1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA陸マイラーが年間30万マイル以上をポイントサイトを絡めて大量に貯める貯め方!

ANA陸マイラーが年間30万マイル以上をポイントサイトを絡めて大量に貯める貯め方!

ANAマイルを貯めることを調べていると、「ポイントサイトを利用して大量マイルを貯める!」という手法を目にされたことがあると思います。

この記事では、一応手法として確立されているのそういった手法についてもお伝えしていきますが、そういう手法だけがANAマイルを貯める方法ではありませんので、ポイントサイトを活用したANAマイルの貯め方の考え方としてもう少し深い部分まで解説していきたいと思います。

【第4回目】ANAマイレージクラブを使いこなすの基本講座

ANAマイレージクラブを使いこなす流れを、全7回に渡ってお伝えしていきます。

一通り読んでいただければ、基礎はマスターできます。

第1回:ANAマイレージクラブの基本を知る

第2回:おすすめでお得なANAカードの選び方!

第3回:ANAマイルの貯め方【日常生活編】

第4回:ANAマイルの貯め方【年30万マイル以上を目指す】 ←今ココ

第5回:ANAマイルのお得な使い方

第6回:ANA SKY コインの特徴、貯め方、使い方

第7回:ANAの上級会員のサービス

更に詳しい裏技的に貯めるマイルの貯め方は無料のメール講座で解説していますので、第7回まで読み終わったら登録してみてください。

 

陸マイラーがANAマイルを貯めるのにポイントサイトを使うのが基本

ANAマイルを貯めることを考えた場合、ポイントサイトの活用は必須になります。

なぜなら、ポイントサイトで貯めたポイントは高還元でANAマイルに交換することができ、しかも生活の中で使うお金は今までとほとんど変わらないからです。

今までと使うお金の量が変わらないのに、ANAマイルが効率よく貯められるなら利用しない手はないですよね?

なので、ポイントサイトの効果的な活用方法について引き続きお伝えしていきたいと思います。

 

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、商品を提供したい企業と提携された紹介サイトだと思ってもらえれば結構です。

企業はポイントサイトに案件を掲載する代わりにポイントサイトに広告料を支払っています。

そのポイントサイトに掲載された案件を、利用したいユーザーが申し込みをすると、広告費の一部がポイントとして還元される仕組みになっています。

なので、お金の出所は、広告を出稿している企業の広告費になりますので、なんら怪しいものではありません。

また、ポイントサイトは現在100以上のサイトがあると言われており、新しいものができては無くなっていくというような状態になっています。

せっかく貯めたポイントが、サイトが消滅してなくなるなんて寂しいことが起こらない様に、なるべく運用暦が長く、上場している様な企業のポイントサイトを選ぶことが重要になってきます。

使い方は簡単で、スマホがあれば登録可能で、案件の申し込みもできます。

(メールアドレス、電話番号等が必要)

電話番号が必要な理由は、SMS認証をする為で、ポイントの不正利用を防止する為に設けられています。

なので、電話番号認証の無い様なポイントサイトには登録しない方が無難ということになります。

当サイトでは、運用暦10年以上、上場企業が運営、日本インターネットポイント協議会に参加のうち最低2つ以上該当するポイントサイトしかご紹介をしませんので、絶対ではありませんが基本的には安心して利用ができると思います。

 

ポイントサイトを絡めていけば、毎年10万マイル程度は貯め続けられる

ANAカードを使って、日常生活の中で貯めていくという基本を抑え、そこにポイントサイトの活用を加えていくと、年間10万マイル程度は毎年貯めることが可能です。

なので、まだ基本を抑えられていない場合は、日常生活で貯める方法から身につける様にしてください。

長く使える方法を身につけないと、一瞬は貯まっても、継続して貯め続けることはできません。

詳しくは「基本的なANAマイルを貯める方法」の記事をご参照ください。

基本的なANAマイルを貯める方法!陸マイラーは提携店、レストラン、電子マネー、フライト、ホテル予約などで最初は貯めてみよう

この基本的な貯め方編を抑えるだけで、年間30,000マイルくらいは継続して貯め続けられる計算になっていますが、ここを抑えた上でポイントサイトを活用していくと70,000〜100,000マイルくらいまで獲得できるANAマイルを上げることができます。

これをやらずしてポイントサイトだけに特化してしまうと、初年度は貯まると思いますが、2年目以降は案件が枯渇して苦労することになります。

 

貯めたポイントからANAマイルへの交換方法

具体的な貯め方に移る前に、貯めたポイントからのANAマイルへの交換方法から解説していきます。

ポイントサイトで貯めたポイントは、

ポイントサイト→PEX→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル

の流れで交換していき、最終的に72%程度のANAマイル還元率で交換をします。

基本的に、ポイント移行の申請をするだけなので、一度やってしまえば特に難しいことはありません。

使うポイントサイトを変えたり、ポイント交換ルートを変えればこの方法は最高81%のANAマイル還元率を出すことができます。

これは現存するポイント交換方法では最高レートになります。

 

ANAマイルへのキーポイントはソラチカカードを使うこと

上記のポイント交換ルートで必要なものは下記の通りです。

PEX:無料登録で利用可能

LINEポイント:スマホのLINE IDがあれば交換可能

メトロポイント:ソラチカカードを作る必要あり

ANAマイル:ANAマイレージクラブへの登録(無料)

 

ソラチカカードとは、正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」というANAと東京メトロの提携したクレジットカードになります。

決済としてメインカードで使うにはイマイチですが、ポイント交換用の中継用としては絶大な効果を発揮しますので、ANAマイラーの必須カードに認定されるんじゃないかというくらいの人気カードとなっています。

なので、ポイントサイト活用にはメトロポイント→ANAマイルのルートを作る為にソラチカカードは絶対に持っておく必要があります。

「ソラチカカードのお得な作り方」については下記の記事をご参照ください。

ソラチカカードお得なポイントサイトとキャンペーン(2019年4月限定)55,125マイル獲得するオススメ入会の作り方

 

ソラチカカードの限界

ANAマイルに高還元で交換してくれるソラチカカードにも限界があります。

月の交換上限が20,000ポイントまでとなります。

(ANAマイルへの交換還元率は90%なので月18,000マイル

なので、毎月18,000マイルずつ交換しても、年間216,000マイルまで貯めることができます。

多くの陸マイラーさんブログで20万マイル程度を目指しましょうと書いてある理由が、このソラチカ上限によるものなのです。

とはいえ、年間216,000マイルはアジアのファーストクラス2回に乗れるほどのマイル数なのですごいことであることは間違いありません。

216,000マイル分の交換枠を使い切るには、ポイントサイトを使い切る勢いでやらないと中々届かないので、一応限界はあるということを理解しておいてもらえれば結構です。

 

上限を超えた分はどうやってマイルに変える?

ソラチカカードの上限を超えてしまった分はどうしたらいいか?

ですが、選択肢やポイント交換方法は他にもあります。

①余剰なポイントは翌年に繰り越す

②ほかのポイントに交換してANAマイルに交換する。

・Tポイント経由:ポイントサイト→Tポイント→ANAマイル

・楽天ポイント経由:ポイントサイト→楽天ポイント→ANAマイル

・nanaco経由:ポイントサイト→nanaco→ANAマイル

なんて方法が一般的には使えます。

これらの交換の場合に獲得できるANAマイルの還元率は50%になります。

半減って思ってしまうとガッカリかもしれませんが、1マイルの価値を考えたら決して悪い交換方法ではありません。

 

ほかには、ソラチカ経由回避策として、九州と函館の方限定となりますが、「nimocaルート」なんていうものもあります。

この方法を使うには、ANA VISA nimocaカードを持つ必要があります。

ANA VISA nimocaカードのお得なポイントサイトと新規申し込みキャンペーンは?使えるソラチカ代替ルートは?【2019年4月:九州・函館限定】

 

交換ルートが長くて面倒ですが、「永久不滅ポイント」を経由する方法もあります。

このルートを使う為には、JRキューポセゾンみずほマイレージクラブカード/ANAをポイント交換用として作る必要があります。

余剰ポイントがあって、なるべく交換レートを良くしたい場合の参考にしてもらえればと思います。

 

ソラチカカードを使ったポイント交換の詳しい方法は、「ポイントサイトからANAマイルへ交換ルートまとめ」をご参照ください。

 

どのポイントサイトを使うのが良いか?

続いて、ポイントサイトの選定です。

ANAマイルへの交換を第一に考えるなら、「ポイントタウン」がオススメです。

ポイントタウンの運営会社はGMOメディア株式会社で、東証マザーズに上場しており、ポイントサイトの運営としては最大手のひとつです。

また、ANAマイルへの交換に非常に適していて、ソラチカカードを使ったANAマイル還元率を簡単に81%と最大還元率を出せるのが魅力です。

また、下記で解説をしている日常生活で貯められる案件が豊富な点もメリットになりますので、ANAマイルを貯めるなら最初に登録しても良いポイントサイトだと思います。

ポイントタウンのポイントは、20pt=1円なので注意してください。

あまりに数字の単位が大きいので、1pt=1円と錯覚するととんでもないことになりますので…

↓ポイントタウンへはこちらから登録できます

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

 

 

 

 

※当サイトからご登録いただくだけで300円分のポイントがもらえます。

 

もうひとつ登録するなら「ハピタス」をオススメします。

これは多くの陸マイラーさんのサイトでも紹介されているマイルを貯める鉄板のポイントサイトとなっています。

ハピタスの運営会社は株式会社オズビジョン、運営歴は15年になりますので、老舗のひとつになります。

ハピタスの特徴は、高額案件が豊富にあるので、一件あたりの獲得ポイントが大きいというのがあります。

ハピタスのポイントは、1pt=1円になります。

(ポイントタウンとは単位が異なりますのでご注意を!)

↓ハピタスの登録はこちらからできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

両ポイントサイトとも、日本インターネットポイント協議会に参加している企業ですので、選定基準としては良いと思ってます。

 

ポイントサイトの貯め方

ここからはポイントサイトを使ってポイントを貯めていく方法についてお伝えしていきます。

 

日常生活編

日常生活で使える部分を抑えておくだけで、ANAマイルの貯まり方は全然変わってきます。

ポイントサイトを使う上での基本になりますので、いくつか事例を解説したいと思います。

ネットショッピング

通販を利用する際、楽天ヤフーショッピングなどを利用する時にポイントサイトを経由すると1%以上のポイントサイトのポイントが貯まります。

使い方は、ポイントサイトにログインをして、ショッピングで貯める→楽天などを選ぶ、あとはいつも通りお買い物をするだけです。

たったこれだけの手間を加えるだけで、ポイントの三重取りができるようになります。

①クレジットカードの決済ポイント

②楽天などのネットショッピングのポイント

③ポイントサイトのポイント

なので、日用品や飲料水などは、この際ネットショッピングに切り替えてしまった方が良いです。

ティッシュやトイレットペーパー、紙オムツなどの痛まないものは、単品買いだと送料を取られることがありますが、まとめ買いをすれば無料になる店舗が多いです。

そうなると、価格もさほど近所の店舗で買うのと変わらないですし、自宅まで届けてくれるし、ポイントも貯まる。

いいことづくめです。

 

外食、モニター

外食サービスやモニターサービスはポイントタウンが優れています。

ポイントタウンには「ぐるポタ」というサービスがあります。

これはポイントタウン経由で掲載のレストランに予約をして飲食をすると、飲食代の30

〜60%ほどがポイントとしてバックされるというサービスです。

仮に30%だとした場合、10,000円の飲食3,000円分のポイントが返ってきます。

ANAマイルに交換した場合、ソラチカカードを使って81%で交換できますので、2,430マイル(3,000×81%=2,430マイル)獲得できることになります。

月に1回利用するだけで、年間29,160マイル獲得できる計算になります。

また会員ランクによってボーナスポイントがもらえる仕組みになってますので、定期的に利用すれば更にお得です。

ランクは半年の実績で決定されます。

細かいランクアップ条件は下記の図、またはポイントタウンのページをご確認ください。

 

続いて、モニター案件を解説します。

モニター案件は、店舗型のモニターと通販のモニターの2つがあります。

ここでは店舗のモニター(飲食店)をメインにご紹介していきます。

上記のぐるポタは、地域が割と限定されてしまっていて、都会に住んでいないと対象店舗がない場合があります。

地方にお住いの場合は、店舗モニターであれば対象店舗が出てくる可能性がありますのでご確認されてみてください。

飲食店の店舗モニターの実施する流れですが、

①モニターに申し込む

②当選したら、店舗でサービスを利用する

③所定のアンケートに答える(15分程度)

④後日ポイントバック

といった流れになります。

基本的に50%程度のポイントバックがされます。(ランチだと100%いうものもアリ)

10,000円利用で50%バックだとすると、5,000円相当ですので、ソラチカカードを使ってANAマイルに交換した場合、4,050マイル(5,000×81%=4,050マイル)獲得することができます。

普通に食事をするだけでこれだけのマイル数がもらえるのは、もはや異常なレベルですので、利用しない手はありません。

 

その他の案件

ポイントサイトにはあらゆるジャンルに対象ショップがあり、すべてを紹介するのはちょっと困難です。

なので、ご自身で使えるものがあるかどうか、一度ご覧になってみることをオススメします。

ジャンルだけでも下記の様にあり、だいたいが1%〜5%くらいのポイント還元をしてもらえます。

ポイントサイトのポイントと、各ショップのポイント、クレジットカードのポイントが三重で貯まるので、ネット通販で現金購入ではもらえない高ポイント還元を常時もらうことも工夫次第では可能になってきます。

ここまでお伝えしてきているクレジットカード決済の徹底と、ポイントサイトの貯め方日常生活編までで、年間10万マイル程度を貯めることは、続けている限りずっと可能になります。

まずは、ずっと貯められる方法を身につけることと、それを習慣されてみてはいかがでしょう。

 

年間30万マイル以上を狙う一発ネタで大量マイル獲得

ここからは、一発ネタで大量ポイントを貯める手法になり、徹底してやれば初年度から30万マイルくらいを貯めることも可能になります。

この方法は、多くの陸マイラーさんのサイトでご紹介されている内容で、一般的ノウハウとして広く知れ渡っているので、情報として掲載はさせていただきますが、マイルの錬金術師ではここから先は無理して実行する必要はないと考えています。

基本的に当サイトの考えは、必要な案件だけお申し込みいただき、不要なものは申し込まなくて良いと思ってます。

とにかく、なんでもいいから早くたくさんマイルを貯めたいって方は片っ端からお申し込みされてみるのも良いと思います。

※やれば短期でたくさん貯まりますが、嫌なことをやる必要はまったくありません。

※どのくらい貯まるのか試してみたかったので、私も最初は申し込みできるものは全部申し込みをしてみました。

 

クレジットカード作成

ポイントサイトで大量ポイント獲得の定番となっているクレジットカード作成です。

年会費無料のカードであれば1,000〜10,000円相当ポイントゴールドカードであれば10,000〜20,000円相当のポイントという一回の申し込みで大量ポイントを獲得することができます。

楽天カードやヤフーカードなどの年会費無料のカードも年に数回に強烈なキャンペーンを開催しており、作成+ちょっとの利用で20,000円相当に近いポイントがもらえることもあります。

そういった気軽さ+高ポイントが陸マイラーのマイルを貯める案件として人気になっています。

クレジットカードを作成してマイルを貯めることは全然問題ありませんが、一度に大量の申し込みは信用情報に関わりますので、少しずつお申し込みされた方が良いです。

高額案件では、一番リスクが少ないので、ポイントサイトの高額案件を利用されたい時はクレジットカード作成から始めてみるのが良いと思います。

 

FX案件

FXの案件開設+所定の取引を行うことによって高額ポイントバックされる案件も人気です。

FX初心者の場合、各FX会社にはデモトレードという練習モードがあるので、いきなり現金を投入しないようにご注意ください。

一応、高額なので掲載をしてますが、マイルの為にと決して無理はしないでください。

何回も言いますが、こういう案件に頼らなくてもコツコツやれば貯まりますので…

 

不動産投資(資料請求、面談)

近年高額案件で出回っているのは不動産系の案件です。

物件成約なら20万円分のポイントなんてのもありますが、そんな気軽に買えないのでそれはパスするとして、申し込み+面談で20,000〜40,000円相当のポイントなんてあたりが人気の相場になっているのかと思います。

これもFXと同じで、無理にやらなくてもいいと思います。

確かに一発で20,000円以上は魅力的ですけど…

 

一発ネタのメリットは、短期でANAマイルが貯まりますので、早い段階でビジネスクラスやファーストクラスの体験ができるので、今後も貯め続けるモチベーションになると思います。

ただし、一発ネタは一度申し込みをすると二度目は使えませんので、この一発大量ポイント案件に偏って取り組まれると次第にネタが枯渇してANAマイルが貯まらなくなってきます。

FXや不動産はあくまで投資への誘導が目的ですので、こんなのもあるよ程度でご紹介はしていますが、不用意に手を出す必要もありません。

短期的に20〜30万マイルを貯める目的がある場合には、ご自身のリスクの負える範囲で取り組まれてみてください。

 

まとめ

この記事ではポイントサイトの活用についてお伝えしてきました。

ポイント交換にはANAをマイルを貯めるにはソラチカカードを使ったポイント交換が基本になります。

ポイントを活用される場合は必須になりますので、作成されるようにしてください。

「ソラチカカードのお得な作り方」については下記の記事をご参照ください。

ソラチカカードお得なポイントサイトとキャンペーン(2019年4月限定)55,125マイル獲得するオススメ入会の作り方

基本的なポイント交換ルートは下記の様になりますが、ポイントタウンの様に一部のサイトでは割と簡単に還元率81%を出せるサイトもあります。

 

ポイントサイトには、1件あたり10,000〜40,000円相当の高額案件もあり、やり込めば年間30万マイルくらいを狙えますのでそこに魅力を感じるかもしれません。

ですが、クレジットカード作成、FXなどの高額案件は無理をせずご自身のできる範囲で取り組まれる様にしてください。

基本的な使い方は、

・ネットショッピングで利用してポイントを三重取りする

・外食サービスを利用する

など、日常生活で利用できる範囲の部分を探して取り入れていくことが長く続けていけるコツになります。

普段のお買い物のクレジットカード決済と合わせて、年間10万マイル程度はこれらの内容で十分届き、ずっと貯められる方法になりますのでこういう内容を身につけておく方が長い目で見た時にずっと役に立ちます。

 

ANAマイルを貯めるなら、オススメできるポイントサイトは2つです。

「ポイントタウン」

ANAマイルへの交換還元率が良い、外食系のサービスでの高ポイントが期待できる。

この2つが特にメリットがあります。

ANAマイルへの還元率も良いので、ネットショッピング(楽天など)もポイントタウン利用の方が良いかなとは個人的に考えています。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

 

 

 

 

※当サイトからご登録いただくだけで300円分のポイントがもらえます。

 

もうひとつは「ハピタス」

こちらは高額案件の単価が高い傾向にありますので、高額案件を利用したい場合はハピタスがオススメです。

↓ハピタスの登録はこちらからできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

まずはこの2サイトに登録して、どんな案件があるかよく観察をされてみてください。

ポイントサイトでANAマイルを貯める方法は以上になります。

 

次はANAマイルの使い方をご説明します。

お得なANAマイルの使い方と交換先!特典航空券、アップグレード、ポイント移行など基本を解説」へお進みください。

お得なANAマイルの使い方と交換先!特典航空券、アップグレード、ポイント移行など基本を解説

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

合わせて読みたい記事

陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2019年からの始め方とポイントは?

ソラチカ改悪後のポイントサイトからANAマイルへ交換ルートまとめ比較【2019年保存版】

ANAカード比較と陸マイラーにおすすめな選び方!ゴールドカードはVISA、アメックスそれとも…どれがお得?

ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう

 

 

 

年間300万マイル以上貯めた実績のあるマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

あなたの知らない、マイルの事実をご確認ください!

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの錬金術師の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの錬金術師の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

T.Seki

T.Seki

2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。
これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。

関連記事

  • お得なANAマイルの使い方と交換先!特典航空券、アップグレード、ポイント移行など基本を解説

  • ポイントサイトおすすめ比較!お得にマイルを稼ぐ5つの攻略ノウハウも暴露

  • 沖縄旅行にマイルで毎年無料で行く『2019年版』子連れ家族、カップルの贅沢なツアーおすすめプランは?

  • 基本的なANAマイルを貯める方法!陸マイラーは提携店、レストラン、電子マネー、フライト、ホテル予約などで最初は貯めてみよう

  • バニラエア特典航空券の利用範囲

  • はじめてでも大丈夫!ANAマイルで国際線特典航空券の予約方法をゼロから解説