグレード特典の特徴

ANA国際線アップグレード特典

ANAのグループ便の航空券を持っている場合、ANAマイルを使って座席のアップグレードをすることができます。

エコノミー、プレミアムエコノミー→ビジネスクラス

ビジネスクラス→ファーストクラス

にそれぞれアップグレードが可能です。

エコノミー→ファーストクラスへのアップグレードはできません。

アップグレードに必要なマイル数は、距離によって決まっています。

 

注意が必要なのは、割引運賃で航空券を購入している場合、アップグレードの対象にならないことがありますので、購入時に注意が必要です。

 

アップグレード特典は得か?

東京-シンガポール路線でお得かどうか検証をしてみました。

シンガポール往復を最安運賃で予約した場合、86,830円になります。(アップグレード不可)

同じエコノミークラスでも、アップグレード可能の料金で購入すると、188,830円になります。(エコノミーのクラスUはアップグレード対象)

次に、ビジネスクラスを最安で購入した場合の金額は、363,830円になります。

東京からシンガポールまでの飛行距離は3,312マイルなので、アップグレードに必要なANAマイル数は片道18,000マイルになります。

往復でアップグレード特典を使う場合、36,000マイル必要になります。

金額の差額は、363,830円-188,830円=175,000円

175,000円/36,000マイル=4.86円

なので、1マイルあたり4.86円で使えていることになります。

 

単純に安く移動したいと考えた場合には、8万円ちょっとの航空券代なので比較対象にできませんが、ビジネスクラスをお得に乗ってみたいという場合には18万円+36,000マイルなので、割安感はあるのかなと思います。

ANAビジネスクラスの東南アジア路線の軽食で注文できる一風堂のラーメン(味噌)

 

スターアライアンスアップグレード特典

スターアライアンス加盟航空会社の航空券を持っている場合にも、ANAマイルを使ったアップグレード特典を利用することができます。

↓スターアライアンス加盟航空会社

 

ANAアップグレード特典、スターアライアンスアップグレード特典のそれぞれに必要なANAマイル数(1区間:片道)は下記の通りです。

ANA(スターアライアンス)アップグレード特典に必要マイル数

 

ANA SKY コインの特徴・使い方

ANA SKY コインは、1コイン=1円の価値でANAの航空券の支払いやツアーパッケージの購入に使うことができる電子マネーみたいなものです。

もちろん全額充当だけでなく、支払いの一部にも利用することができます。

 

交換する量と、ANAの会員ランクまたは持っているクレジットカードによって獲得できるコインの倍率が変わります。

 

国内線なんかは、上手に使うと特典航空券で予約するよりもお得になる場合があります。

羽田-那覇便などの国内線を少ないマイル数でLCC並みに安くANA/JALの飛行機に乗る方法

他にANA SKY コインに交換するタイミングは下記の様な場合になるかと思います。

・ANAマイルの有効期限が切れそうな時

※ANA SKY コインの有効期限は1年なので、マイルの期限切れの場合、実質1年延長

・特典航空券が満席で予約が取れない時にSKY コインで航空券を買う

・プラチナ会員を目指す為に、航空券を購入する場合

・プレミアムクラスを購入する場合

 

さらに詳しくはANA SKYコインの使い方の記事に記載させていただきます。

 

バニラエア特典航空券

ANAマイルは、LCCのバニラエアの特典航空券に交換することもできます。

2019年3月31日搭乗分から必要マイル数の見直しがされ、使いやすくなりました。

※必要マイル数が少なくなりました。

利用範囲は、国内線、国際線の全路線が対象となっています。

下記は、片道(1区間)搭乗に必要なマイル数になります。

路線 バニラエア ANA
成田-札幌 4,000 7,500
成田-沖縄 4,800 9,000
成田-台北 6,800 20,000(往復)
成田-香港 6,800 20,000(往復)

ANA便に比べ、半分のマイル数で利用ができるので、そもそもが安い航空券ではありますが、移動するだけと考えればお得感があります。

国内線であれば1マイル=1〜1.5円

国際線であれば1マイル=2〜3.5円

くらいで使えますので、まずまずです。

 

座席の事前指定には、別料金がかかりますが、預け荷物に関しては20kgまで無料となっています。

LCCの場合、荷物を預けるのは基本的に別料金なので、特典航空券のメリットをさらに感じられます。

予約は、空席があれば搭乗日の4日前まですることができます。

詳しくはバニラエア特典航空券利用をご確認ください。

 

バニラエアは、2019年10月26日ですべての運航を終了し、ピーチと統合することが決定しています。

参照:バニラエアのプレスリリース

今後はピーチとして路線は引き継がれるようですが、特典航空券などの扱いがどうなるかは情報があり次第追記していきます。

 

 

ここから先はほぼ使うことはないと思いますが、利用できるサービスなので簡単にご紹介させていただきます。

提携ポイントへ交換・交換先一覧

ANAマイルは、10,000マイルから各種提携ポイントに交換することができます。

10,000マイルは10,000ポイントにしか交換できない為、1マイル=1円になってしまうので、お得感はまったくありません。

しかも、年間20,000マイルまでは1マイル=1ポイントですが、30,000マイル以降は、1マイル=0.5ポイントと交換レートが下がりますので、かなり使えない印象があります。

※年度の計算は、4月1日〜3月31日までを同一年度とします。

ANAマイルの期限切れの際にやむなく交換という使い方になると思いますが、それであればANA SKY コインに交換した方が利用価値は高い気がします。

 

提携の交換先一覧は下記の通りです。

・スターバックスカード

・iTunesギフトコード

・地域経済応援ポイント

・楽天Edy(電子マネー)

・iD バリュー(ANA VISA/Materカード会員限定)

・TOKYU POINT(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード会員限定)

・メトロポイント(Tokyo Metro To Me CARD会員限定)

・Suica(ANA VISA Suicaカード会員限定)

・nimocaポイント(ANA VISA nimocaカード会員限定)

・楽天スーパーポイント

・Tポイント

・nanacoポイント

・JRタワースクエアポイント

・JRキューポ

・ヤマダポイント

・セブンカードポイント

・タカシマヤポイント

・マツモトキヨシ現金ポイント

・カエトクマネー

・PiTaPaショップ de ポイント

・μ starポイント

・はやかけんポイント

・伊予鉄ICい〜カード電子マネー〜

・京成グループポイント

・エムアイポイント

・京急プレミアポイント

・Sポイント

・トラノコポイント

 

その他の提携先への交換

ANAセレクション

ANA厳選商品をマイルで交換することができます。

利用は4,000マイルから交換ができ、ANAオリジナルグッズ、体験メニュー、バック、グルメ商品、時計や財布などの小物、生活雑貨、家電、タカシマヤセレクトなどがあります。

 

A-Style

ANAマイルの貯まる通販オンラインショップです。

ANAオリジナルグッズなど多数の取り扱いがあります。

支払いを1マイル〜充当することも可能です。

使い方としては、ANAマイルの期限切れが近く、端数が余ってしまった場合に物品購入に使う程度かなと思います。

変わり種としては、こんなものが売ってました。

ANA機内搭載カート

ほかにも面白いものが見つけられるかもしれないので、よかったら覗いてみてください(笑)

 

レストラン・ホテル

レストランでの食事やホテル宿泊でもANAマイルを利用することができます。

レストランであれば、10,000マイル〜

ペニンシュラ東京やシャングリラ東京でのランチ2名分のコースからあります。

提携レストラン:ANAマイルのレストランチケット

 

ホテル宿泊も ペニンシュラ、シャングリラ、リッツカールトン、セントレジス、プリンスホテル、オークラ、ハイアットなど高級ホテルの宿泊券としてANAマイルを利用することができます。

宿泊に必要なANAマイル数は20,000マイル〜になっています。

提携ホテル:ANAマイルホテルチケット

 

レストランもホテル宿泊も高級なところばかりでしたので、利用時のマイルの単価しては高くありませんが、飛行機に乗らない方がマイルを貯めていた場合でも体験価値として使えるのは良いサービスだと思います。

 

まとめ

ANAマイルの使い道について解説をしてきましたが、一番価値のある使い方は、やはり特典航空券での利用になります。

特に国際線のビジネスクラスやファーストクラスでの利用は1マイルの単価を10円以上にできる路線もたくさんあります。

貯めたポイントが1ポイント1円ではなく、1ポイント10円で使えるなら、貯めるメリットもたくさん出てくるのではないかと思います。

国内線の特典航空券は、1マイル3円前後が最高値なので国際線ほどのメリットは出せませんが、少ないマイルで気軽に使えますのでふらっと旅行に行くのもいいですし、家族旅行で4人、5人であっても使いやすいのが特徴です。

ほかにも、提携ポイント交換や通販、各種サービスについても解説してきましたが、マイルを貯めるなら、特典航空券一本でできたらいってもらえたら価値も高いので嬉しく思います。

 

次はANA SKY コインのお得な使い方についてご説明します。

ANA SKY コインとは?使い方、貯め方、実はANAマイルよりも使えるメリットがたくさんある!?」へお進みください。

ANA SKY コインとは?使い方、貯め方、実はANAマイルよりも使えるメリットがたくさんある!?

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ANAカード比較と陸マイラーにおすすめな選び方!ゴールドカードはVISA、アメックスそれとも…どれがお得?

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • 【台湾旅行2泊3日ブログ】ANAマイルだけでホテルも飛行機も全部無料!魅力的な旅費で行く方法

  • ポイントサイトおすすめ比較!お得にマイルを稼ぐ5つの攻略ノウハウも暴露

  • プレミアムクラス搭乗記【羽田→那覇】ANAラウンジ、食事、座席の感想!修行路線?PP単価は?

  • TOKYUルートに注目!ソラチカルートより便利で高還元でANAマイルを得られるおすすめルート

  • ANA陸マイラーが年間30万マイル以上をポイントサイトを絡めて大量に貯める貯め方!

  • メトロポイント交換は終了ではない。必須のポイントと登録キャンペーンとおすすめな使い方